働き方改革実現会議で示された「働き方改革実行計画」の骨子案 2017年3月18日のブログ記事「注目の「時間外労働の上限規制等に関する政労使提案」が公表に」では、2017年3月17日に開催された第9回 働き方改革実現会議で公表された「時間外労働の上限規制等に関する政労使提案」の内容について取り上げました。働き方改革実現会議では、3月中に「働き方改革実行計画」を策定するとしていますが、実はこの第9回会議の中でその骨子案も公表されています。

 その内容は以下のとおりです。
1.働く人の視点に立った労働制度改革の意義
(1)経済社会の現状と今後の取組の基本的考え方
(2)本プランの実行
(ロードマップに基づく長期的かつ継続的な取組)
(フォローアップと施策の見直し)
2.同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善
(1)同一労働同一賃金の実効性を確保する法制度とガイドラインの整備
(同一労働同一賃金のガイドラインの概要)
 ヾ靄楜襪龍囘・均衡待遇の確保
 各種手当の均等・均衡待遇の確保
 J〕厚生や教育訓練の均等・均衡待遇の確保
 で標労働者の取扱
(法改正の方向性)
 ]働者が司法判断を求める際の根拠となる規定の整備
 ∀働者に対する待遇に関する説明の義務化
 9埓による裁判外紛争解決手続の整備
 で標労働者に関する法整備
(2)法改正の施行に当たって
3.賃金引上げと労働生産性向上
(1)企業への賃上げの働きかけや取引条件の改善
(2)生産性向上支援など賃上げしやすい環境の整備
4.罰則付き時間外労働の上限規制の導入など長時間労働の是正
 (法改正の方向性)
 (時間外労働の上限規制)
 (パワーハラスメント対策、メンタルヘルス対策)
 (勤務間インターバル制度)
 (見直し)
 (現行制度の適用除外等の取扱)
 (事前に予測できない災害その他事項の取扱)
 (取引条件改善など業種ごとの取組の推進)
 (企業本社への監督指導等の強化)
 (意欲と能力ある労働者の自己実現の支援)
5.柔軟な働き方がしやすい環境整備
(1)雇用型テレワークのガイドライン刷新と導入支援
(2)非雇用型テレワークのガイドライン刷新と働き手への支援
(3)副業・兼業の推進に向けたガイドライン等の策定
6.女性・若者の人材育成など活躍しやすい環境整備
(1)女性のリカレント教育など個人の学び直しへの支援などの充実
(2)多様な女性活躍の推進
(3)就職氷河期世代や若者の活躍に向けた支援・環境整備
7.病気の治療と仕事の両立
 (トライアングル型支援などの推進)
8.子育て・介護等と仕事の両立、障害者の就労
(1)子育て・介護と仕事の両立支援策の充実・活用促進
(2)障害者に寄り添った就労支援の推進
9.雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援
(1)転職者の受入れ企業支援や中途採用の門戸拡大のための指針策定
(2)中途採用の拡大に向けた職業能力・職場情報の見える化
10.誰にでもチャンスのある教育環境の整備
11.高齢者の就業促進
12.外国人材の受入れ
13.10年先の未来を見据えたロードマップ
 (時間軸と対応策の提示)
 (他の政府計画との連携)

 今後の労働政策に大きな影響を与えるものだけに、最終的な「働き方改革実行計画」の公表が待たれます。


関連blog記事
2017年3月18日「注目の「時間外労働の上限規制等に関する政労使提案」が公表に」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52125772.html

参考リンク
第9回 働き方改革実現会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/dai9/gijisidai.html


(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。