rouinc

Studio AYA 制作日誌

日々思うことや制作日記を綴ります

20 7月

【クラウドファンディング 14日目・現時点でのサポーター138人】

クラウドファンディングが始まり、2週間が経ちました。
500まであと362人です!
1人が5口、10口、20口と応援してくださる方もいるので、
金額は88%の達成率ですが、人数で計算すると27.6%です。
プロジェクト残り日数が77日なので、
362人÷77日=4人 
毎日、1日最低4人の方が支援して頂ければ、500人になります。
ろうLGBTの中には、「一緒に頑張ろう!」と言ってくださる方もいて
胸が熱くなりました。
「一緒に500人を集めるぞ!」という気持ちでこのプロジェクトを
応援していただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

話は変わり・・・
このプロジェクトページのTOPの写真で私と一緒に写っている
カラフルな服を着ている黒メガネさんって誰???
と思っている方も多いと思います。

TOPページ
















今年の5月の東京レインボープライドで出会ったQちゃんです。
ゲイである彼は、手話通訳の活動もされています。

LGBTの取材を進めていくにつれ、LGBTの知識をもった手話通訳者の
必要性を感じるようになりました。
LGBTの取材をするまでは、私は「レズビアン」「ゲイ」
「トランスジェンダー」「バイ」などLGBTに関する手話は
全く知りませんでした。
また、当事者が通訳を依頼すること自体がカミングアウトに
なってしまうため、安心して通訳の依頼ができません。
そのため、個人で当事者やアライの通訳者に依頼し、
通訳者もボランティアで受けているのが現状です。
LGBTに関し、特にプライベートな内容については、
手話通訳者を指名できるようにしていく必要もあると感じています。

こういう状況の中で、Qちゃんは西日本地域を中心に通訳活動を
行ってきました。
私に今回のDVD制作のきっかけをくれたゲイの友人も
ろう難聴LGBTの力になりたいと一生懸命、手話通訳の勉強に励んでいます。
また、通訳者のLGBTに関する知識や手話を学ぶ場も必要になってくるので、
どこでも学ぶことができるようになっていくといいなと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆☆クラウドファンディング実地中 ☆☆(10/4まで)
19 7月

栃木→東京→神奈川→埼玉!

先週土曜日から関東を飛び回っており、
昨日、名古屋に帰りました。
15日(土)・16日(日)は講演で栃木へ。
栃木のゆるキャラ、とち介くんは「ゆるキャラRグランプリ2016」で
4位の人気だそう。

20170716
































栃木は、蔵の数が日本一と言われており、あちこちに蔵がありました。
コメダも1つ見つけて嬉しい気持ちに(笑)


16日(日)の夜は東京のゲストハウスへ。
外国人のお客が他のゲストハウスと比べるとかなり多く、
何でかなあ・・・と思ったら合気道の交流で団体で来たそう。
フランスから来た女の子と筆談で盛り上がりました。
彼女の日本語の方が私の英語よりも上手で日本語での筆談でした。
「フランスに来ることがあったら案内します」と言ってくれたので、
映画祭で「スタートライン」の上映が決まったら、
彼女に案内してもらいたいなー。


20170717



















そして、17日(月)は神奈川の一色海岸でカラフルカフェのイベントが
あり、DVD「11歳の君へ」制作のため、アキラさんを取材しました。

20170717-1



















また、そのイベントでクラウドファンディングのことをPRする時間を
いただき、感謝感激でした。

☆☆クラウドファンディング実地中 ☆☆(10/4まで)
『ろう・難聴×LGBTの子どもたちに、500人のエールを届けたい!』
https://readyfor.jp/projects/500yell
制作中のDVD「11歳の君へ 〜いろんなカタチの好き〜」
https://www.studioaya.com/11kimi

20170717-2


















そして、18日(火)は埼玉のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭へ。
ドイツ・ニッポンコネクションのプログラムディレクター、
マーティンさんが来日し、そのトークがありました。

