2004年09月19日

ヴィレッジの考察

ac95d2ad.jpg『シックス・センス』で世界をあっと言わせたシャマラン監督の最新作です。全米で公開時には、劇場入場時に契約書を書かせるまで守る「秘密」があったわけで・・・。

一応、その「秘密」は守ろうと思うので、内容的な事は言いません。
が、しかし観終わった感想なんですが、そこまでの「秘密」ってあったのかなって少し消化不良な映画でした。はっきり言って「それだけ?」って感じでした。

ストーリー自体の上手くまとまってるなって思いました。つじつまは合うし、なるほどと感心できる話だったんですが、明らかになってない「秘密」もありました。
出てる俳優陣は豪華とは言えないんですが、通好みっぽい渋い配役。シガニー・ウィーバーとかウィリアム・ハートとか。エイドリアン・ブロディなんてカッコよかったもん。この辺で好みが分かれる映画だと思いました。

シャラマン監督はヒッチコックの再来なんて言われてるらしいですが、ブライアン・デ・パルマ監督もヒッチコックの後継者って言われてました。
私個人としては、シャマラン監督は『シックス・センス』だけで燃え尽きたんじゃないかと思ってます。『アンブレイカブル』も『サイン』も狙い過ぎって思えて、どうも好きになれません。



※コメント欄はネタバレ有りです。要注意。

Posted by rotterdam1122 at 09:34│Comments(10)TrackBack(6) 映画を考察 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rotterdam1122/7048172
この記事へのトラックバック
{/atten/} 「ヴィレッジ」観に行きました。 前回の「サイン」で痛い目にあったにも関わらず、また観に行ってしまいました。 思えば「シックスセンス」から4作全部劇場で観ているんだな、作品の出来は おいといて、そうさせるシャマランの手腕には感服します。  かといって
ヴィレッジ観ました!!【これが私の生きる道】at 2004年09月21日 21:24
M.ナイト・シャマランのヴィレッジを見てきました。 シックス・センスは好きでしたし、CMを見た感じでは面白そうだったので 結構、期待していた映画です。 最後にどんでん返しのオチというのがこの監督の脚本の持ち味ですが、 今作は、そのオチが弱かったように感じ
「ヴィレッジ」評価:5/10 オチが弱い【▲SPRING MIST▼】at 2004年09月22日 10:22
7つのWhy? Why1.1897年という舞台設定・・・時代考証がおかしいとは考えなかったのか? Why2.盲目の美女が出てくるという設定・・・『NIN×NIN』『LOVERS』に次いで3番目となったが、偶然なのか? Why3.アカデミー俳優のエイドリアン・ブロディを贅沢に使った理由は? W
ヴィレッジ【ネタバレ映画館】at 2004年09月24日 10:56
ビレッジ (2004年:劇場) 「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督がお届けするカテゴリー不明の作品。 CM等ではホラーっぽく取り上げられているがホラーではなく、愛がテーマといっているがラブストーリーでもなく、サスペンスというほどでもなく、ましてやハ
ヴィレッジ【雨と風と快晴と】at 2004年09月26日 12:27
物語自体は、とても面白かった。正直、ぜーーーんぜん、期待してなかったので、期待以上でした。がやっぱり、静かすぎて、淡々としていて、眠くなる。寝なかったけど。シャマラン監督の映画の世界って、独特すぎて私にはついていけない。でも、観てしまうんだから、やっぱ...
ヴィレッジ【cube1555.com】at 2005年05月17日 17:48
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技/演出4/脚本3/撮影4/音響4/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計37) 『評論』 個人的
【洋画】ヴィレッジ【ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!】at 2006年10月11日 10:55
この記事へのコメント
注意;以下ネタバレです。



ともみんさんのブログから来たとうりすがりです。
自分は初日に行って冊子をもらったんですけど
各家には誰も座らないイスがあった(らしいんですけど:汗)。
「誰も座らないイス=不在の存在=いなくなった大切な人」
を作り出すことによりシガニー・ウィーバーは
旦那さんが好きであることを表現していたんだと思います。
その為に触れることが出来ない。…だと思いました。
でも、ウィリアム・ハートって劇中で奥さんいませんでした:笑?

