がん就労 今や国民の2人に1人ががんに罹患するといわれているものの、医療技術の進歩によって生存率が上昇しているため、退職することなく働き続ける方が少なくありません。しかしながら、治療中の精神的ストレスは相当なものであり、また薬の副作用、更には体調の変化等によって就労を続けることができない方も相当数存在しているのが実態です。中には、企業担当者の心無い一言や無配慮によって職場に居辛くなり、離職を余儀なくされてしまった方もいますが、その多くは、企業担当者のがん患者の就労についての無知に起因するものであると考えられます。

 そこで、今回の日本人事労務コンサルタントグループ(LCG)医業福祉部会では、近藤社会保険労務士事務所の代表である社会保険労務士 近藤明美氏を講師にお招きし、実際に自分自身が一般企業に在職中にがんに罹患した経験をもとに、社会保険労務士として独立後にがん患者の就労支援を多数手掛けてきた実績やノウハウ等をお伝えするセミナーを開催します。特にがん患者に対しての労務管理の注意点や配慮については、最終的に「両立支援規程」としてまとめていくことも可能であり、どういった着眼点でルールを整備するのかといった点も含めて様々な角度からお話頂きます。是非、ご参加下さい。
社会保険労務士が理解しておきたい
がん罹患従業員の労務管理注意点と「両立支援規程」の作り方
講師:近藤明美氏 近藤社会保険労務士事務所 社会保険労務士
従業員からがん罹患の報告を受けた際の企業の初動対応
治療中の配慮と労務管理注意点
職場復帰におけるルール整備と「両立支援規程」の作り方
社会保険労務士ができる医療機関との連携方法 等

[日時]
東京会場
2018年6月14日(木)午後1時30分〜午後4時30分
 名南経営東京支店 セミナールーム(日比谷)
大阪会場
2018年5月29日(火)午後1時30分〜午後4時30分
 エルおおさか 南1023(天満橋)
福岡会場
2018年6月6日(水)午後1時30分〜午後4時30分
 名南経営福岡支店 セミナールーム(博多)

[講師 近藤明美氏プロフィール」
1970年埼玉県生まれ。大学卒業後、一般企業に就職し人事・総務業務に従事。在職中にがんに罹患。治療後、社会保険労務士資格を取得し、法律事務所勤務を経て平成20年近藤社会保険労務士事務所を開業。現在は、埼玉県越谷市を中心に様々な企業の人事労務管理支援を手掛ける傍ら、NPO法人がんと暮らしを考える会 副理事長等に就き、がん患者の就労支援を多数手掛けている。
著書に「がん治療と就労の両立支援 制度設計・運用・対応の実務(日本法令/共著)」「がんと一緒に働こう(合同出版)」等がある。

[受講料(税別)]
一般 20,000円
LCG特別会員 4,000円 正会員 8,000円 準会員 15,000円
※LCG医業福祉部会会員のみなさま
LCG特別会員 2名様まで無料 正会員 1名様無料 準会員 1名様まで8,000円

[お申し込み]
 本セミナーの申し込みは以下よりお願いします。なお、LCGメンバーのみなさんは専用サイトMyKomonよりお申し込みをお願いします。
https://www.lcgjapan.com/seminar/sr-igyou35/

(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu