ブラックバイト ブラックバイトという言葉を耳にすることが増えていますが、厚生労働省では昨年と同様に4月から7月にかけて「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを実施しています。そもそもこれは、全国の大学生等を対象に、アルバイトを始める前に労働条件の確認を促すことなどを目的としたものです。そして、依然としてブラックバイトが減らないことから、以下の5点を重点事項として挙げています。
労働契約締結の際の学生アルバイトに対する労働条件の明示
学業とアルバイトが両立できるような勤務時間のシフトの適切な設定
学生アルバイトの労働時間の適正な把握
学生アルバイトへの商品の強制的な購入の抑止とその代金の賃金からの控除の禁止
学生アルバイトの労働契約の不履行等に対して、あらかじめ罰金額を定めることや労働基準法に違反する減給制裁の禁止

 今年度は引き続き大学等での出張相談を行うと共に、新たに学生向けに身近に必要な知識を得るためのクイズ形式のリーフレットを配布し周知・啓発を行うとしています。また都道府県労働局及び労働基準監督署に設置されている総合労働相談コーナーに「若者相談コーナー」を設置し、学生からの相談に重点的に対応していくようです。

 特に飲食などは極度の人材不足から、どうしてもアルバイトに無理をお願いするような状況が発生しやすくなっています。しかし、最近はSNSなどでそうした噂はすぐに広まり、ブラックだとしてより人材確保が難しくなるケースも増えています。まずはアルバイトとのコミュニケーションを十分に取り、その定着を図っていくことが重要です。


参考リンク
厚生労働省「「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを全国で実施」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000158976.html


(福間みゆき)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。