2011年03月19日

心よりお見舞い申し上げます。



東北地方太平洋沖地震により

被災されたみなさまに、

心よりお見舞い申し上げますとともに、

被災地が一日も早く復興することを

お祈り申し上げます。


roudou74 at 11:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)現在、日々の記録(日記) 

2009年12月30日

裁判傍聴

11月、『東京地方裁判所』に裁判傍聴に行きました。
実は、はじめての裁判傍聴!
前から行きたかったのですが、やっと実現しました!

入れ口で、簡単なチェック(空港と同じ検査)があり、
ロビーで、その日行われる裁判の『台帳』を確認しました。

民事事件は、裁判傍聴していても分かりにくいということで、
『刑事事件』にしました。
もちろん『新件』・・・第一回目という意味。
           新件の方が事実関係を説明するのため、お勧め。

事件名は、「背任」です。

独立行政法人の社員と、出入業者との癒着です。
(過剰な接待、架空取引)

法律論は、ほとんど出てこず、事実関係を終始確認していく、

という流れです。これなら法律を知らない人でも、わかります。

証人に、その家族もでてきて、家族関係まで掘り下げて、確認していました。

二時間半という長い裁判でした。

自分としては、すごく勉強になりました。

ただ、気をつけなればならないのは、裁判を傍聴していると

「おもしろい」という感覚もでてくるということです。

これは、ドラマとかではなく、現実のことなので、そのような感情は

よろしくないと思います。

自分としては、弁護士と検察官、裁判官がどのような視点で

争点を掘り下げていくか、次回、裁判傍聴に行くときは、

もっとその辺を注視していきたいと思いました。




roudou74 at 19:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)現在、日々の記録(日記) 

2009年07月22日

努力、歩み

こんにちは!
いいフレーズがあったので、抜粋します。
ついついいろんなことを言い訳しがちだけど、
このフレーズは「確かに」と思わせます。

『人が「もうだめだ」っていう
限界ギリギリのラインなんて、
こんなもんじゃない。
上達しないのはセンスがないから、
退いてしまうのは才能がないから、
あの人には、
あのチームにはかなわないから、
人は目指していた何かを断念する時、
必ず何か理由をつける。ナゼか分かるか?

その方が楽だからだ。

ダメならダメでいい。
ただ、自分の努力の足りなさを別の何かのせいには、するな。


まだ、走れるなっ。
走りっぱなしの奴なんてこの世にはいない。
進んで止まって、
止まって進んで、
人はそれを

歩み

と呼ぶのだ』

「人気ブログ ランキング 参加中! 法律・法学部門」
Blog ranking


「にほんブログ村 士業ブログ 参加中!」
にほんブログ村 士業ブログへ

roudou74 at 21:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)格言集・好きな言葉 

2009年01月25日

六法とは?

普段何気なく使っている六法・・・

そろそろ2009年版を購入しなくては。

ちょっと気になったので、

その言葉の由来について検索してみた。。

『へぇ・・・・・・』 
 
(´▽`)

 
       ↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【言葉の由来】
六法という言葉は、箕作麟祥がフランス法を翻訳した書籍である『仏蘭西法律書』(1874年)
の中で、ナポレオン五法典(民法典、商法典、刑法典、民事訴訟法典、治罪法典)と呼ばれる
諸法典に憲法を加えた言葉として使われたことに由来すると考えられている。

【法分野】
6つの法典に対応した法分野という意味では、以下の6つを指す。
・憲法(内閣法なども含む)
・民法(不動産登記法や借地借家法なども含む)
・商法(会社法や手形・小切手法、金融商品取引法なども含む)
・刑法(特別刑法も含む)
・民事訴訟法(民事手続法)
      (民事調停法、仲裁法、民事執行法、民事保全法、倒産法なども含む)
・刑事訴訟法(刑事手続法)
ここから転じて、これらの6つの法典を中心として主要な法令を収録した書籍を
「六法全書」又は単に「六法」と呼ぶようになる。
また、本来の意味から離れて、特定分野の範疇内において主要な法令を収録した
書籍も「○○六法」という名称で呼ばれることがある(「金融六法」「福祉六法」など)。
この場合には、法令集という意味で語が使われているため、6という数に特に意味が
あるわけではない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私が使っている三省堂の六法です。
デザイン↓を一新したみたい。


