(社)日本朗読検定協会 公式BLOG

(社)日本朗読検定協会の最新情報をお知らせするBlogです。引用文を除く記事本文の著作権は(社)日本朗読検定協会に帰属します。
朗読検定(R) は登録商標(登録第5249540号)です。 読み聞かせ検定(R) は登録商標(登録第5337712号)です。

認定朗読・読み聞かせ講師の登録数、全国1107名以上!
iPhone、iPadから、朗読検定(R)実技課題をご提出いただけるようになりました!

第33回 NHK全国大学放送コンテストの審査員を務めてきました。

村山です。
先週の土曜日は京都で、

第33回 NHK全国大学放送コンテスト

が行われました。

私は、今回、本選審査員として、
音声CM、ラジオ番組部門の講評を担当させていただきました。

各部門の優勝者は、下記の通りでした。

■アナウンス部門 第1位
北海学園大学 塚田 沙也華さん

■朗読部門 第1位
日本大学 二宮 愛さん

■音声CM部門 第1位
筑波大学THK筑波放送協会 「日日辞書」

■ラジオドラマ部門 第1位
同志社大学 同志社学生放送局 「Who are you?」

■映像CM部門 第1位
京都大学 KUBS京都大学放送局 「Economics」

■映像番組部門 第1位
神戸大学 放送委員会 「開廷!特別臨時家庭裁判(X:3」

優勝者、入賞者のみなさん、
受賞おめでとうございます!

さて、コンテストの審査を通じ、
感じたことを書いていきます。

前回は、朗読の講評をいたしましたので、

「朗読の7つの要素」

のお話をいたしました。

コンテストの朗読部門に応募される方は、
ぜひ、知っておいていただきたい知識です。 

今回は、

音声CM、映像CM、ラジオドラマ、映像番組部門にご応募の方
に向けて、ごく基本的なことをお話しました。 

それは、

「審査員は、一回しか聞かない、観ない」

ということです。

制作するみなさんは、それこそ、何十回となく、
作品をチェックして作られたものを出されているでしょう。

しかし、審査員が聞く、見る機会は、
たったの一回だけです。(※予選を除く)

一回の再生で、私たち審査員は、
内容を把握し、採点をすることになります。

そこで、制作者と審査員、つまり観る人との、

「理解の差」

が大きく出てしまうような作品だと、入賞には不利です。

審査員は、理解できていないものに高得点を付けることは無いからです。 

そして、制作する前に考えてもらいたいこともあります。

それは、

制作するあなたが、

1.心を動かされたもの(喜怒哀楽)、感動した事柄 
2.上記を伝えることができる内容、構成
3.演出、効果


この手順で考えて作品を作らねばなりません。 

演出、効果は一番後で良いわけです。

伝えたい事、考えてほしいことがあって、
それを伝える内容、構成を考えて、
それから演出や効果です。

特に、

内容、構成については、制作者のあなたから心理的に遠い人に観せて、
聞かせて、伝わるかどうかを試してみてください。

そうすることで、審査員にも理解しやすい内容、構成の物が出来ます。

大学Nコンは、ここ数年、毎年レベルアップし続けています。
今年も、入賞作品以外も素晴らしい作品が多く、
審査員泣かせの本選となりました。

来年、私が呼ばれるかどうかはわかりませんが、
ここで書いたことが活かされ、
さらに素晴らしい作品が応募されることを願っています。

朗読の普及=心身が健康な人が増える=社会負担軽減

あなたは、ご存知でしたか?
高齢者の4人に1人が認知症です。
※軽度認知症の方を含む

こんな悲しい事件も、
認知症が起因しています。

認知症は、他人事ではありません。

認知症リスクを減らし、

人と人とのつながりを作る、
そんな仕事があります。

人に感謝され、
あなたの住む市区町村の自治体、
地域社会に喜ばれる仕事。


イメージしてみてください。

朗読教室で仲間と語らい、
ワハハと笑う。

「発表会で何を読もうか」
「衣装はどうしようか」
と考える。


こんな場面が増えることを。

さて、

朗読の本質は何か、というと、
娯楽に他ならないと思います。

「表現するのが楽しいから朗読をしている」

という人が大半です。

でも、楽しいこと、
趣味、娯楽は世の中にたくさんあります。

「楽しいから朗読をはじめませんか?」

と言う発信では、
実は、
朗読を始める人は増えません。


やはり、朗読をする人を劇的に増やすには、

何かの役に立つ、
何か悩みを解消してくれる、


そういう動機づけや、発信が必要なのです。

少しお話が横道に逸れますが、

50代以上の方は、平均的に文字がきれいです。
手書きフォントかと見間違うぐらい、
きれいな文字の手紙をもらって、感動することすらあります。

しかし、

30代以下は、急激に文字が下手な人が多くなります。
10代〜20代は危機感を覚えるほどです。
数字の0と6が同じなのは良いほうで、
酷いと、どう書いたのか6と5が同じ形だったり、
「¥」マークが「羊」になっている人もいました。(これは知識の問題もありますが)

