2018年12月

    nenkin_techou_orange



    面倒な手続きから解放されるやね 

    国民年金、20歳での加入手続き不要に 厚労省検討 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39578080Z21C18A2MM8000/ 【国民年金20歳から強制加入決定、なんだこのクソダメみたいな国 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/31(月) 16:09:10.13 ID:CAP_USER9
    2000年代の格闘技ブームとともに始まった、大晦日の格闘技興行。2018年の大晦日に行われるRIZINでは、
    神童と呼ばれる那須川天心と無敗のままボクシング5階級制覇をしたフロイド・メイウェザーによるスペシャルエキシビジョンに注目が集まっている。

    チケットの売れ行きも好調だが、格闘技ブーム最盛期のようにさいたまスーパーアリーナ全体を興奮が包み、期待と興奮と喜びで膨れ上がるような雰囲気は、おそらく再現できないだろうと言われている。
    様々な理由が囁かれているが、もっともよく聞かれるのはファンの高齢化だ。

    「格闘技ブーム最盛期に20~30代だった人が、40~50代になっても観戦を楽しんでくれるのは嬉しいですが、若い頃と同じようにはできない。
    大晦日の『RIZIN14』は昼3時に始まって、終わるのは夜11時半くらいの予定です。
    20歳だったら全部を見続けられるかもしれないけれど、40歳になったらそうもいかない。
    仕方が無いので、どうしても見たい試合だけを選んで見ている人が多いです」(格闘技ライター)

    たとえば、全14試合のうち、どうしても見たいのは第7試合と第8試合、第13試合だとしたら、15時の大会オープニングより2時間くらい遅くに会場へ到着し、第8試合まで見る。
    その後、同じ姿勢を長く続けると腰痛によくないので、席を外して売店の周辺で軽食を食べながら小休止。
    第12試合が始まるころに席へ戻り、第13試合を堪能。満足して、さいたま新都心駅へ向かう。

    メイウェザーと那須川が気にならないわけではないが、スペシャルエキシビジョンなので、録画で確認することにした。
    それより、大晦日の終夜運転があるとはいえ、本数が極端に少ないさいたま新都心駅から確実に帰宅することを選ぶ──。

    こんなふうに、大会の試合から数試合を選んで観戦し、遅く来場したり、早めに会場を後にする観客は少なくない。

    「あれから二十歳、年をとっちゃったんですよね」と苦笑いする格闘技ファンは、もうすぐ五十歳だ。

    「二十年前は、観戦後に近くの飲食店で仲間と語り合ったりもしたけれど、今は少しでも早く帰りたい(苦笑)。
    会場が東京ドームのような都心ではなく、さいたま新都心だから電車の時間が気になることもあるけれど、何より、眠くなるんですよ。
    かつての観戦仲間で、今も会場で顔を合わせる人も減ってきました。家庭の事情もあるだろうし、まだ楽しめている自分は幸運だと思います」

    総合格闘技の大会が行われるときは、十数試合というボリュームたっぷりの興行になりがちだ。
    だが、観客の本音を考えたら、試合数を減らして、もっと気軽に観に行ける大会のほうが、彼らの望みと合っているのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00000010-pseven-spo
    12/31(月) 16:00配信

    no title

    【【悲報】格闘技観戦にも高齢化の波 見たい試合だけを選ぶ傾向 】の続きを読む

    snow_crystal2
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/31(月) 15:34:06.128 ID:DdFUqIfQ0
    警察に通報していいか?

    【向かいのアパートのクソ老人がこっちのマンションの敷地内まで雪かきしてんだが 】の続きを読む

    1: マンセー名無しさん 2018/10/06(土) 21:07:24.49 ID:2+MoVCBr
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【悲報】アベ信者のネトウヨ、ガチで老人だらけ… 】の続きを読む

    ohaka
    1: 風船モコモコ ★ 2018/12/20(木) 13:33:37.44 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000052-asahi-bus_all
    12/20(木) 13:17配信 朝日新聞デジタル

     ファミリーレストラン大手「すかいらーくホールディングス」は来年1月から、パートやアルバイトの従業員が75歳まで働けるようにする。現在は70歳が雇用の上限だが延長し、働く意欲がある高齢者の希望に応える。

     来年1月1日に新制度を導入する。「ガスト」や「バーミヤン」「ジョナサン」など約2600店舗の従業員が対象。現在65~70歳のアルバイトは約1千人いるという。高齢者の安全や健康に配慮し、65歳以上の労働時間は週20時間未満に制限している。すかいらーくは「65歳を過ぎても元気な従業員が多く、『働きたい』という要望があった。経験と知見を生かして若い従業員にアドバイスしてほしい」としている。新制度はグループの全業態にも拡大する方向だ。

     すかいらーくでは正社員の定年は65歳で、こちらは変更しない。

    【【生涯現役】すかいらーく、パートの定年を75歳に引き上げる】の続きを読む

    nihonchizu
    1: 孤高の旅人 ★ 2018/12/30(日) 21:50:05.99 ID:CAP_USER9
    日本の労働生産性、先進7か国最低
    2018年12月30日 14時33分
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181230-OYT1T50046.html?from=ytop_top

     日本生産性本部は2017年のデータから算出した労働生産性の国際比較をまとめた。日本の1時間当たりの労働生産性は47・5ドルで、経済協力開発機構(OECD)加盟36か国中、20位だった。順位は前年と同じで、先進7か国では最低だった。

     労働生産性は、働く人がどれだけ成果を出したかを表す数値で、国内総生産(GDP)などから計算する。首位はアイルランドの97・5ドルで、ルクセンブルク、ノルウェーが続いた。先進7か国で最高は米国の72・0ドルで、全体では6位だった。日本は米国に比べて3分の2程度の水準になる。
     日本は小規模の企業や飲食などのサービス業が多く、人材確保を重視することから労働生産性が低くなる傾向にあるとされる。

    【【老害の国】日本の労働生産性、先進7ヶ国中最低 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/10/03(水) 22:02:45.20 ID:CAP_USER9
    no title


     ブドウの実1粒を万引きした疑いで73歳の男が逮捕されました。

     警察によりますと、福岡市の無職・金子伸之容疑者は3日午前10時前、市内にあるディスカウントストア内の青果店で1房799円のブドウ1粒を盗み食いした疑いが持たれています。青果店の店長が店内で隠れて見張っていたところ、金子容疑者がブドウ1粒を食べるところを目撃し、その場で取り押さえました。警察の調べに、金子容疑者は「盗んでいません」と容疑を否認しています。

    2018年10月3日 18時44分
    テレ朝news
    http://news.livedoor.com/article/detail/15394933/

    【【悲報】ボケ老人、ブドウ一粒を盗み食いして逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