ロットが出店をしているようなローカル立地で「◯◯専門店をやりたい」と相談されたら、考え直すように促すでしょう。


なぜか。

「絶対に成功しないから」

ではなくて、

「失敗するリスクが高いから」

です。 


単純に、確率の問題です。

専門店でも成功する可能性はもちろんあります。
成功している事例もあります。大繁盛店もあります。

ただ、難易度は高い。 

どんなに綿密に計画を練っても、しっかりとした実力があっても、5年後まで生き残れる確率は10%以下でしょう。 
実力以上に「運」がものをいうのではないか?と思います。


ちなみに、一般的に飲食店の生存率は2年で50%(半分が潰れる!)、5年で20%なんて言われます。
ローカルで専門店を成功させるのは、この一般的な数字よりも難しいだろうと思います。


では、どうすれば確率が上がるのか?

答えはシンプル。


「成功する確率が高い方法を選ぶ」


つまり、勘や思いつきだけで行動をするのはやめましょう、ということ。
データを見つめましょう。
セオリーを知りましょう。
教科書があるのなら、教科書通りにはじめましょう。

基本があってこその応用です。
思いつきで成功するのは「運が良いひとだけ」と割り切る。

勘や運に頼ってい良いのは一部の天才か、創業の経営者だけだと思います。
凡人である我々は、できるだけたくさんの事例を研究して、セオリーを勉強して、フレームを活用することでしか成功確率は上がらないでしょう。

僕が店長陣にアドバイスをする時、自分の勘や独自の考え方を伝えることはまずありません。
教科書通りか?
成功事例はあるか?
似たようなケースはあるか?

徹底して考えます。

僕はよく「頑固だ」と形容され、時には「他人の意見を認めない人」みたいに言われることがあるのですが(笑)、実際には自分独自の意見なんてないしこだわりもありません。自分の意見とかセンスなんてどうでもいいです。押し通しても意味がない。

執着しているのはただ一点。


セオリーに従って成功確率を少しでも上げること。


これは昔から変わりません。
変わっているのはセオリーの熟度やノウハウの量。どんどん増えているし更新されています。なので、MTGで話す内容は当然、昔とは違いますよ。これからもどんどん変わっていくと思います。



■ROTのホームページ
http://rot-group.com/pc/

■ROTのFacebook
https://www.facebook.com/rotgroup/

■ROTのリクルート
http://staff.rot-group.com/

■ツイッターはこちら
https://twitter.com/rotst