2009年07月29日

まずはコレをみてください。

SW20CL











SW20の?型がデビューした時、ベスモで紹介している動画から転載しました。
CD値はま、どうでもいいんです。問題なのはCL値!!
CLf -0.004、CLr 0.05ですね!!ありえなくないですか!?

一般的な乗用車はCLのバランスは、リアに比べてフロントの方が高いと思います。
レースカーでも無い限り(車高を下げて腹下を完全フラットにしたり、
大型のウイングを付けたりしない限り)高速域では空気の力によって車体が
浮き上がる力(リフト)が発生すると思うのですが、それならば
リアより、フロントのリフト量を多くする事によって、高速域で
フロントのグリップを減少させ、オーバーステアが発生しないように
するのが普通だと思うんです。(まぁ一般的にラジエーターを通った空気は
下に抜くので、構造上フロントの方が浮き上がるとは思うのですが。)
要するに安全性を配慮に入れた設計ですね。
ジオメトリー変化で、フロントをバンプアウト、リアをトーインにすることも
同じような、安全性を配慮に入れた理論で成り立ってると思います。

ところが、この動画のSWのCL値が正しいならば、フロントは高速域でも
ほとんど荷重に影響はなく、リアが浮き上がってグリップ力が減少するのです!!

ただでさえミッドシップで流れ出しが早く、高速域ではひじょ〜に
ナーバスなクルマなのに、(逆に100km/h以下の低中速域だと、
ヨーの強さとトラクションの良さを生かせば、同クラスのFRよりは
速く走れるとは思うのですが…)
さらにリアが浮き上がって、リアタイヤのグリップ力が減少すれば
それこそ、一瞬でスピン状態に陥ると思うのですが…。

もしかして風洞実験ミスった??実はこの値は間違ってるとか…。
って思ってしまう位、ぶっちゃけありえない!!

まぁでも、昔の車の腹下を見ると、何でこんな構造にしたんだろう…?
っていうクルマ結構あるので、なんとも言えないのですが…。
例えばスイングアクスル式サスペンションとか…。
初めて見たときは「なんだこれは…設計したヤツバカじゃねえの??」
って思いましたが、それは格段に進歩した技術を知っている現代の人間(自分)
が見た所為で、当時としては画期的な技術だったのかもしれません。

話は逸れましたが、とにかくSWがデビューした年('89年)では
「CL値?なにそれおいしいの?」とか
「リアのCL値減らして、リアタイヤの負荷軽減しようぜ!!」という
現代から見たら狂っていると言われても仕方のない事を
もしかしたら平気でやっていたのかもしれません…。

と考えると、この値が本当に正しいのか間違っているのかはわからないのですが…。
とりあえずMR2のCLに関する情報がこれ以外ないので、この値を正しいと想定して
考えると…。リア羽いりますね。てか、羽無いと死にますね。

フロントに関してはこれを見る限り若干ですが、
マイナスリフトなので、空力パーツ不要かも??

ちなみに、この値は?、?型の数値であり、?、?型、そして?型では
それぞれ空力パーツが変わっていますので、
必ずしも自分のMR2に当てはまるとは言えないのですが…。
?型以降ではフロントスポイラーが大型化と、リアスポイラーの形状変更
がなされており、?型ではフロントにエアストレーキが装備され、
リアスポイラーは可変式ウイングタイプに変更されています。

ところで現在の自分のMR2といえば…

sw20spolier














リアスポレス。

はい。危険ですね。これ。
確かに100km/h超えるとやったら、フラつくとは思っていたんです。
アライメントもあるとは思うのですが、このお飾りみたいなリアスポも
ちゃんと役に立っているのですね!!
ちなみに、純正の癖にトランクをヘコませる程度の能力をもっています。
つまりは純正リアスポですらリフト軽減に役に立っているということで、
それだけでも個人的には大満足です。

とりあえず、現在はGTウイングを買うほど資金的に余裕もないので、
純正リアスポにゲタでもかませて(かっこよく言うならスペーサーw)
ちょっとでもダウンフォースを稼げるような(リフトを軽減できるような)
ビンポーチューンでも施してみたいと思います。

(22:55)