理由は、お察しの通り、
文字を書く機会が減ったからです。

履歴書もWordExcelで作ったり、
手書きでなくともOKの所が増えたからです。

だから、文字が下手でも、
「恥ずかしい」と思う機会も減りました。

不動産賃貸、売買契約、保険契約、役所での書類発行など、
限られた場面で自分の名前や住所を書く以外、
パソコンや、スマホで文字を入力したり、
プリントアウトすることで事足りる世の中
になったからです。

20年ほど前、Windows95が出て、
Windows98、WindowsXPが大ヒットし、
パソコンが急速に普及しました。

漢字は変換すれば良い→漢字を書かなくなった。

ところが・・・

当時、変換精度が低い変換ソフトに頼った結果、

社内、社外文書が、誤変換の漢字のまま出回るようになりました。

例えば、

「拝啓」が「背景」になっていたり、
「内蔵」が「内臓」になっているわけです。

「これでは社の信用が失墜する」
「社員の知性を疑われる」
「間違いを材料に価格交渉されてしまう」
「校正の手間が生産性を下げる」


漢字検定がそんな問題、ニーズに応え、
結果、250万人の漢字検定になったのです。

漢字検定の受験者ピークは、2008年の289万人。
そこからは、少しずつ減ってきています。
今は210万人です。

パソコンなら、ATOKやGoogle日本語入力、
スマホもATOKやSHIMEJIなど、
変換精度が高いものが増えたからです。

それでも、
国語系試験では断トツ、ナンバーワンの知名度、

絶大な人気を誇るのが漢字検定です。

漢字検定が大きな成功を見せてくれたから、
朗読検定が出来たのです。

漢字が書けない、読めない、
文字が下手だ、も深刻ですが、

生死に関わる問題とまでは言えません。


しかし、朗読は違います。
生死に関わることがあるのです。

今、IT化が進み、
外出しなくても良くなり、

人と会話をすることがなくてもショッピングができたり、
サービスが受けられるようになりました。

文字を書くことが減り、
出かける必要性も減り、
会話することも減った、

ということです。


会話、つまり、声を出すことが減ると、
ひどい場合、声が出なくなったり、
話そうと思っても、話せなくなる、
ということが起きます。

そして、
脳の働きが悪くなり、
認知症リスクが高まる
のです。

2012年の厚労省の発表では、
65歳以上の6人に一人が認知症です。
その数65万人です。※軽度認知症を含めると865万人

2020年には、
認知症になる人が600万人
になると言われています。


さらに、若い人にも認知症は無関係な話ではなく、
30代からの若年性認知症の方が増えています。

この記事を読んでくださっているあなたのように、
もし、趣味であっても朗読をしている方は、

おそらく認知症にはならないでしょう。

朗読を続ける限り、
認知症になる確率は、大きく下げられます。


でも、あなたのご家族はいかがでしょうか?

