2006年10月09日

マックフルーリーの考察

84f3198e.jpgまだ全国展開とまではいかなくて、限られた店舗でしか販売されてないのですが、この『マックフルーリー』は大絶賛の嵐ですね。
ただのカップ入りソフトクリームにトッピングがしてある商品なんですが、このソフトクリームが濃厚で、個性的かつ馴染みのあるトッピングが人気の秘訣なのだとか。

トッピングの4種ってのがオレオとネスレクランチ。コンビニで売ってる馴染みのある商品。
マクドが外部企業の商品を採用したのは始めてじゃないかな。素材レベルでは他社製品を使っているのは当然だけど、ここまで他社製品名をそのまま採用したってのは珍しい。てか始めてだと思う。
ようやく近所のマクドでも販売が開始されて、スポットCMもじゃんじゃん流れてます。試しにオレオのほうをオーダーしてみました。

濃厚ソフトとサクサク食感のオレオ。これはなかなかイケる。人気になるのも納得の商品でした。このままおそらくレギュラーメニューとして全国で販売されていくんだろうけど、ちょっとシーズン的に若干遅かったかなぁ・・・。
今は『焙煎ごまえびフィレオ』が期間限定メニューになっているのですが、そちらは全く存在感無し。店内でマックフルーリーを楽しんでる人の多いこと多いこと・・・。こりゃ本格的に大ヒットの予感です。

もともと海外のマクドで人気を博していたメニュー。遂に上陸って感じです。
海外版にはネスレのミロとかワンカチョコのトッピングバージョンがあったり、アジア方面には小豆などのトッピングもあるらしい。今後レギュラー化する際に日本独自のトッピングが出てくるんじゃないかと予想してます。抹茶あたりかな。

ただ300円って価格が少し高め。そしてボリュームも多め。食べてる途中で飽きてきました。最後は苦痛・・・。
現行のサイズをLとして、MやSなどのサイズ設定があれば、デザート苦手な私でもサイドメニューとしてオーダーしちゃいそうな気がします。出来ればSサイズ100円くらいで出てくれると嬉しい。

Posted by rotterdam1122 at 14:13│Comments(0)TrackBack(1)グルメな考察 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rotterdam1122/50272925
この記事へのトラックバック
■現代語訳:あなたが自分で買ってきなさい。    ゆうべのショックがあまりに大きかったため、エセ広島弁がわたし達の二日酔いな脳を侵蝕しています。まあ実際の撮影は京都で行われたんだろうけどさ。   ■そんな寝ぼけた脳を醒ますために『冷たくて甘いもの』を調達...
『こんなぁがこうてくればいいじゃない』【【THE FOOL ON THE HILL】】at 2006年11月02日 15:16