2009年07月23日

7/20にMR2でおわら行ってきました!!
まぁタイムはかな〜りしょぼいです。チンカス以下です。

タイムはいいとして、ドライビングに絞ってお話しますと、
まずABSってすばらしい!!某なんとかDとかいう漫画では
人間のコントロールに、ABSでは勝てない云々とか言ってますが、
あれウソです。いや、マジで。

ABSなしだと、どれか一輪でもロックすると、そのタイヤが発生できる
制動力は極端に落ちます。かといって他のタイヤはまだグリップに
余力がある訳ですから、ブレーキを緩めるのもナンセンスです。
で、ビートの場合ABSが無いので、おわらでは一輪ロック状態は当たり前。
2輪ロックしそうな状況で、初めてブレーキをコントロール、
という感じで走っていました。
それに対してMR2ですが、4輪独立で勝手に制御してくれます。
まぁバカみたいに全開でブレーキを踏める、っていう利点もありますが
それ以上に、それぞれのタイヤが最大の制動力を生み出してくれる、
というのが大きいです。重量がビートの2倍程度あるにも関わらず、
制動力は明らかに上だと感じました。
逆を言えば、大きな制動力を発揮してくれるが故に、ブレーキを
もっと気合入れないと速くは走れそうに無いです。今回のおわらでは
明らかに制動力が余ってましたので、そのあたりを今後の課題にしていきたい
と思います。

次にコーナリングですが、車輌が若干オーバー気味なのか
フロント荷重を乗せたままターンインすると、どうもリアが流れてしまいます。
で、逆に荷重を抜いてターンインすると自然に入れるのですが、
それだとブレーキポイントを手前にしなければならない…。
デフがあればそもそも進入でオーバーが誘発されにくいでしょうし、
仮にオーバーが出ても、そこからトラクションかけつつ
オーバー殺しつつ、と立ち上がれるのでしょうが、残念ながらMR2は
デフなしなので、どうしても進入時からオーバーが出ないようにしないと、
立ち上がりで全くトラクションがかかってくれません。
トラクションがかからないので、かなりアクセルを我慢しなければならず
正直ストレスたまりまくりですw全然楽しくありませんw
やはり最低限デフはほしいですね…。

あと、デフなしの状態でこんなことを言うのもアレですが
自分のドライビングの癖なのか、コントローラブルなクルマで
タイムを出す走りをするのがどうやら苦手のようです。
というのもコントロール幅の広いクルマですと、その広い幅の中で
最もタイムの出る走りを選ばなければなりませんが、
シビアなクルマの場合、コントロール幅の中にいれば
同時にそれなりに良いタイムが自然と出る気がします。
ビートの場合、セッティングをかなりアンダーに振り、
リアが基本流れず、流れてもゼロカウンター程度という感じで
それ以上リアが流れるようですとスピンするしかない!という、
まさに0か1という感じのセッティングでした。
対して今のMR2はリアが流れて、結構大きめのアングルが付いても
戻せる位余裕があるため、逆に一番タイムの出せる、良い按配の流し方
が出来るように成らなければいいタイムは望めないかなぁ、と感じました。

デフを入れればまた変わるでしょうが、出来れば足とタイヤで
もう少しアンダーの強めなセッティングにしたいですね…。


と、まぁこんな感じでまだまだ課題は多いですが、
逆にもっと進化できる望みがある!!と思いたいですね…。はい。


(21:35)

2009年07月18日

悪魔の季節がやってきた!!それは夏!!
人間が辛いのはもちろん、クルマにも負荷のかかるこの季節。
せめて少しでも冷たい空気を入れてあげましょう!!

っつー訳で先日落札したインタークーラーを遂に装着しました!!
いや、正直めちゃくちゃきつかったです。
なんでインタークーラー交換の為に、エアコンコンプレッサーやら
エンジンハンガーまで外さなければならんのよ…。

天候にも恵まれず、2日もかかってしまいました…。
ちなみにエアコンコンプレッサーは大変でしたが、装着し直しましたよ!!
いや、暑いの嫌じゃないですか。

すません嘘です。いや、ある意味本当だけど。
エアコンガスの処理が出来ませんでした!大気に開放してしまったら
オゾン層が破壊されてしまうではないですか!!
そんな事は許されないですよね!!

