2020年01月27日



3810D808-9313-43F7-ACA2-D224F8ACEE7F






 

           


2020年01月15日

生い立ち 血の池

これは母が生きている頃の事ですから、少し話が前後します。

なんだかんだで小学校に入りました。

校区ギリギリの場所に家があったから、同じ幼稚園から小学校に上がるのは同学年で私だけ。

周りは同じ保育園が、そのままそっくり小学1年生。

幼心に嫌な予感はしてたけど、みんなとは家が離れすぎて放課後には遊べない日々。

2年生でやっとこさ自力で遊びに行けるようになり、日曜日には花子ちゃんと2人で遊ぶようになりました。

そんな休日、自転車で20分程の距離にある公園に行くと、子供ばかりで賑わう中、犬を連れたおじさんが居て、花子ちゃんと私は犬を触らせてもらっていると、おじさんが私の膝に犬を乗せたのです。

今思えば不自然極まりない感じで、私の膝と犬の間にはおじさんの手。

……そんなとこ触られても、小学生意味わからんし、この歳になっても知らんジジイにそんなとこ触られたないわの部分を触ってた。

今ならもれなく金玉蹴り上げるわ。

意味わからんながらも、触られたらあかんとこなんちゃうかと……いや、おじさんに悪気はないのかもしれないから、そーっと離れて別の場所でひとしきり遊んだ後は家に帰りました。

すると家の廊下で母と祖母が揉めていましたが、いつもの事と止める術もなくボーっとしていると、普段聞いた事のない音が聞こえて廊下を見に行くと、隅に置いてある植木鉢の傍には血の池。


その血の池は、母が祖母を突倒し、植木鉢をカチ割った祖母の頭からの出血です。

さすがに119番は知ってたから、止めようとする母を振りほどきながら救急車を呼んだ。


私の幼少期にあった実話です。


疲れたから、今日はこの辺で。


写真は本文と関係ない病院食の一品

84710FAB-D9CA-42BF-BCA5-00D668AAF7B8















 

           

2020年01月12日

年明け早々

体調不良により、広島へは行っておりません。

そもそも生まれる前から眠れなかった人に、どっか連れてってとか言うたんも、私の勝手な年末わがままで、眠れない人は完全に被害者です。
ややこしくてゴメンナサイよっと。

さて、明日は成人式…今時、式には親も参列するものなんでしょうか。

男やし、母参列いらんよね。

いるんやろか…

悩んだところで私が8日より某大学病院に入院中で参列できませんが。

成人式やのに、心配させたらあかんから極秘入院です。

BF6304BD-74F2-4C34-9691-261DD776D110

皆さまも、ご心配はなさらないで下さい。

軽く定期検査に引っかかっただけですから。えへ




 

           

2019年12月30日

過去と今。

1月6日、広島に行きます。

生まれる前から眠れないブログを書いていた、過去に信じた人と。


人は、出来ない言葉を発するのか確認する為に。

何も感じず笑う。

生まれたその日、私は泣きませんでした。


臍の緒が母のお腹の中で首に三重に巻かれていたのが理由だと。



やっと泣くことができて帰った場所は、父と母が暮らしていた文化住宅だったと聞きました。


記憶があるのは3歳か4歳。


そのとき私が居たのは立派な分譲住宅です。


何時間も手を洗い何を触るにもティッシュ越しの母方の祖母、統合失調とアルコール依存性の母。


父以外の男と性的行為をして、妊娠の不安を打ち明ける母。




はよ死んだらええのに。





そう思っていたら50代で他界した母を笑いました。