賞与 昇給も終わり、そろそろ夏季賞与の準備に入るという企業も多いのではないかと思います。そこで今回は先日、労務行政研究所が公表した「東証第1部上場企業の2018年夏季賞与・一時金(ボーナス)妥結水準調査」の結果について取り上げましょう。なお、今回の調査の対象は、東証第1部上場企業(2018年4月27日現在で2,085社)のうち、原則として労働組合が主要な単産に加盟している企業で、このうち、今年の賃上げ交渉と同時期に2018年の夏季賞与・一時金を決定している企業127社の結果を集計したものとなっています。

 これによれば、平均金額は全産業127社の平均で746,105円(対前年同期比2.4%増)と、4年ぶりにプラスに転じています。業種別に見ると、製造業は772,965円(対前年同期比3.0%増)、非製造業は669,594円(対前年同期比0.2%増)となっています。

 東証一部上場企業のデータではありますが、ご参考ください。


関連blog記事
2018年1月29日「従業員数1,000名以上企業の年末一時金妥結額平均は前年ほぼ同水準の830,625円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52144785.html
2018年1月4日「経団連調査の2017年年末賞与調査 最終集計結果は前年同期比0.01%増の880,793円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52143281.html
2017年12月27日「東京都労組の2017年年末賞与の平均妥結額は前年比0.92%増の794,124円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52142802.html
2017年11月23日「都内民間労組の冬のボーナス平均妥結額は対前年比0.04%増の752,189円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52140649.html
2017年10月10日「東証一部上場企業 2017年冬季賞与の妥結水準は前年比▲365円の712,898円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52138309.html
2017年8月4日「経団連企業の2017年夏季賞与は前年比▲2.98%の878,172円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52134554.html
2017年8月1日「都内民間労組の夏季賞与 平均妥結額は744,052円(▲0.59%)」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52134064.html

参考リンク
労務行政研究所「東証第1部上場企業の2018年夏季賞与・一時金(ボーナス)妥結水準調査」
https://www.rosei.jp/jinjour/article.php?entry_no=72948


(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。