すませんまた嘘です。地球環境とかぶっちゃけどうでもいいです。
フル直管最高です!!やってないけど。
たま〜に妙にフル直管のVTECの音が聞きたくなります。

で、本当の理由は単に配管が外れなかっただけです。
あと、エアコン外して軽量化する程の価値が現時点ではないですしね!
最低限デフはなければ、サーキットではお話になりません…。
インタークーラーの話だったハズなのに、いつのまにかエアコンの話に!!

まぁそれはいいとして、インタークーラーとその配管が若干変わったし
ブースト上がるんじゃね??と期待したのですが…変わらず。
てか、ブースト低すぎ!!0.65kとか!!冬場は0.85k程かかっていたのに!!
気温が高いとはいえ、幾らなんでもこの差はおかしくないですか??
実際のところ、この差はどうなんでしょうか??
ちなみにSW20の純正ブーストは0.8kみたいです。

とりあえず、メンテナンスして直らないかと考えているのですが…
インタークーラー交換以外にも、怪しかったプラグやオイルを交換をしても変わらず。
で、現在エアクリの洗浄中です。明日は劣化したターボの配管のゴムホースを
新品に変えようと考えております。それでダメなら…泣きます。

(02:27)

2009年06月28日

6/20はレーシーさん主催のクリクリくりっと走行会逝ってきました!
車輌はもちろん、城山耐久号のEG4です。

10分×6セットという内容で、アラレさんと自分の二人での参加だったので、
一人3セットずつ走りました。

で、結果ですが…。
ベストタイムはアラレさん、57秒1で、自分は57秒9…
コンマ8秒も遅い!!
いくら10年近くの経験の差があったとしても、ちょっと遅すぎやろ!!

いや、アレ。
ちょ、言い訳していいですか。




FFこわい。




最近はFFで結構練習したお陰で、FFでコーナリング中にリアが
出たときと対処も大分出来るようになってきたのですが。
寧ろ、インフィールドのヘアピン等では、うまく巻き込ませて
走れるようにもなったのですが。




ブレーキこわい。




いや、これ普段ミッドシップ乗ってる所為だと思うんですが、
ミッドシップだと、減速のブレーキでフロントがロックすることはあっても、
リアが暴れるなんて事よっぽどないじゃないですか。
でもフロント重い車だと、ブレーキングでリアの荷重ほどんとなくなるじゃないですか。

まぁ、アレ。

別にヘタクソなんじゃないんだからね!!///




単にヘタレなんです。



寧ろダメじゃん。




いや、最近昔みたいなアツさがなくなったんかもしれないですね。
昔だったら、クラッシュとか全然考えずに、ただクルマの性能だしきるぞ!!
とか頑張ってたのに。
最近はクラッシュしたらどうしよう、とか無難に乗り切ろうとしてる気が…。
いってしまえば、サーキットを「攻め」ておらず、ただただ守りに徹しているような。

つーか、世の中のほとんどの車はフロントにエンジンがついてるのに、
フロントエンジン車乗れないってどうなんよ。


「パンがないならケーキを食べればいいのに」




「腕がダメならパーツで誤魔化せばいいのに」



ハネ



ハネつけましょう!!!!!!!!!!!!

(16:17)

2009年05月27日

どうもおひさしぶりです。
いきなりですが、みなさんHUNTER×HUNTERという
マンガを知ってますでしょうか??
少年ジャンプで連載されていて、休載ばっかりしてるやつです。
正直作者サボりすぎだろ!!って思う人も多いと思いますが、
あれには理由があると思うのです。

つまり、物語を展開しすぎて、その展開したネタを回収するのが
難しくなっているのではないか?と。
フラグを立てすぎて、回収ネタが思いつかない、みたいな。

ハナシを自分のブログに戻すと、自分も同じような状況に陥ってます。
最後にブログを書いたのが2月終わりで、今5月終わりなんで、
およそ3ヶ月空いている事になりますが、当然3ヶ月分もあれば
書きたいことは山ほどあります。

