パート 来年4月より無期転換の申込みができることから、パートタイマー等の有期契約者について対応を検討されている企業も多いのではないでしょうか?先日、厚生労働省より「平成28年パートタイム労働者総合実態調査の概況」が発表され、パートの雇用管理の現状、働き方の実態などの結果が出ました。

 これを見てみると、パートの今後の希望する働き方の割合について、「パートで仕事を続けたい」が72.0%、「正社員になりたい」が18.9%という結果になっています。これを、年齢階級別にみると、20〜29歳では「正社員になりたい」が4割を超えており、他の年齢階級より高く、また20歳以上では年齢階級が高くなるほど「パートで仕事を続けたい」と回答した割合がおおむね高くなっています。

 次に、正社員になりたいと回答したパートの正社員になりたいと考える理由(複数回答3つまで)別のパートの割合をみると、「より多くの収入を得たいから」が75.8%ともっとも高く、次いで「正社員の方が雇用が安定しているから」59.1%、「より経験を深め、視野を広げたいから」19.9%、「自分の意欲と能力を十分に活かしたいから」18.8%と続いています。

 無期転換への対応と併せて、この機会に今後の人材確保、定着を進める上で、会社はどのような方針で進めていくのか検討したいものです。


参考リンク
厚生労働省「平成28年パートタイム労働者総合実態調査の概況」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keitai/16/index.html


(福間みゆき)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。