産労総研調査の2018年初任給 ここ数年の新卒採用環境の厳しさを背景に、初任給水準の上昇が続いています。そこで本日は産労総合研究所が先日公表した「2018年度 決定初任給調査」の内容を取り上げましょう。なお、この調査は、全国1・2部上場企業と過去に本調査に回答のあった同社会員企業から任意に抽出した3,000社に対して実施されたもので、今回の集計は回答があった321社の結果をとりまとめたもの。

 これによれば、2018年4月入社者の初任給を引き上げた企業は40.8%と、前年度の34.6%から6.2ポイントもの増加となっており、学歴別初任給は以下のとおり。
大学院卒
博士 231,095円(前年比+1,695円)
修士 223,162円(前年比+1,604円)
大学卒
一律 206,333円(前年比+860円)
格差あり:最高額 219,751円(前年比+3,927円)
格差あり:最低額 191,710円(前年比+1,806円)
短大卒・高専卒
短大卒 事務 179,508円(前年比+1,358円)
高専卒 技術 186,730円(前年比+1,184円)
高校卒
一律 167,249円(前年比+958円)
格差あり:最高額 177,908円(前年比+2,357円)
格差あり:最低額 164,781円(前年比+3,060円)
専修・専門技術学校卒
2年修了 184,350円(前年比+1,782円)
3年修了 189,493円(前年比+1,494円)

 このようにかなり大きな引き上げ幅になっています。新卒採用において初任給は非常に大きなポイントとなりますので、採用競争力を維持する意味からも他社と比較し遜色のない水準になっているかチェックしておきたいものです。


関連blog記事
2018年5月15日「東証第1部上場企業の大卒初任給 遂に21万円台に」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52150653.html
2018年3月23日「高卒以外上昇の止まった東京都の新卒初任給相場」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52147459.html
2017年11月17日「厚労省賃構統計調査に見る最新の学卒初任給 大卒は206,100円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52140526.html
2017年11月10日「経団連調査の大手企業初任給は大学卒事務系で前年比+1,377円の212,873円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52140115.html
2017年7月11日「産労総研調査の2017年度決定初任給 大卒205,191円・高卒165,628円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52133010.html
2017年5月15日「東証一部上場企業の初任給 前年据え置きが7割も、大卒は遂に21万円台に」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52129122.html
2017年3月9日「東京労働局の初任給調査 大卒は20.3万円、高卒17万円」
http://blog.livedoor.jp/roumucom/archives/52125176.html

参考リンク
産労総合研究所「2018年度 決定初任給調査」
https://www.e-sanro.net/research/research_jinji/chinginseido/shoninkyu/pr1807.html


(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。