リファラル採用 近年、深刻な人材不足の中で増加しているのがリファラル採用です。リファラル採用とは要は社員紹介制度のことを指しますが、先日、リクルートキャリアは、リファラル採用関する調査を実施し、現在、正社員または契約社員として働いていて、知人の会社に誘われた経験のある650人からの回答をまとめ、公表しました。

 この中の「知人から誘われた際にどう行動しましたか」という設問への回答は以下のようになっています。
選考を受けた 54.8%
 入社を決めた 26.5%
 辞退した 19.4%
 不合格だった 8.9%
話だけ聞いた 33.1%
その他 6.8%
話も聞かなかった 5.4%

 このように全体の54.8%が知人の誘いを受け、選考を受けたとの回答をしています。更に、そのうち、70.2%は「以前から興味を持っている会社・事業だった訳ではない」と答えています。
 採用手法は多様化していますが、この古くて新しい「リファラル採用」の活用を検討する価値は大きいのではないでしょうか。
参考リンク
リクルートキャリア「リファラル採用で声をかけられた人の実態調査」
https://www.recruitcareer.co.jp/news/20190304.pdf

(大津章敬)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。