2013年08月14日

2013.8.10-11小川山

8/10(土)5:00土岐=長坂IC=ナナーズ(買物)=廻目平〜弟岩〜(泊)
8/11(日)8:00〜妹岩・マラ岩〜14:00撤収、入浴(金釜山荘)=諏訪SA(食事)=20:00土岐(解散)
mem: nkmr(L), nai, kojikoji, miki, kbo(記), 会員外2(iws, iwmt)
フォトアルバム
 
8/10(土)今回は、以前何度か岩や沢でご一緒したiwsさんという懐かしいメンバーと、その知人のiwmtさんという方に初めて会う。社交家のリーダーのお陰だ。初日はどこか適当なショートルートということで、メンバー全員が行ったことのない弟岩に行くことにする。しかし誰も行ったことがないということはつまり不人気ルートということか?結局目的のルート、いかにも楽しそうなネーミングの「ジョイフル・ジャム」と「ラブストーリー」は見つけられず、別のルートを登る。

■春の雨上がり(5.9):kbo, nai, kojikoji, miki, nkmr
ボルト3本と右側クラックにカムを2箇所入れて登った。短くランニングもしっかり取れるので、各自リードで登る。離陸〜中間地点まで、kbo, kojikojiは右のクラックからジャミングで登るが、他メンバーは左のフェースから。トポを見ると左のフェースにつけられたグレードかもしれない。クラックで登ると5.9は無い感じ。
P8100364 P8100375 P8100382


P8100410■下積生活(5.10c):iws・iwmt(L), その他(tr)
ボルト左側フェース限定で登ってのグレードだろう。左側カンテ廻りにガバが豊富で、ついついそちらを使ってしまう。
■もうじきバカボン(5.10c):iws・iwmt(L), その他(tr)
まず離陸が難しい。トポはボルトの左に線が引いてあるが、ボルト右側から離陸。抜け口手前も直上は細かいが、ボルト右側に逃げるとガバあり。私はバカボンになり損ねました。

ルートの帰途、薪を拾い、夜の部は、焚き火、焼肉、スパゲティ、そしてお酒とお喋り。途中、別パーティで入山していたtokさんも参加し、楽しいひとときを過ごした。
P8100422  P8100434 



8/11(日)朝から鍋でご飯を炊いてカレーライス。2日目はマルチと言っていたが、iwsさんが前日、足を捻ったらしく今日になり痛みが増してきたということで、易しめなルートが多い妹岩・マラ岩近辺に行く。しかし朝一はアップでということか、易しいルートは皆取付いていた。そしていつも人気のカサブランカが空いてる!!というわけで。。。

■カサブランカ(5.10a):iwmt(L), その他(tr)
P8110468P8110476何度か登っているnkmrさんのアドバイスを受け、iwmtさんが初見でリード。オンサイト!素晴らしい。降りてきて「初めてクラックに足突っ込んだわ〜」とのたまわれ、皆ビックリ。キャメ#1,#2各3、#3、#0.75、#0.5を各1くらい使ったかな?長いのでギアがたくさん要る。
初めてTRで登らせてもらう。下部2/3くらいはハンドとフットがバチ効きで快適!ところどころ横にダイクが走りレストもできる。最後のダイクの後、クラックはフレアし傾斜も増してくる。右のクラックに移る手前の1、2手が核心。片足を外に出したり、左のポケットやカンテを持ったり、各自それぞれの方法を探り抜ける。

P8110477■川上小唄(5.8):nkmr(L), nai(L), miki
既登のhrmさんの案内でnaiさん、mikiさんも登る。終了点はマラ岩のてっぺんで、眺めが素晴らしいらしい。カサブランカの後、覗きに行ったが、待っているパーティがいたので登るのを遠慮した。

■龍の子太郎(5.9-5.8):kbo(L)-iwmt(L), kojikoji
P8110485以前はmrimoさんと登り、2P目をリードした。今回はダブルロープで3人、初めて1P目をリード。待っている間、色々な人の登り方やギアを見せてもらったお陰で、不安なく登ることができた(といっても1テン)。レイバックの後、右に身体を戻すと上部の細いクラックにカチが見つかり、小さめのカムが入る箇所もある。キャメ#2→#3→#3→#0.5って感じだったかな?
2P目はiwmtさんリード。フィスト〜オフのクラックが延々と続く。初めてのルートで大目にカムを持っていったため、回収していくとものすごい重さになってくるし、挟まるしで大変だった。途中クラックに垂れたkojiちゃんのロープを踏んでしまうので待ってもらった。汗だくになって終了点に到着。一気に解放され、kojiちゃんに登ってOKのコールをすっかり忘れて暫く待たせてしまった(反省)。非常にアルパインチックな泥臭いピッチ。2P目終了点から50mダブルロープ繋げて懸垂1ピッチで取付へ戻る。登ってくる人がいるので、半分は腰にロープをぶら下げて少しずつ出しながら降りた。

各自2〜3本登ったところで終了。混雑と暑さで、さすがに真夏は本数登れない。撤収 ・入浴後、名残りを惜しみつつ帰途についた。



この記事へのコメント

1. Posted by nkmr   2013年08月16日 08:48
涼しい小川山でもこの日は、今夏は?、暑いのでしょうね。
kboちゃんの果敢にリードする姿は相変わらずカッコよいです。iwmtさんも凄かった!びっくりでしたね。また行きたいと言ってました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