zu 雇用保険の基本手当の算定基礎となる賃金日額の範囲等については、毎月勤労統計の平均定期給与額の上昇、または低下した比率に応じて毎年自動変更されています。平成31年度については、平成30年度の平均給与額が平成29年度と比べて約0.89%上昇したことに伴い、以下のとおりの引上げが実施されています。
基本手当の日額の算定の基礎となる賃金日額の範囲等の引上げ
 最高額:受給資格に係る離職の日における年齢に応じ次のとおり
  □60歳以上65歳未満:7,087円 → 7,150円(+63円)
  □45歳以上60歳未満:8,260円 → 8,335円(+75円)
  □30歳以上45歳未満:7,505円 → 7,570円(+65円)
  □30歳未満: 6,755円 → 6,815円(+60円)
 最低額
  □1,984円 → 2,000円(+16円)
失業期間中に自己の労働による収入がある場合の基本手当の減額の算定に係る控除額の引上げ
 令和元年8月1日以後、1,295円→ 1,306円と引き上げられる。
高年齢雇用継続給付の算定に係る支給限度額の引上げ
 令和元年8月1日以後、360,169円→ 363,359円と引き上げられる。
 これらに関連するリーフレットが公開されていますので、合わせてご確認ください。
雇用保険の基本手当(失業給付)を受給される皆さまへ 雇用保険の基本手当日額が変更になります〜令和元年8月1日から〜
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51578990.html
高年齢雇用継続給付 育児休業給付 介護休業給付の受給者の皆さまへ 令和元年8月1日から支給限度額等が変更になります。皆さまへの給付額が変わる場合があります。
http://blog.livedoor.jp/leafletbank/archives/51578991.html

参考リンク
厚生労働省「雇用保険の基本手当日額の変更〜8月1日(木)から実施〜」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05967.html
厚生労働省「令和元年8月1日からの基本手当日額等の適用について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000160564_00005.html

(宮武貴美)

当社ホームページ「労務ドットコム」にもアクセスをお待ちしています。

facebook最新情報の速報は「労務ドットコムfacebookページ」にて提供しています。いますぐ「いいね!」」をクリック。
http://www.facebook.com/roumu

当ブログの記事の無断転載を固く禁じます。