2019年01月11日 11:16

声で楽しむ平家物語 〜其の七〜「横笛」

     
「声で楽しむ平家物語 其の七」

11月18日(日)於:朗文ホール

巻第十より「横笛」



講師は前回同様、田原アルノ先生です。

いつも丁寧にご指導下してさいます。

全員で声に出して原典を読みながら、古典の世界

観に浸りました。

練習の後、参加者から代表二組が舞台に上がり発表。

その後「アルノの会」の皆さんによる「横笛」の

群読上演を拝見し、プロの皆さんの迫力ある

声の出し方、感情の乗せ方を目の当たりに学びました。

そして第2部は、今回特別に、戯曲「夕鶴」をアルノ先生と

「アルノの会」の皆さんが朗読劇の形で上演して下さいました。

山本安英の会で研鑽を積まれたアルノ先生の、山本氏や木下順二氏

から受け継がれた迫力ある役者魂を聴かせて頂きました。

参加者からは、自分たちで声を出して読むほかに、

「横笛」「夕鶴」二つの舞台を観ることが出来て

意義深いワークショップだったという声が上がりました。


カテゴリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