2013年07月15日

渋川 2013.07.13

8:00桑名=10:00入渓−13:00終了
mem: クマさん(L), yokko, hane, kbo(記) フォト・アルバム

CA3J0068当初、仙香谷の予定だったが、噂どおり杠葉尾の林道入口にはゲートが。。。書いてある管理者の携帯に電話するも留守電になるだけ。分岐に車を停めた数人の団体はここから歩いて赤坂谷に行くという。しかし今日の天気予報は下り坂。結局、やや登攀要素は強いが、アプローチもルートも短い渋川に転戦となる。

渋川の岩は丸くて苔がつき非常によく滑る。ラバーソールとの相性は悪い。小滝が続くというよりツルツル滑る川を歩いていくと、突然何度か乗越えなくてはいけない滝(壁)が現れる。
P7130411‖貂犬離ラック(残置スリング):クマさんリード、カム(キャメ#1,#2)を決め乗越し。フォローはロープ確保。
P7130415大滝の左巻きから最後にスラブ垂壁(残置スリング):ここは落ちたら釜ではなく壁なので、一応出だしカム(エイリアン)を決めロープ確保してもらい、残置スリングわし掴みで上がる。
B豈Δ痢△里辰擇蠅靴織好薀嵎鼻Э眥召任呂覆ご笋ぬめりなかなか足が決まらない。ski氏が川底の砂をすくい岩に擦りつけぬめりを取る。で、下からのサポートで何とか登り、フォローはロープ確保。
P7130427ぢ豈Δ痢▲▲屮瀛鼻併鎮屮好螢鵐亜法Щ鎮屬離好螢鵐亜椒椒襯箸虜元に自分の120cmスリングを
2段アブミにしてかけ、下から足をスリングに入れてもらいながら上がる。
フォローはロープ確保。最後にリーダーが登る際、私のスリングにロープを縛り、登った後で上から回収。また新しい技、見せてもらった。
 
P7130442最初は曇りだったが、昼頃から雷が鳴り雨が降り出す。雨が激しくなり水勢が強くなってきたので、残すところ2割ほどで右に林道が見えたので、草付き斜面を上がり林道に出て終了とした。しかし車に戻る頃にはまた雨が止み、行きに冷やしていったパイナップルにありつき、美味しくいただきました。
リーダーが準備してくれた30m補助ロープと、押し上げたり、引っ張り上げたり、仲間で協力し合って核心を越えていくので、沢は連帯感が増す。今年入会メンバーのお二人とも親しくなれて嬉しかった。


roterplatz at 00:41│Comments(0)clip!沢登り | 山域:鈴鹿

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