ニッポンコネクションでは、日本に興味があるお客さんが集まります。
映画を通して日本の風景を楽しめたらという感覚で
「スタートライン」を見に来た方が多いそう。
しかし、「スタートライン」は全く違って、人間ドラマが繰り広げられ、
そのギャップがよかったとコメントしていました。
これは思いもしなかった・・・。なるほどなあ・・・(笑)


20170718-1


















その「スタートライン」、7月23日(日)に奈良で上映があります。
初上映です。是非、お越しください。
ハードなドラマの合間にちょこちょこ流れる風景も
楽しんでいただければ幸いです。

「Start Line(スタートライン)」公式サイト
http://studioaya-movie.com/startline/
映画よりも大人気!?の番外編はこちらから
「スタートライン」メイキング&ダイアリームービー
http://studioaya-movie.com/startline/together.html
------------------------------------------------------------------------
「Start Line」公開情報 
★ 自主上映のお知らせ
・奈良 7月23日(日)13:00〜 奈良県社会福祉総合センター
・北海道 8月20日(日)13:45〜 北海道立文学館
・千葉 8月21日(月)14:00〜 オリオンハウス
・東京 8月25日(金)16:30〜 国会議員会館内大会議室 
・愛知 9月2日(土)江南市・永正寺
・福岡 9月10日(日)13:00〜 プラム・カルコア太宰府市民ホール 

それぞれの上映の詳しい情報はこちら
http://studioaya.com/schedule/index.html#schedule

自分たちの地域でも上映をしたいとお考えの方、
下記のご案内をご覧いただけると嬉しいです。
「スタートライン」自主上映のご案内
http://studioaya-movie.com/startline/schedule_self.html

【DVD「Start Line」サンキュー価格で先行予約申込受付中】
DVDの発売日(今年の秋)まで
ご注文はこちらから
http://studioaya-movie.com/startline/cheer.html

14 7月

【クラウドファンディング8日目・サポーター数 94名】

7月14日、8:47の時点でのサポーターの数は94名です。
プロジェクトを始めたばかりの時は、正直ここまで
応援していただけると思いませんでした。
日本だけではなく、オーストラリアからも!
応援してくださった皆さま、シェアしてくださった皆さま、
本当に本当にどうもありがとうございます。
中には「スタートライン」の映画で私を知った方も
今回のプロジェクトの応援・拡散をしていただき、感謝感激です。
お蔭様でクラウドファンディング readyfor のスタッフから
「本当に素晴らしいです!」とお褒めの言葉をいただきました。
500人以上の方からメッセージを集めたいと思っていますので、
引き続き応援をよろしくお願いいたします。


話は変わり・・・
DVD「11歳の君へ」の制作を応援してくださっている
一般社団法人Cumpus「ぷらいむ」は、
障害のある子どもたちの子どもたちの児童デイサービスをしています。
そのほかにも手話普及、LGBT理解普及の活動もされています。

「ぷらいむ」HP
https://campuspokke.wixsite.com/prime

「ぷらいむ」の代表敢ちゃんは、今年の1月、
「スタートライン」キャンペーン活動で沖縄に行った時に出会いました。
誰に対しても壁を作らない、物事をストレートに言うキャラに
大好きになってしまいました。

そんな敢ちゃんが登場する動画は笑える楽しいものになりました 。
よかったらご覧ください。



☆☆クラウドファンディング実地中 ☆☆(10/4まで)
『ろう・難聴×LGBTの子どもたちに、500人のエールを届けたい!』
https://readyfor.jp/projects/500yell
※ メッセージはプロジェクトの「応援コメント」でお送りください。

