東証一部上場企業 2017年冬季賞与の妥結水準 10月となり、そろそろ冬季賞与の状況が気になる時期となりました。そこで今回は、労務行政研究所が調査した年末賞与・一時金の支給水準について取り上げましょう。この調査は、東証第1部上場企業127社を対象に実施されたもので、今年の賃上げと同時期に交渉・決定した夏季賞与・一時金の妥結水準を調査・集計したもの(2017年4月19日現在)。

 これによれば、全産業平均で見た妥結額は、1社当たり平均712,898円となり、同一企業で見た2016年年末一時金の妥結実績(713,263円)と比較すると、金額で365円減、対前年同期比で0.1%減となっています。また業種別で見ると、製造業(158社)の支給水準は741,591円で、対前年同期比は0.5%減。一方、非製造業(47社)は616,444円、同1.6%増となっています。


関連blog記事
2017年8月4日「経団連企業の2017年夏季賞与は前年比▲2.98%の878,172円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52134554.html
2017年8月1日「都内民間労組の夏季賞与 平均妥結額は744,052円(▲0.59%)」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52134064.html
2017年4月18日「経団連企業の2016年冬季賞与は非管理職730,183円、管理職1,384,574円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52126883.html
2017年1月23日「主要企業の年末一時金の平均は前年ほぼ同水準の830,609円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52122350.html
2017年1月10日「経団連調査の大手の冬季賞与調査 前年ほぼ同水準の880,736円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52120398.html
2016年11月22日「東京都調査の冬季賞与妥結金額 前年比▲0.9%の756,155円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52118180.html
2016年11月15日「各調査機関による今冬の賞与見通し ▲0.3%〜+1.2%とほぼ前年同水準」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52117754.html
2016年11月7日「経団連調査の東証一部上場企業の冬季賞与平均は927,892円 伸び率は鈍化」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52117283.html
2016年8月9日「都内労働組合の夏季賞与は平均760,762円(対前年比1.70%増)」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52109862.html

参考リンク
労務行政研究所「速報―決定済みの2017年年末賞与・一時金の妥結水準」
https://www.rosei.jp/jinjour/article.php?entry_no=71541

(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。