家族が認知症になったら・・・

大きな経済負担、心身に多大な労力が生じます。

実際、老々介護で、悲しい事件も多発しています。

他人事ではなく、
誰にで
も、起こり得ることなのです。

社会的負担も大きく、2014年の時点で、
認知症に関する医療、介護費用が14.5兆円。

国民一人あたり、
実に年間11万円の負担が生じています。


既に、他人事では無いのです。


もう一度、イメージしてみてください。

朗読教室が増える。

朗読で声を出す習慣が出来る。

朗読教室で仲間と語らい、
ワハハと笑う。
「発表会で何を読もうか」
「衣装はどうしようか」
と考える。


これが、

心身のストレスの解消になり、

脳への良い刺激になります。

自己肯定感も上がるので、
うつ病も予防
できます。

つまり、朗読が普及すれば、
心身ともに健康な人が増える。
健康年齢が上げられるのです。

たとえ有り余るほどお金があっても、
心身が健康でなければ幸せとは言えません。

私たち一般社団法人日本朗読検定協会の目標は、
読書推進、日本文学の振興だけでなく、
朗読を普及させ、心身ともに健康な人を増やし、
社会負担を減らすこと。

その目標を達成するために、
朗読検定を推進し、
朗読教室を増やしているのです。


今、日本は高齢化社会です。
このまま行けば、みなさんのお子さん、
お孫さんの世代の負担は甚大なものとなります。

まともな教育も受けられず、
将来の夢も描けない、
暗黒の時代になります。

高齢者だけでなく、
心身ともに不健康な若者も増えるわけです。

既に、その兆しが見えています。

誰もが羨む一流大学に入っても、
軽はずみに他人に迷惑をかけてしまう。
大学生が起こす、重大犯罪が増えています。

それを防ぐには、私たちのような団体や企業が、
人や社会に貢献できる事業をしなくてはならない、
そう確信しています。

ただ、

我が身を削るだけの自己犠牲的なことでは、
継続した社会貢献はできません。

(気が向いた時だけ社会貢献する)

これでは、自己満足に終わり、
他人の事を自分の事に考える人も増えません。
結果、何も変わらないのです。

当会では、

朗読の普及を通じて社会貢献をしながら、
人に喜ばれ、毎月50万円※以上の収入を得ている、
プロフェッサー資格者の方が続出しています。
※売り上げベースの数字ではなく、手取りです。

・在庫不要
・販売ノルマ一切なし
・月謝からのロイヤリティなし
・年会費は12,960円(一カ月あたり1,080円)
・うまく行くまで無期限サポート(都度のサポート料は不要)

という、
きわめて起業リスクが低い、個人起業と考えても、
充分、継続できるものであると言えるのでは無いでしょうか。

その具体的方法を学べるのが、
当会の認定教室ライセンス、
プロフェッサー資格認定講座です。

あなたの活動が軌道にのるまで、
回数、期間の制限なく、
継続してサポートをいたします。

プロフェッサー資格を取得していただくには、
『プロフェッサー認定講座』の受講のほかに、
下記4つを満たしていることが条件です。

・素直な方
・行動的な方
・他人への否定的発言をしない方
・パソコンのメール送受信ができる方(添付ファイルを送る、受け取る)
・Microsoft Excelの最新バージョンをお持ちの方

(当会も使っている、Microsoft Office365は、毎月1,274円で使えます

講師や教室の活動を始めたら、
必ず、下記の3つの課題が出てきます。

・集客面
・内容面
・指導面


それぞれベテランの専門家が、
あなたをサポートします。

あなた専属のコンサルタントを3名、雇うイメージです。

そして、下記はあなたが望む成果が出るまで継続しておこなうサポートです。

サポート回数無制限
サポート期間無制限
☑ウケる講座が誰でも作れる、講座設計図を提供
☑パソコンを電源に繋いだところからでもOK!パソコン操作サポート
☑サーバー代不要でできる、無料ホームページ制作の添削サポート
集客チラシ添削サポート

他にも、ご心配ごとがお有りなら、下記からお問い合わせください。


info@roudokukentei.jp まで、

【お名前】
【お電話番号】
【お住まいの地域】
【朗読のご経験の有無】
【どのような活動をしてみたいか】
【ご心配やご不安な点など】
 
をご記入の上、今すぐお問い合わせください。
認定教室資格(=プロフェッサー資格)はエリア制で、エリアごとに定員がございます。

12月15日まで、5名様限定!残り2名様のみ
お得な「プロフェッサー資格取得応援キャンペーン」実施中!

★資格取得後、6ヶ月以内に教室を開講してくださる方
★現在、すでに朗読教室、話し方教室などをされている方


プロフェッサー資格を、お得に取得いただけるプランがございます。
詳しくは、info@roudokukentei.jpまで、

【お名前】
【お住いの都道府県・市区町村】
【講師のご経験の有無】※ご経験がお有りの場合は、年数をお知らせください。

をご記入の上、お気軽にお問い合わせください。

◎プロフェッサー資格(=認定教室)資格を取得するメリット◎

★あなたの講座を退会する人がなくなります
★あなたの講座への入り口が、3つ以上増えます
★生徒さんを集める方法を一人で悩まなくてよくなります
「朗読検定(R)」「読み聞かせ検定(R)」という、大きなプロジェクトに関わることができます
★集客、指導の専門家の個別相談をいつでも、何回でも受けられます 
============================================


認定講師制度
http://www.roudokukentei.jp/about/school.html

【出演グループ募集】夏目漱石生誕150年記念朗読公演〜第三部〜

4/8(土)心斎橋大丸劇場での公演「夏目漱石生誕150年記念朗読公演」18:30〜20:10の第三部(グループ朗読)の出演グループの募集です!

