2015年01月27日

2015.1.24 大日ヶ岳

          Memb:M、oku、たまごろう、niwa、yasub、ニャン吉

 
 美濃の大日ヶ岳へ行ってきた。これから本格的に雪山に向かっていく人の為に、初級雪山技術体験と銘打った。
 歩行技術が大切とは誰もが思っている。
DSCF9936それは先ず、足運び・アイゼンワーク。直登降、斜登降、トラバース、軟雪・堅雪・氷雪面、条件に応じ夫々に適した技術がある。無意識にやっている事、出来る事も有る。一方、意識して取り組まないと身につかない技術が有り、其処を知り体得することが重要だ。
 アイゼンを付けると、兎角雑な歩き方になりやすい。それでも熟せてしまうことが多い。
だが、其のような習慣を身に着けている人は難場・悪場で行き詰まり安全に行動できない。
ベテランと言われている人でも出来ていない事がある。氷結した傾斜の緩い沢をもんどり打って転んだ人がいた。基本を知らない、出来ない。
単調な繰り返しの中から技術は身につく。知識を得たら、意識して繰り返すことが重要だ。知識さえ無いのは論外である。
 ピッケルの使い方突き方、自分が指導できる基本の形は示した。後は各人が地道に取り組んで身につけて行って欲しい。
 雪山に行き始めた人の多くは、雪洞生活に憧れる。雪洞は、フォーストビバークのシェルタとしては有効である。だが、構築には大変な労力を要する。
 先ず、掘る場所の選定が重要である。風下側は積雪量多く良い。
雪庇の張り出したところは、一見容易く掘れそうに見えるが、不安定で崩れやすい。考えてみれば至極当然なこと。
沢筋、谷筋に面した所、急傾斜の斜面も避ける。出入りが危険で雪崩れ易いと考えられるからだ。
風下側の台地状になった所の斜面が良い。なかなか其のような理想的な場所を見つけるのは難しい。見つけられなければ、縦穴を掘ってツエルトを被るしかない。それでも緊急避難には十分。そんな話もした。
 今回は良い場所があったので横穴を掘った。
入口を作ることから始める。斜面を下方に切り掘り下げる。これだけでも結構な労力だ。入口になりそうな程、面を掘り出したら、次に横に掘り進む。6人が休める広さにするには1時間30分以上かかった。
  雪洞作りって、とっても大変、と言う事が体験できたなら十分。
完成した雪洞で、昼休憩お茶タイム、まったり。たまちゃん持参のマシュマロを焼いて食べた。美味。
いつの日か雪洞泊山行したいね、と話はほぼまとまった、かな?私しゃ、付いて行くだけ、お願いね。
 昼からは、雪上での確保支点の作り方、確保の方法をレクチャー。
それらが真に山行に必要になってきた時、改て訓練することを約束して体験会を終了。そんな日来るか?
 それにしても良い天気、大日ヶ岳は本当に山がキレイだった。


roterplatz at 18:22│Comments(0)clip!積雪期登山 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