zu 6月となり、労働保険の年度更新の申告書が事業所に届いた時期かと思います。そのような中、先週、日本年金機構より「算定基礎届の記入・提出ガイドブック(令和元年度)」が公開されました
 今年度の算定基礎の変更点としては、7月改定の月額変更届を提出する被保険者および8月または9月に随時改定が予定されている旨の申出を行った被保険者については、以下のとおりの取扱いとすることがガイドブックで解説されています。
・算定基礎届の報酬月額欄を記入せず、空欄とする。
・備考欄「3.月額変更予定」を○で囲む。
・電子媒体申請および電子申請の場合は、これらの被保険者を除いて作成する。
・8月または9月の随時改定予定者で、随時改定の要件に該当しないことが判明した場合は、速やかに算定基礎届を提出する。

 まず労働保険の年度更新から先に進めることになるとは思いますが、変更点のみでもまずは確認しておきましょう。
↓「算定基礎届の記入・提出ガイドブック(令和元年度)」のダウンロードはこちらから!
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51570860.html


参考リンク
日本年金機構「令和元年度の算定基礎届の提出について」
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2019/201905/2019053102.html

(宮武貴美)
http://blog.livedoor.jp/miyataketakami/

当社ホームページ「労務ドットコム」および「労務ドットコムの名南経営による人事労務管理最新情報」「Wordで使える!就業規則・労務管理書式Blog」にもアクセスをお待ちしています。

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。