第三部は、グループ朗読のため、漱石の作品だけでなく、芥川龍之介など、夏目漱石の門下生の作品もお選びいただけます。
6組限定!


※前日のリハーサルは、15:45〜22:00の間でおこないます。お仕事や移動のご都合で、18:00以降にお越しいただいても構いません。朗読の仕上がり確認と説明が主になります。

お問い合わせ用メールアドレスは、info@roudokukentei.jpとなります。

=======================

ご要望に応え、

2017年4月8日(土)開催、
夏目漱石生誕150年記念朗読公演
〜10分で味わう、漱石の世界2〜

公演日の18:30から20:10の、

グループの部(第三部) 出演者募集を開始いたしました。

今回の公演は、

ソロ朗読(第一部) 13:30〜 ※あと3名の方で募集終了です。

ゲスト公演(第二部) 15:50〜 ※スペシャルゲストの発表をお待ちください。

グループ朗読(第三部) 18:30〜20:10

※三部に関しましては、1グループが2名〜6名まで。6組限定で募集いたします。衣装、ヘアメイク、演出・指導、写真撮影、動画撮影、ピアノ伴奏(ピアノ、写真、動画撮影は別途料金で追加可能です)はございません。

多くの朗読スタイルをお楽しみいただけるよう、全体で四部構成となります。


応募要領は、下記の内容となります。

選考の受付は12月23日(木)までとなります。


=======================

前回、9月19日(祝日)、大盛況で終えることができました、

夏目漱石没後100年記念朗読公演
〜10分で味わう、漱石の世界〜

ご出演者のみなさん、一様に、

「とても楽しかったです!」
「出演して良かったです!」

とのお声をいただけました。
 
そして、会場にお越しくださった皆様からは、

「また、出演者の募集はされますか?」
「私も出演したいです!今度はいつですか?」 

というお問い合わせをいただきました。

その中でも、

「グループで出演したい」

というお声も頂いておりました。

そのご要望にお応えいたしまして、

2017年4月8日(土)、
大丸心斎橋劇場(大阪市中央区)にて予定いたしております、

夏目漱石生誕150年記念朗読公演
〜10分で味わう、漱石の世界2〜


18:30からの、【第三部】の出演参加者の募集要綱をお知らせいたします。

ソロ朗読の第一部とは趣向を変えまして、

・2名から6名までのグループ出演限定
・夏目漱石および、漱石の門下生(芥川龍之介や鈴木三重吉、中勘助など)の作品も可能
・持ち時間は15分まで
・衣装サービスなし
・ヘアメイクサービスなし

・演出なし
・ピアノ伴奏なし
ご希望の場合は有償で追加可)
・写真およびビデオ撮影なしご希望の場合は有償で追加可)

です。


なお、選考の受付はソロの部と同じく、12月23日(木)までとなっております。
また、選考を通過したかたが6組になった時点で受付を締め切ります
ので、
ご検討の方は、お早めにご応募ください。


【夏目漱石没後150年記念朗読公演 グループ朗読出演者募集選考要綱】

公演日時:
2017年4月8日(土) 18:30〜 ※前日リハーサル 4月7日(金)15:00〜

※前日リハーサルは、遅れてご参加いただくことも可能です。

※前日リハーサルは、15:45〜22:00の間でおこないます。お仕事などで18:00以降にお越しいただいても構いません。

公演場所:大丸心斎橋劇場 http://www.daimaru.co.jp/shinsaibashi/gekijou/

スペシャルゲスト:ベテラン落語家の方を予定

出演者募集:2名以上6名以内のグループ朗読 ※6組限定

応募締切:2016年12月1日(木) ※6組の定員が埋まり次第、募集終了となります。

出演参加費:¥75,000(前売りチケット3,500円×10枚付き)


【前売りチケットのお渡しについて】
※前売りチケット10枚のお渡しは、2017年1月中旬となります。


【募集作品】
夏目漱石および門下生の作品限定(芥川龍之介、鈴木三重吉など)
で、15分以内。※抜粋可

【応募先】
メールでご応募の場合は、info@roudokukentei.jpまで、

【代表者のお名前】
【代表者のご住所】
【読みたい作品を第3候補まで】※候補作品は12月中旬までにご連絡でも可です。
【代表者のご連絡先お電話番号】

をご記入のうえ、メールでお申込みください。

なお、朗読作品は12月中旬まで変更可能です。(※フライヤー作成が12月下旬のため)



あなたの朗読知識、技能を活かし、人に喜ばれながら収入を得たい方
朗読で、心身ともに健康な人を増やす社会貢献しませんか?
朗読検定(R) 読み聞かせ検定(R)認定講師募集中!
 
