2013年12月11日

2013.12.08 釈迦ヶ岳 焼合谷〜藤原谷〜東尾根

men :gakky keiko.ozk.ysmr.たまごろう             フォト

名古屋6:30=登山口7:40〜8:00→パイプ堰堤8:40→女郎滝10:40→藤原谷出合10:50→主稜線12:00→釈迦ヶ岳13:00→尾高山15:10→焼合谷15:50〜16:40→登山口

キャプチャ


先回時間切れで行けなかった、東尾根上部と藤原谷を目指す事となった。
メンバーは久しぶりの顔ぶれを含む5人。
時短も考え、林道終点まで歩く予定だったが、最初の滝に惹かれて途中から入渓。
直ぐに巨大堰堤に阻まれ、今回は林道に戻るつもりでozk氏以外は左岸より10mほど法面をよじ登る。
ここでたまごろう、まさかのスリップ。仰向けに滑って行き、ドキッとしたが幸い3m程で枯れ木に引っ掛かり事無きをえた。呼吸を整え林道を歩く。
P1080870
パイプ堰堤より再び入渓。さすがに先月程暑く無いが、かといって寒くも無い。
藤原谷出合までは案外時間がかかる。やはり登山靴は厳しかったかな?
この時点で帰路の沢ルートを諦め、ozkさんこだわりの尾高山経由とする。
P1080879P1080886








傾斜のキツい藤原谷とパーティ力量を考慮し、左岸尾根にエスケープするか思案するも、結局沢ルートを行く事にし、気を引き締めた。
沢の分岐点と時間を気にしながら高度を稼ぐ。あちらこちらに石垣が残っており、昔は結構人が入っていたようだ。


Ca600付近で沢が3分岐しており、方角では中央の沢だが、見るからに険しそうなので、躊躇し、傾斜の緩い左側との間の尾根を詰めることにする。
徐々に傾斜が増し、上部2ピッチ程、ロープを出した。
松尾尾根からは一般道を釈迦頂上まで。
残雪と樹氷が綺麗。P1080887s129

休憩する間もなく、東尾根に入って、地図読みしながら、尾高山までのマイナールートを楽しんだ。


roterplatz at 23:10│Comments(0)clip!沢登り 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