2020年01月30日 11:27

第12回「朗文祭」が 板橋文化会館小ホールにおいて行われました。

個人18組、団体10組、延べ82名の出場者が舞台で朗読を披露してくださいました。
回を重ねるたびに朗読の技術も磨かれていきます。
なにより、舞台に上った一人ひとりの表情が生き生きとしていて、目からも耳からも、楽しい充実した一日となりました。

今回は初めての平日開催となり、しかも朝から雨模様にもかかわらず、多くのお客様が足をはこんでくださり、開催側にとっても嬉しい一日となりました。

以下は来場者アンケートに寄せられた感想です。

*演じる内容にかかわらず、声そのものにストーリー性のある方が何人もおられ、うらやましいです
*「シルバーパス」は良い声で、内容も面白かった
*「つるかめ」の方言が上手でした
*「クマよ」は星野道夫さんの魂が降りてきたようでした
*平日ではなく土日開催にしてほしい など

A20CFD32-C0A6-4528-B03B-4DB982A362E9


2019年08月07日 14:04

本チラシ


この度、主婦の友社の依頼により、こちらの本を監修し、出版しました。8月2日に発売です。
「発声・発音」「外郎売」「朗読のポイント」などを分かりやすくまとめてありますので、ぜひ朗読の練習の参考にしてくださるとうれしいです。
全国の書店やAmazonでお買い求めください。


2年ぶりに開かれた食育講座です。

講座の内容
 *食べ物の名前の出てくる童謡や絵本、詩集などを集めて紹介
 *手遊び、ことば遊び、絵本を関連付けて遊ぶ方法を実践
 *群読、朗読劇、朗読の体験

保育関係の仕事をされている方、栄養士の方、ボランティアをされている方などが参加してくださいました。手遊びを教え合ったり、歌や朗読の実践も積極的に行いました。

参加者の感想を伺いました。
 *言葉っておもしろい
 *食育の作品の選び方がわかりました
 *言葉で伝える大切さ、声に出す楽しさを知った
 *色々組み合わせて遊ぶアイデアが浮かびました
 *保護者にも詩や絵本を紹介して楽しんでもらいたい

講座を楽しんでいただいた様子が伝わりますね。

P1010013

P1010006


カテゴリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