エリア定員制
http://blog.livedoor.jp/roudokukentei/archives/1837813.html  

【小学生向け】「本、大好き」が育つ! エリアベネッセ 秋のおやこ朗読会

小学生のお子様がいらっしゃるご家族様にご案内です。

Benesseにお勤めの、前田裕己インストラクターが企画され、
東京都の葉月のりこプロフェッサー/シニアリーダーが講師を務めます。



1年生、2年生の方、保護者の方へ

お子さまが「本好き」になるかどうかは、おうちのかたの関わりで大きく変わります。
登場人物になりきって、声に出して本を読む「朗読」を、お子さまと一緒に体験することで、「本に親しむ力」を親子で楽しく身につけられます。
※ベネッセ様のご案内ページより

1年生、2年生のお子様がいらっしゃる方は、こちらからお問い合わせください。



3年生、4年生の方、保護者の方へ

国語好きはもちろん、「音読の宿題はニガテ・・」というお子さまにオススメ!
ただ単に本を声に出して読むのではなく、文章の意味や登場人物の気持ちを読み解くことが、朗読には一番重要です。国語力の中でもとても大切な「読解力」「表現力」を楽しく身につけられるワークショップです。
※ベネッセ様のご案内ページより 

3年生、4年生のお子様がいらっしゃる方は、こちらからお問い合わせください。



5年生、6年生の方、保護者の方へ

国語力に差が目立ち始める高学年。特に「登場人物の気持ちがわからない」というお子さまも多いと聞きます。
文学作品を「声に出して読む」という体験を通して、文章の意味や登場人物の気持ちを読み解くことができます。
※ベネッセ様のご案内ページより 


5年生、6年生のお子様がいらっしゃる方は、こちらからお問い合わせください。




あなたの朗読知識、技能を活かし、人に喜ばれながら収入を得たい方

朗読で、心身ともに健康な人を増やす社会貢献しませんか?
朗読検定(R) 読み聞かせ検定(R)認定講師募集中!
 
エリア定員制
http://blog.livedoor.jp/roudokukentei/archives/1837813.html  

【愛媛県】10/16(日) 「正岡子規随筆朗読コンサート」のお知らせ

愛媛県松山市にある、
坂の上の雲ミュージアム にて、10月16日(日)におこなわれる、

坂の上の雲ミュージアム ナイトコンサート
「正岡子規随筆朗読コンサート」


のお知らせです。
愛媛県松山市のプロフェッサー、福田雅世さんが出演されます。 

朗読とチェロとピアノのアンサンブルで、
正岡子規のエッセイの世界をお楽しみください。

10月16日は、松山へ!
正岡子規随筆朗読コンサート_表

坂の上の雲ミュージアム ナイトコンサート
「正岡子規随筆朗読コンサート」
http://www.sakanouenokumomuseum.jp/sp/guide/oshirase/?id=634

日 時:2016年10月16日(日) 開場:18:00〜 開演:18:30〜20:00

場 所:坂の上の雲ミュージアム
   愛媛県松山市一番町三丁目20番地

鑑賞料:1,000円 ※当日券のみ ※中学生以下は無料

定 員:先着100名様限定

朗 読:木藤たかお(フリーアナウンサー)/福田雅世(朗読家・朗読検定(R)認定プロフェッサー・検定員)
    平林伊佐子/中村克史 ※敬称略

演 奏:宮坂拡志(NHK交響楽団チェロ奏者)/黒田映李(ピアニスト) ※敬称略


あなたの朗読知識、技能を活かし、人に喜ばれながら収入を得たい方
朗読で、心身ともに健康な人を増やす社会貢献しませんか?
朗読検定(R) 読み聞かせ検定(R)認定講師募集中!
 
エリア定員制
http://blog.livedoor.jp/roudokukentei/archives/1837813.html 
livedoor プロフィール
Twitterやってます。
舞台に立つなら肌ケアを。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新情報をお見逃しなく!
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