チェコとの社会保障協定改定の署名が行われました グローバル化が進展する中、各国との社会保障協定の締結が進められていますが、2017年2月1日、チェコのプラハにおいて、「社会保障に関する日本国とチェコ共和国との間の協定を改正する議定書」の署名が行われました。

 この改正議定書は,2009年に発効した現行協定の一部を改正するものであり、一時派遣被用者の範囲を明確化することにより、保険料の二重払いの解消を強化するとともに、日本の被用者年金一元化法を踏まえた改正を行うものとなっています。

 今後、この改正議定書を締結するために、内閣として国会に承認を求めることが予定されています。
※チェコの在留邦人は1,791名(平成27年10月1日現在)


関連blog記事
2016年11月23日「スロバキアとの社会保障協定 実質合意・早期署名へ」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52117316.html
2016年7月25日「インドとの社会保障協定 2016年10月1日に発効」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52109726.html
2015年11月22日「日本政府 フィリピンとの社会保障協定に署名 協定締結へ」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52090142.html

参考リンク
厚生労働省「日・チェコ社会保障協定改正議定書の署名が行われました」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000150191.html


(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。