制作中のDVD「11歳の君へ 〜いろんなカタチの好き〜」
https://www.studioaya.com/11kimi

13 7月

デフリンピックの取材に行くことになりました

7月18日から30日までトルコ・サムスンで、
デフリンピックが開催されます。
「目で聴くテレビ」http://www.medekiku.jp/ から取材の依頼をいただき、
7月24日からトルコに行くことになりました。
後半なので、準決勝、決勝などの戦いが繰り広げられていると思います。
現在、DVD「11歳の君へ」制作と並行して、
デフリンピックに関する記事やテレビ番組(NHK「ろうを生きる
難聴を生きる」)やデフリンピック関連のyoutubeを見て、
せっせと取材ノートを作っています。
目標に向かって一生懸命頑張っている人たちは
表情も体もきりっと引き締まっていて
めちゃめちゃカッコいいなあと思いながら・・・

20170713デフリンピック取材ノート


















映画「スタートライン」に出演している早瀬憲太郎さんも
奥様の久美さんと一緒に自転車競技で出場されます。

第23回夏季デフリンピック競技大会 サムスン2017
http://www.jfd.or.jp/sc/samsun2017/

このサイトには、吉田沙保里選手や北澤豪選手からの
応援メッセージもあります。
特に北澤選手は、私が思春期真っ最中でこじらせていた時に、
ヴェルディ川崎で活躍されていて、ファンでした。カズも・・・。
母と一緒に東京へサッカー観戦に行ったことが懐かしいです。
超有名な選手が手話でメッセージを伝えているのを見ると
テンションが上がります(笑)

頑張れ!ニッポン!
ファイトだ!選手の皆さん!

12 7月

【クラウドファンディング5日目・現時点でのサポーター 74人】

七夕からスタートしたクラウドファンディングは今日で5日目となります。
多くの方々が応援・拡散してくださっているお蔭で
500円サポーターの数が日々増えています。
クラウドファンディングのページを見るのが楽しみの一つとなりました。
本当にどうもありがとうございます。
私は、ヘンなところで自己肯定感が低い(「どうしてそこ!?」
と自分でツッコみたくなるくらい)ので、
皆さまから応援メッセージをいただくたび、
自分の活動のことを肯定していただいているんだ
今回のDVD制作をまた期待してくださっているんだと
泣きたくなるような嬉しい気持ちになります。
達成率と比例して私の肯定感も上がってきています(笑)
本当にどうもありがとうございます。
また、ひとり500円のご支援をお願いしているのですが、
ひとりで5口、10口、30口と応援してくださる方もいて
どう感謝すればいいのか分かりません。
毎日、「本当にありがとう・・・ありがとうございます・・・」
と手を合わせる思いでいます。

いいDVDを作ること、そして、いただいた応援メッセージを
全国の子どもたちに伝えることが私にできることだと思っています。


☆☆クラウドファンディング実地中 ☆☆(10/4まで)
『ろう・難聴×LGBTの子どもたちに、500人のエールを届けたい!』
https://readyfor.jp/projects/500yell
制作中のDVD「11歳の君へ 〜いろんなカタチの好き〜」
https://www.studioaya.com/11kimi


LGBTのほとんどがカミングアウトしていない中、
DVD「11歳の君へ」の出演者をどうやって見つけたの?
という質問を時々受けます。

「カミングアウトしている、ろう難聴LGBTはいない?」と
ろう者や手話を学んでいる友人たちに聞きまくり、
紹介していただいたのです。
その中で、Tokyo Deaf LGBT bondの存在を知りました。


Tokyo Deaf LGBT bond
https://tokyodeaflgbtbond.jimdo.com/


代表のかえでさんとは前からのお付き合いで、
昔、講演に呼んでいただいたこともありました。
このDVD制作がきっかけで再会が実現、
色々教えていただきました。

この団体は、ろうLGBT当事者が中心となって、
相談にのったり、手話通訳を養成したりと幅広く活動しています。
こういう団体があるのはとても心強いです。



また、私のクラウドファンディングを真っ先に
ご支援してくださった岸本 誠さん(一般社団法人結婚トータルサポート協会)は、
現在、「パートナーズ婚」を広めようと活動されています。
こちらもよければ、のぞいてみてください。

「史上初!「パートナーズ婚」を広めて、世界を愛と幸せで満たしたい!!」
https://camp-fire.jp/projects/view/32518

Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