自分は各雑誌に映画の特集とコミュニティーのこと書いてあったので
ある程度納得理解されました。
Posted by こたろー at 2004年09月21日 10:11
こたろーさん初めましてです。どうもご丁寧に。

誰も座らない椅子があったんですね。気づきませんでした。
ウィリアム・ハートは、息子の忠告通りに
シガニー・ウィーバーの事が好きだったの?
なんかもっと深い意味がありそうなシーンだったんですけど・・・。

・シガニー家の黒箱の中身は? (←コレは想像がつくけど)
・なぜヤツは全ての家畜の毛をむしったの?
・なんで結婚式に出てなかったの? 出てなかったから犯人バレバレでしょ。
・また監督出てるじゃん。誰も止めないの?

ってとこあたりが腑に落ちません。
コミュニティの話には納得しまくりなんですが、
こういった細かいとこに疑問が残っちゃって・・・。
Posted by rotterdam at 2004年09月21日 11:40
こんにちは。
TB&コメント、ありがとうございました(^^)
この映画、契約書まで書かせていたなんて、知りませんでした・・・。
確かに、ネタバレしちゃったら、どうしようもないですよね。
このタイプのは。
ワタシは、『サイン』は見ていないのですが、『アンブレイカブル』は
今まで映画館で見た中で、最悪の映画でした・・・残念ですけど。
あまり、宣伝も大げさにしちゃいけないですよね。
Posted by ともみん at 2004年09月21日 16:33
ともみんさん、いらっしゃいませです。

あちゃー、『アンブレイカブル』を劇場で・・・・。
ご傷心お察し申し上げます。

契約書の話ですが、実際のところ
経費などの問題で実施されたのかどうか定かではないです。
公開前にそう言った話が出てたし、
監督を含め、制作側が真剣に考えてたみたいです。
Posted by rotterdam at 2004年09月21日 17:19
はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。

契約書の件ですが、
ヴィレッジを観に行く番組でセイン・カミュが書かされてました。
まぁ、番組の時だけかもしれないですけど。

Posted by トール鉄 at 2004年09月22日 10:27
トール鉄さん、コメントどうもです。


セイン・カミュがそんな番組に出てたんですね。
契約書にサインして、契約を破ったらどうなるんでしょうか。

あの赤いヤツが家まで襲いに来るんだったら、
絶対に契約を守るんですが・・・。

契約書自体が映画のプロモーションってなんでしょうね。
上手いこと考えついたもんですな。
Posted by rotterdam at 2004年09月22日 15:41
注意:今回も以下ネタバレです。



ガニー家の黒箱の中身は多分、亡くなった旦那さんの死亡に関する記事だったと思います。

家畜の毛をむしったのは偶然にも衣装を見つけてしまい
最初は冗談半分でやっていたそうです。
しかし、あまりの村民の反応を面白がって
エスカレートしていったみたいです。

・なんで結婚式ってシーンありましたっけ?ここは分かりません。

・また監督出てるじゃん。誰も止めないの?
→監督だし、どこまで無理ができるかチャレンジでしょう:笑。
Posted by こたろー at 2004年09月23日 02:08
ヒロインの姉の結婚式(だったと思う)のシーンですよ。
村人がいっぱい集まってて、輪になって踊ったりするとこっす。

あそこに彼がいないことが不自然な気がして・・・。
それと「皆で行こう」ってなってるのに、
彼がいないって事は、彼が一番怪しまれるんじゃないかと。

村民の反応が面白くてエスカレートってのは
判りやすくて納得できました。ありがとうございます。

監督は今回セリフが多かったです。
しかもかなり重要なこと言っちゃったりしてるし、
これって出るのが好きだったヒッチコックを
意識してるのかなって思ってます。
でも、肌の色で目立ち過ぎです。
Posted by rotterdam at 2004年09月24日 09:12
はじめまして、ブログ初心者の森山です。

「ヴィレッジ」の評価、結構どこでも厳しいですねー。
確かに、そんな馬鹿なーというか、粗があるストーリーではあったんですが、僕としては楽しんで観れました。

シャマラン監督はヒッチコックの映画をかなり意識している気がして(劇中に出てくるあたりも)、そういう所も含めて、僕はほほえましく楽しんでします。

「シックスセンス」の様な、え〜〜っていう驚きの声を上げられる次回作に期待したいですね!
Posted by 森山 at 2004年09月27日 15:11
森山さん、はじめまして。ようこそです。

色々サイト回ってると、意外と評価がわかれてますよね。
私の見た感じでは、本当に半々じゃないかなって思ってます。
ホントに好みの別れる映画ですよね。

でも、『アンブレイカブル』『サイン』で落とした評価を
この映画で評価を上げたんじゃないでしょうか。

次回作は勝負作になっちゃうんじゃないでしょうか。
『アンブレイカブル』の続編って噂もあったんですが・・・
Posted by rotterdam at 2004年09月27日 15:29