「人気ブログ ランキング 参加中! 法律・法学部門」
Blog ranking
「にほんブログ村 士業ブログ 参加中!」
にほんブログ村 士業ブログへ

roudou74 at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ちょこっと!法律知識 | 現在、日々の記録(日記)

2008年12月14日

迷ったときは・・・悩んでいるときは・・・・

『いくら考えても、
 
わからないものは、

わからない。

だから、

自分が信じる道(選択)を行く。』


(^_^)ニコニコ




「人気ブログ ランキング 参加中! 法律・法学部門」
Blog ranking


「にほんブログ村 士業ブログ 参加中!」
にほんブログ村 士業ブログへ

roudou74 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)格言集・好きな言葉 

2008年08月31日

女性社労士

社労士は、他士業に比べると、

受験者・合格者に女性が多い!

また、特に最近、開業する女性社労士が増えているような気がする。

そして、実際に活躍している人も多くなってきている。

また、全体的に、女性社労士の方が元気があるような気がする(個人的見解)。

(´▽`)



「人気ブログ ランキング 参加中! 法律・法学部門」
Blog ranking


「にほんブログ村 士業ブログ 参加中!」
にほんブログ村 士業ブログへ

roudou74 at 20:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)現在、日々の記録(日記) 

2008年07月27日

開業する年齢について

開業するには、何歳ぐらいがいいんだろう・・・。

答えは、「人それぞれ」だと思う。

なぜならば、まず、開業するには、

・開業したい!という強い気持ちがあること

・今の仕事をやめる覚悟(収入が無くなる覚悟)

・家族・関係者からの理解

・開業資金があること

以上、揃っている事が、最低条件だからだ。

私の場合は、30歳の時に、その条件が揃ったため、開業した。

「人気ブログ ランキング 参加中! 法律・法学部門」
Blog ranking


「にほんブログ村 士業ブログ 参加中!」
にほんブログ村 士業ブログへ

roudou74 at 17:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)開業準備 | 社会保険労務士資格取得する人、開業する人へ・・・

2008年07月13日

開業すると遊びが派手になる!

開業すると、、、、

いろんな付き合いがある(顧問先企業、同業者、士業の仲間・・)

また、いろんなストレスがかかる(経営、孤独、将来・・)

そんなことで、おそらく、サラリーマンで居る時より、

遊びが派手になる!可能性が高い(男性に限るが)( ̄▽ ̄;)!!


「人気ブログ ランキング 参加中! 法律・法学部門」
Blog ranking


「にほんブログ村 士業ブログ 参加中!」
にほんブログ村 士業ブログへ

roudou74 at 19:10|PermalinkComments(3)TrackBack(0)開業6ヶ月目 | 社会保険労務士資格取得する人、開業する人へ・・・

2008年05月05日

ご冥福をお祈り致します。。。

『なにわの元美人社労士』

というブログを執筆されていた
(いつもブログランキングで高順位)
 
社会保険労務士の岸本ひろみ先生が

お亡くなりになったとのこと、

一昨日、知りました。。。

ショックです。

本年2月に永眠されたそうです。

私自身は、面識はぜんぜん無いのですが、

ブログを読んでいた読者に一人でした。

いつも、バイタリティ溢れる記事は、

とても励みになりましたし、これから社労士として

もっと活躍する方だと思ってました。

どうぞ安らかに眠ってください。

心よりご冥福をお祈り致します。

「人気ブログ ランキング 参加中! 法律・法学部門」
Blog ranking


「にほんブログ村 士業ブログ 参加中!」
にほんブログ村 士業ブログへ

roudou74 at 19:19|PermalinkComments(7)TrackBack(0)現在、日々の記録(日記) 

2008年04月29日

話好きは得!

開業すると、自分で自分のことを売り込む必要がある。

また、法律を分かりやすく相手に伝える必要がある。

そこで、思ったののが、

「話好きの人は得である」
ということだ。

もちろん、単にベラベラしゃべる人とのことではなく、

相手にある程度合わせて、しゃべれる人のことだ。

私自身、「話好き」ではなく、「聞き好き」であったのが残念だ。

( ´∀`)つ




「人気ブログ ランキング 参加中! 法律・法学部門」
Blog ranking


「にほんブログ村 士業ブログ 参加中!」
にほんブログ村 士業ブログへ

roudou74 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)社会保険労務士資格取得する人、開業する人へ・・・ | 開業1ヶ月目