2014年08月15日

2014.8/13~14 北ノ俣岳・黒部五郎岳

2014/8/12 名古屋21:00=飛騨清見IC=飛越トンネル登山口25:00
8/13 飛越トンネル5:20〜寺地山7:50〜北ノ俣避難小屋(8:40)(9:00)〜北ノ俣岳10:45
   〜赤木岳(11:20)(11:50)〜黒部五郎岳(13:00)(13:20)〜北ノ俣避難小屋16:00
8/14北ノ俣避難小屋6:30〜飛越トンネル登山口9:00
                               men asa(L)、navy、ozk(記)
20140813_051805悪天の間隙をぬって、北アルプス1泊を企画した。
飛越新道は噂通りの泥んこ道。スパイク付き長靴で、登っている人もいた。避難小屋から上は泥は落ち着いてくるので、往復に飛越新道を使う場合は長靴で登って避難小屋にデポしてもいいかな。
20140813_084333避難小屋は8畳程のスペース。部屋に水洗?トイレ有り。利用する人は多いので、入れなかった場合を考えて、テント持参したほうが良い。今回、我々は小屋泊予定で、登りに宿泊道具を小屋に置き、日帰り装備で黒部五郎岳をピストンした。念のためテントを持っていったが大正解。小屋に泊まったのは多分10名以上。夕方に小屋に到着した2人PTは一杯で泊まる事を諦めて、太郎小屋を目指して歩いて行った。
水はふんだんに出ている。水を貯めているドラム缶に缶ビールを沈めておいたら、戻って飲む時、キンキンに冷えてウマかった。
小屋から上は徐々にに草原状の大展望が広がり、爽快な登路となる。
20140813_093729北ノ俣岳からの縦走路は小さなアップダウンが続く。本日、朝から体調の優れなかったnavy君が赤木岳山頂から先に避難小屋に戻ることになった。余力はありそうな事と、危険箇所が無いことから、PT別行動とし、私とasaさんは黒部五郎岳を目指した。
北ノ俣から黒部五郎まで、4つのピークのアップダウンを繰り返す。黒部五郎への標高差400mの一気登りはキツい。天候の崩れもなく順調に山頂到着。帰路、眼前に映る登り返しの斜面にゲンナリしながら、それでもさほど疲れを感じず、北ノ俣岳に到着。北ノ俣から避難小屋までは登ってきた時にはあまり感じなかったが思ったより急勾配で、溝が深く歩きにくい。足が棒になりながら、何とか小屋にたどり着く。
20140813_091029黒部五郎岳登山者に溢れかえった小屋に気を利かせたnavy君が、登山道と小屋の分岐点にテントを張って待っていてくれたおかげで、広々と、楽しい宴会を満喫した。
翌日も曇ってはいるが降雨はなかった。田んぼ状態でドロドロになって、なかなか高度を下げない飛越新道を、
うんざりしながら2時間半で下山した。

小屋までの田んぼ道の処理さえ考えれば、折立まで有峰林道をグネグネアプローチするより、薬師岳、黒部五郎への起点として、使えるルートだなと感じた。





この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