2013年08月04日

2013.8.3白山(石徹白道)

2:00名古屋=4:30石徹白登山口〜6:00銚子ヶ峰〜(9:00)(9:15)別山〜(10:30)(10:45)南竜ヶ馬場〜11:40室堂〜(12:10)(12:20)白山(御前峰)〜(12:40)(13:10)室堂〜13:50南竜ヶ馬場〜15:30別山〜(16:20)(16:40)三峰避難小屋〜17:50銚子ヶ峰〜19:10登山口=21:30名古屋
men=ozk

004 今年の長距離日帰りは白山南縦走路と決めてました。調べてみると、昭文社のコースタイムは21時間30分だが、距離は38km、累積標高差は3100mを超える。縦走のコースタイムは縮められないんだよな〜と、イマイチ自信がない。
 で、重くはなるが、装備をツェルト、ツェルトポール、シェラフ、防寒用のダウン、コンロに食料を多目と、泊る気満々での出発。

出発時はヘッデンだが、10分もすると明るくなった。気分が高揚する中、抑え気味を心がけ、順調に銚子ヶ峰到着006 。

銚子ヶ峰から先、草かむりの道になる。服装の大失敗に気付く。今回、タイツに短パン(スパッツなし)だったが、草に付いた朝露がタイツ、靴下を伝って靴の中に容赦なく入ってくる。すぐ、歩くたびに靴の中がグチャグチャ音がするようになり、定期的に靴下と靴の中敷を絞らなければならなくなった。大量の水が絞られる。デンションダダ下がりである。
山を歩くときはズボンだな。タイツはダメと、認識する。
足は気になるものの、素晴らしい天気で、花が咲き乱れる雄大な景色の中を、誰にも会わずに進む。別山平など、ここは天国か!と思う。016

9:00別山到着。靴下を絞っていると感激屋の若者(単独)登場。地元なのだが、いつもは白山に行っていて、別山は初めて。景色が素晴らしく感激しっぱなしと言っている。時間はたっぷりあるので楽しんでくださいと言ったが、俺は時間が押してるんだよな〜とちらっと思う。



別山を過ぎると市ノ瀬から登ってくる登山者とちらほら会うようになる。ここから、とても長く感じるようになる。せっかく別山で稼いだ標高を南竜で400mの大下り。濡れて、ブヨブヨになった足の裏にはマメがたくさん出来てきた。やっとの思いで南竜に到着。ここも雄大な草原に川が流れていて、楽園のようである。腹ごしらえをして、白山山頂到着の目標時間を12時に設定。登山道は3つあるが、石徹白道なので当然、選択はトンビ岩コース。
室堂までの登り返しがつらい。途中、雪解け水で道が川になっている。がどうせ、靴の中はグチャグチャなので気にしない。室堂到着。昼食は山頂に行ってからと決めてそのまま直で山頂へ。止まると登りたくなくなるのだ。
031山頂への道は渋滞しており、適度に休憩しながら到着。室堂に戻ってゆっくり休憩。

下山は届かなかった時も考え、ビバーク先をチェックしながら進む。出来れば避難小屋は避けたいナと。別山を15:00と設定していたが、南竜からの登り返しにペースが上がらず遅れ気味。時間的にヤバくなってきた。別山から3峰で、霧が立ち込め視界不良に。いつまでたっても3峰に着かないと感じる。3峰避難小屋には単独泊まりの男性2名。少し話をして腹ごしらえをする。ここまできたら、今日、帰ろう。危険個所は無いのでヘッデンでもいいし。でも、おたけり坂を過ぎるまでは明るいほうがいいな等と考えながら、疲れた体を動かす。2峰、1峰の登り返しはすぐだったが、銚子ヶ峰への登り返しはつらかった。目標18;30に設定したがペースが上がらない 。夏の日の長い時期で良かった。登山口までヘッデン使わずたどり着いた。

今回のコース、とても良いコースで、今度はのんびり、2泊あたりで、もう一度来たい。雪のある時期に願教寺に行ってもよいかな。等と考えながら帰路に着いた。
049

roterplatz at 22:45│Comments(1)clip!無雪期登山 | 山域:美濃

この記事へのコメント

1. Posted by mickey   2013年08月07日 00:27
お疲れさまでした。
長い長い道程、さすがozkさんです♪

秋に一緒に"ノンビリ"宴会山行しませんか。
きっと素晴らしい紅葉だと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