初任給 先日より新卒採用の説明会などが解禁されましたが、新卒採用においては初任給水準も気になるポイントの一つでしょう。そこで本日は、東京労働局の「平成28年3月新規学校卒業者の求人初任給調査」の内容について見てみることにしましょう。この調査は、都内各公共職業安定所が受理した平成28年3月中学校・高等学校・短大(高専を含む)・大学(大学院)・専修学校等卒業者に対する学卒求人の賃金について、調査した結果をとりまとめたもの。

 これによれば学歴別の初任給は以下のとおりとなっています。
四大卒 203.0(+0.3%)
短大卒 188.5(0.3%)
専修卒 187.5(0.3%)
高校卒 170.0(+1.0%)

 全体としては頭打ちのような状態になっていますが、高校卒だけはここ数年上昇を続けています。採用競争力という点で劣ることがないよう、自社の初任給水準のチェックを行っておきましょう。


参考リンク
東京労働局「平成28年3月新規学校卒業者の求人初任給調査」
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/jirei_toukei/_121239/_121934.html


(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。