おわらでビートのラジアルタイムを更新した事。
耐久シビックでの、おわらの雨のテスト走行の事。
Coomacの第1戦の結果報告。
MR2の今までと、今後のチューニングを走りの内容。
あとは、今大学内でやっている学生フォーミュラの活動とか…。

ただ、それを書く時間もない!!意外と忙しいんです。

という感じですかね。まぁつまり簡単にまとめると…。
サボりはじめたせいで、ブログが現実に追いつかなくなってるという…。
つまりサボんな!!ってことです。はい。


とりあえず動画だけ貼って、お茶を濁しておきますwww

ビートでラジアルベストを更新した時の動画↓


雨の耐久号での動画。めっちゃミスってます↓




それではまた来世であいましょう!!Yeah!!

(07:33)

2009年02月26日

富山最速決定戦の時の、間瀬の車載カメラを見ていて
あることに気づきました。

HTなしHTあり








ハードトップありの方が回転数が高い=最高速が速い!!

回転数にすると大体HTなしで、7200rpm位。HTありだと7600rpm位です。
コレをギア比から計算すると…。

HTなし → 7200÷0.941÷6.230×564π×10^-6×60≒130.6km/h
HTあり → 7600÷0.941÷6.230×564π×10^-6×60≒137.8km/h
と、HTありの方が7km/hも最高速が高い計算に!!

HTの重量が大体7〜8kgなんで、その重量以上に空力が及ぼす力の方が
大きいって事ですね。
まぁ、最高速が高いからと言って、タイムが縮まってるとは言い難いですが…。
空力が及ぼす力が少ない速度域では、単純に重量物が乗っている訳ですからね。
しかも、重心より遥か上方に…。実際おわらでは、HT無しの方が速いですし。
単純に考えれば、平均速度が高ければタイムは縮まりますからね。
(だからと言って、平均速度を上げるために過度な大回りしては本末転倒ですが…
 富山最速決定戦でタイムが出なかった理由はコレだと思われます。)

ただ、間瀬に関しては恐らくHTありの方が速いと思います。
ビートのようなローパワー車にとっては、直線の速度がタイムに及ぼす力が、
コーナリングスピード以上に大きいと思われるので…。

今よりコーナーを犠牲にしてでも、直線を重視したセッティングで
間瀬を走れば…。もうちょっとタイムアップできるかもしれません…。
ただそれがわかっても、MR2があるのにビートで間瀬を走るのは…
ちょっと気が引けますね。得るものが少ないような気がします。


(01:57)

2009年02月25日

お久しぶりです、ろうたです。
テストとかバイトとか忙しくて相当放置してました。すみません。
知り合いでも当ブログを見てくれてる人が、意外といるみたいなので
それなりにがんばってブログも更新したいのですが…。

今月20日から、3月4日まで休みなしでバイトですよ…と。正直死ねますwww
まぁ、タイム出せるマシンを作る為に、気合いで頑張ります!!

ミッドシップ







どうでもいいことなんですが、自分はビートやMR2みたいな
ミッドシップばっかり乗ってます。正確にはFFのパワートレインを流用した
安価なミッドシップですね。(まぁどっちも安価って程でもないですが)
そのお陰か、今まで横置きミッドシップこそ、最強!!って思っていました。

だって、FFやFRと違ってトラクションはバツグンだし、
おまけに、ペラシャも不要なんで駆動ロスも少ない!
ドラシャに関しても、リアはステアリングを切らないので
折れたりする可能性も少ない!!利便性は正直最悪だけど、
走るためにはうってつけじゃん!!

って思っていたのですが…
横置きミッドシップにも弱点があることを発見してしまいました。


一つ目は、カーノックが大きいって事です。アクセル操作が乱雑だと、
車体が前に後ろにガグンガグンと揺れますが、その揺れ方がFFやFRの比ではない!!
縦置きだと、車体は縦に揺れるけど、エンジンは横に揺れるので、
そんなに気になりませんが、横置きだと車体もエンジンも縦に揺れる所為か、
やったらカーノックがでかいんです、特にミッドシップだと、トラクションが
大きい為、それが躊躇に現れる気がします。
ま、ぶっちゃけ繊細なアクセルワークが出来れば問題ないんですけどね。
実際、サーキット走行時ではそんなに気にならないですし。
という事で、これに関してはまぁ腕とかエンジンマウントでどうにかなるレベル
の話なんで、まぁ次行きます。

