rouinc

Studio AYA 制作日誌

日々思うことや制作日記を綴ります

15 3月

お礼と報告

2/11~3/11までの1か月間、ご注文いただいたDVD『きこえなかったあの日』の料金の半分を、
能登半島への支援金として全日本ろうあ連盟の災害救援金に寄付しました。
DVDを購入してくださった方、記事をシェアしてくださった方、
どうもありがとうございました☺
4 3月

富山ほとり座で 『きこえなかったあの日』上映

富山のミニシアターほとり座で
『きこえなかったあの日』の上映があります。
『きこえなかったあの日』 上映
会場:ほとり座 ライブホール
3/ 9(土)10:20〜
3/10(日)11:10〜
3/11(月)15:00〜
富山も能登半島地震で被災に遭われた方々が多いと思います。
県外からのご参加はぜひ。
富山への応援として、お越しください。
上映スケジュールはこちら

11 2月

DVD『きこえなかったあの日』の料金の半分を寄付に

能登半島地震が起きて1か月以上経ちました。
慌ただしい日常生活の中で、何かあるたびに被災された方々に結び付けて思う日々を過ごしています。
いつもお世話になっている整骨院で「背中がむくんでいますね」と言われ、
その原因を尋ねると「寝不足から来ています」とのこと。
被災した方々の身体は大丈夫かな、特に高齢者は辛いだろうなあと思いました。
被災した方や支援者の力にもならない、すごく小さな小さなことだけれど。
今日から3月11日まで、DVD『きこえなかったあの日』の料金の半分(2,000円)を
能登半島地震への寄付にあてたいと思います。
既にDVDを購入してくださった方、映画をご覧になった方は
このブログのシェアでご協力いただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
DVD『きこえなかったあの日』4,400円(税・送料込み)
26 12月

1/27(土)『友達やめた。』北海道で上映

2024年の初上映は、『友達やめた。』in 北海道です!
しかも『梅切らぬバカ』の二本立て。
わたしもこの作品を拝見しました。
予告編に「ありふれた宝が人生の宝物」というキャッチコピーが出ているのですが、
本当にそれが伝わってくる映画です。
こちらもぜひ、味わっていただきたいなと思っています。
2024年1月27日(土)
室蘭工業大学「発達障害の映画を観る会」主催
第13回上映会『友達やめた。』
会場:室蘭工業大学大学会館 多目的ホール
時間:13:00〜14:30
対象:一般
料金:無料
定員:100名
申込み:当日会場で
問合せ:Tel・Fax 0143-44-8839 eigakai@naravan.net(笹山)
主催:室蘭工業大学「発達障害の映画を観る会」

映画を観る会チラシ2023改2_page-0001































映画を観る会チラシ2023改2_page-0002


23 12月

季刊みみ「考えよう、ろうLGBTQ+の生きづらさ」に寄稿

季刊みみの「考えよう、ろうLGBTQ+の生きづらさ」の特集に
寄稿しました。
DVD『11歳の君へ 〜いろんなカタチの好き〜』制作に
協力してくれた手話通訳者の國吉陽介さんも
「ダブルマイノリティ(ろう者×LGBTQ+)の生きづらさを考える」座談会に
参加しています。
当事者だけでなく、ギャローデット大学の准教授など、
様々な立場の声が載っていて読み応えがあります。
ぜひ、手にとってみてください。
季刊みみ(2023年冬季号)
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