初任給 採用難もあり、近年、初任給の上昇が続いています。そこで今回は経団連が先日発表した「2017年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」について見てみましょう。この調査は、経団連企業会員および東京経営者協会会員企業1,937社を対象に実施されたもので、集計企業数485社(有効回答率25.0%)となっています。

 これによれば、前年からの初任給改定状況は以下のとおり、半数強の企業が据え置きとしており、初任給の引き上げも若干落ち着きを取り戻した印象を受けます。
前年の初任給を据え置いた 51.7%
前年の初任給から引き上げた 47.8%
前年の初任給から引き下げた 0.4%

 一方、学歴別の初任給は以下のとおりとなっています。新卒採用において初任給はかなり重要な指標となりますので、相場と大きく乖離することがないようにチェックしておきましょう。
大学院卒
 事務系 229,337円(前年比+1,247円)
 技術系 230,214円(前年比+1.363円)
大学卒
 事務系 212,873円(前年比+1,377円)
 技術系 212,774円(前年比+1,613円)
高専卒
 技術系 187,739円(前年比+1,381円)
短大卒
 事務系 178,016円(前年比+1,211円)
 技術系 180,276円(前年比+1,266円)
高校卒
 事務系 166,846円(前年比+1,025円)
 技術系 167,690円(前年比+1,066円)
 現業系 167,242円(前年比+884円)


関連blog記事
2017年7月11日「産労総研調査の2017年度決定初任給 大卒205,191円・高卒165,628円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52133010.html
2017年5月15日「東証一部上場企業の初任給 前年据え置きが7割も、大卒は遂に21万円台に」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52129122.html
2017年3月9日「東京労働局の初任給調査 大卒は20.3万円、高卒17万円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52125176.html
2016年12月29日「東京都産業労働局 平成28年「中小企業の賃金・退職金事情」調査結果を公表」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52120200.html
2016年11月21日「厚生労働省調査の初任給 大卒203,400円 高卒161,300円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52118173.html
2016年10月17日「経団連企業の今春の初任給 大卒事務系で213,892円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52115992.html
2016年7月19日「初任給を引き上げた企業は33.8% 大卒は204,703円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52109247.html
2016年5月6日「東証第1部上場企業の33.9%が学卒初任給の引き上げを実施 大卒は遂に21万円台に」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52102698.html

参考リンク
経団連「2017年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」」
http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/086.pdf


(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。