二つ目は、MR2で定常円旋回やってたんですが、右周りは普通にカウンター当てて
回れるんですが、左周りは幾らやっても内側が空転して出来ない!!
なんでかなーってずっと思っていたんですが、ようやく気づきました。
ドラシャの長さが左右で違うんで、左右のトルクのかかり方も違うんですね。
MR2はミッションが助手席側にいるので、左のドラシャが短く、右が長い。
左側はトルクの伝達効率がいいので、右周りの定常円は出来るけど、反対は無理。
っていうオチでした。まぁ、カスビスで定常円やろうとしてる俺が間違ってるのです。
どっちにしろ最終的には機械式のデフ入れるんで、関係なくなりますね。


というわけで、やっぱり横置きミッドシップ最強じゃん!!!
っていうオチで、今回の日記は終了してもいいですか??続きを読む

(01:01)

2009年01月13日

kago








見ての通り、ブログのタイトルを「ろうたのひとりごと」から
「籠の中の酉は 何時出やる」に変えてみました。
意味は「(ロール)ケージの中のドライバーは、いつトップに立てるのか」
的な意味ですw
おそらく説明なしでは、ほとんどの人には意味が伝わらないと思いますが…

とりあえず不評なら戻します…。




あと、無駄に多くあった過去の日記も、若干整理しました。
見てて痛い日記とかもたくさんあったんでwww

整理する際、過去の日記を見ててあることに気づきました。
ビートを手に入れた時も一番最初にやったことが不要パーツ(主に内装)の撤去。
最近入手した、MR2でも全く同じ事してますね。
つまり何が言いたいかというと…



まるで

まるで成長していない…。







そういえば土曜日の夜も雪ドリまし〜んでttym行ってきましたよ!!
稀に見る、最高の雪質でした!!
「今夜でなければダメなんだ 同じ夜はもう2度とやってこない」by湾岸
という訳で本コースを走りまくりました!!
今回はカッコよさより、速く走ることを意識してみました。

気づいた事といえば、自分の走行スタイルなんですが
友人の多くは「積み上げていく」走りをするのに対して、
自分は「削り取っていく」走りをするかなぁ、って感じました。
つまり、友人達はいきなりタイヤのグリップの限界を使って走ろうとせず、
徐々にそのレベルを上げていくのですが、
自分はタイヤが滑っていようが、横向いていようがカチ無視で踏みまくる!!
そこから速く走るために、無駄な部分を削ぎ落としていく感じでしょうか。

イメージ的にはドリフターが、無理やりグリップで走ろうとしています、みたいなw

しかし、まだまだ無駄を削ぎ落とすレベルが甘いのかな、とも感じました。
リア駆動ならちょっと位駆動輪が滑っていても、極端には遅くはならない、
寧ろ積極的に滑らせて走った方が、速い場面さえあるのに対して、
FFだと駆動輪が滑っていて良いという場面は基本的にあまり無い(と思う)ので
アクセルをどこまで我慢できるか…。特にメインで走ってる車がミッドシップ
(トラクションが良いので、基本的に立ち上がりでのアクセル開度は多め。)
なので、どうしてもその癖でFFやFRに乗ると、無駄が多い気がしますね。
姿勢制御もミッドシップの癖で、早めに抑えようとしてしまうので
(ミッドシップだと、スリップ角が大き過ぎると制御できませんから)
ヨーもうまく使えていない気もします…。

なんか、うまくまとまっていないですが、今日はこのあたりで…。

(00:44)

2009年01月09日

HI370125HI370124








うーん、今回は簡単だとぼくは思っていた。
だって、MR2は競技車輌だものね。これからもタイムアタックで上位狙っていかなければならないのだ。
この質問のこたえなんて考えるまでもない。けれど、最近のSWのポジションを、みんながどんなふうに感じているのか、それが探りたくてこのテーマにしたのだ。

するとあらら、不思議。寄せられたのは厳しい反軽量化派・反改造派のメールばかりだった。なぜなのかしらん? というわけで、今回は多数を占める「しなくていい」派からいってみよう。

