裁判員 2009年5月21日より裁判員制度がスタートしていますが、名簿記載通知が通知されるのは今年で10回目となります。これまでにこの名簿記載通知を受け取った裁判員候補者は、合計で約243万人で、約51人に1人という割合となっています。そして、2017年11月14日(火)に、来年の裁判員制度(2018年1月1日から12月31日まで)の裁判員候補者への通知が開始されます。裁判員候補者名簿に登録される人数は予想される裁判員裁判対象事件の数などによって毎年変動しており、平成30年分の名簿に登録される人数は全国で全国で約230,600人、有権者全体に占める割合は約461人に1人とされています。

 候補者への通知封筒は縦17cm×横23.5cmのサイズとなっており、親展で郵送されます。この封筒の中には、裁判員制度に関する各種説明書類と共に「調査票」が同封されており、裁判員になることを辞退できる場合の記載や裁判員になることができない職業の有無、裁判員になることが特に難しい特定の月などを記載するようになっています。現時点において、調査票の項目に当てはまる場合は、11月30日(月)必着で最高裁判所に返送することとなっています。

 実際、裁判員制度の実施状況をみてみると、個別の事件ごとの裁判員候補者として約92人が選ばれており、このうち60.2%は辞退が認められているようです。このような状況があることをふまえた上で、従業員から通知が届いた旨の問い合わせがあった際には、スムーズに対応できるように、今回送付された資料を見ておきたいものです。なお、資料一式は以下で確認することができます。
http://www.saibanin.courts.go.jp/notification/envelope/index.html

 また、従業員が裁判員に選任された場合の休暇やその際の賃金の取り扱いなど決めていない場合は、早急に決定し、併せて書式なども揃えておくことが望まれます。


関連blog記事
2017年9月28日「年休や看護休暇等の法定休暇の前倒し付与等を求める指針の整備」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52137666.html
2010年6月16日「裁判員休暇終了(取消)届出書」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55393989.html
2010年6月9日「裁判員休暇取得(変更)届出書」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55393988.html
2009年5月21日「裁判員制度 私の視点、私の感覚、私の言葉で参加します」
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/50495467.html
2009年9月8日「充実してきた最高裁の裁判員制度Q&A」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/51616534.html
2008年11月29日「裁判員候補者に選ばれた際の注意点」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/51452216.html
2008年11月24日「裁判員制度で支給された日当等は雑所得の取扱いを」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/51454719.html
2008年11月21日「裁判員休暇規程」
http://blog.livedoor.jp/shanaikitei/archives/55178248.html

参考リンク
最高裁判所「名簿記載通知について」
http://www.saibanin.courts.go.jp/notification/index.html

(福間みゆき)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。