「MR2の軽量化は『望ましい』ことであって、『なすべき』ことではない」(富山県・RIさん)。
「都合のよいときだけ、新車輌で更なるタイムアップといいながら、いざ走るとエコタイヤだ、デフがないだといい訳する人間に、なぜいじられなければならないのか?」(トヨタ・MR2さん)。
「SWの軽量化はしたほうがいいに決まっているが、快適性を犠牲にしてまで軽量化する必要はない」(富山県・MKさん)。
「走り屋ごっこのような車輌ならいらない。MR2は必要があればチューンし、なければメンテナンスのみでちょうどいい」(富山県・MIさん)。

ふー、びっくりした。でも、反対派の意見はほぼ一点に集中している。
SW20はハイパワー車だから、軽量化する必要はないというもの。それ、ほんとなのかなあ。


今回のこたえは数字のうえでは「しなくていい」派が圧倒的だったけれど、
応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。

MR2の軽量化はしたほうがいい。 あたりまえの話だよね。
メールをくれた「多数派」はもっとレーシングカーや競技車輌を見たほうがいいのではないかな。


元ネタ・サイレントマジョリティを考慮にいれるガイドライン
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/gline/1213537030/




長くなりましたが、あけましておめでとうございます。
新年からさっそくぶっ飛ばしてみました。

新年ということでこんなもの作ってみました。

2009








もちろんコラですよwww

さて今日は画像にもある通り、MR2の軽量化に着手してしまいました。
おわらとか走って思ったんです。
頭の入りとか、横向いた時のコントロール性はビートより全然いいのですが
どうも重さを感じる…。動きが大きいというか。
まぁデカイし、重いから仕方ないんですが…。
なんといっても1300kgありますからね…。ほとんどビートの2倍です。
パワーは4倍以上だけどwww

慣れの問題もありますが、どちらにせよ重すぎなんで車輌は
軽くしたいな、って思いました。パワー関係は後回しで。
できれば、1200kgまで軽くしたい!!
今回はトランク内のみでしたが、そのうち内装が無くなったり、
エアコンが外れたりすると思います…。

ボンネットとドアは…できれば鉄のままで…。

(00:01)

2008年12月29日

おとといあたり、雪が降っていたので
ttymに遊びに行きました。(´∀`*)
ついでといっちゃあ何ですが、今年の雪ドリまし〜〜んを紹介しておきます。
とだい







JA4トゥディ前期です。
ハッチバックじゃないので、荷物は積めないですが、
リアの剛性感、安定感はなかなかのものです。
去年までは普通にビートで通学、通勤から雪ドリまで
走っていましたが、流石に今の足回りを全て純正に戻して
走るのは大変だし、クラッシュしたらもったいないので、
足クルマ買いました。ちなみに現在3台所有です…。
Hi370114-2







もちろん、お金に余裕なんて全然ないですよ!
一時期やめたパチ屋のバイトもまた始めましたしw

で、ttymと言えば、練習コース、本コース、裏コースの三つがありますが…。
とりあえず、練習コースでアクセル全開で肩ならしはOK!!
そしてその後、後輩の意向で少年へと向かいました。
少年は走ったことないんだよな〜と思いつつ1本練習、
2本目でデミ男の後輩の後ろを走るが…追いつけない…。
うそ〜〜ん!!!!(´−д−;`)

完全にやられましたわぁ〜!!!くやしい〜〜!!。・゚・(ノД`)

FFってアンダーしか出なくてつまんね〜。
特に、JA4前期はリアが安定しすぎてさっぱり振れね〜〜!
と思っていましたが、サイドの使い方次第でなんとかなりますね。
コーナー侵入からサイド引きっぱなし、カウンター当てっぱなし
アクセル踏みっぱなし!で結構遊べます。
しかし、後輩はサイドは侵入しか使ってない模様…。
確かに引きっぱなしじゃなくても、ヨーをうまく使って
かっこよくキメてました!!速さだけでなく、かっこよさでも敗北…。

うむ…FFって難しい…。
まぁ、その練習の為にトゥディを買ったようなものですから
今シーズンはFドリ練習しまくるぞ!!d(´∀`)b

(19:39)