シングルパパの中高ダブル受験奮戦記大学受験編

旧ブログタイトルは「シングルパパの2015年中高ダブル受験奮戦記」です。首都圏在住のシングルパパ。ごくふつーのサラリーマンをしながら、娘2人の2015年2月中学&高校受験応援日記として始めました。それぞれ、某私立校に進学。今後は、中高受験の振り返りと大学受験応援記を綴ります。

4月24日(月)

2月下旬以降、複数の大手予備校などの大学入試報告会、大学受験イベントに参加して情報収集しました。

とても参考になりました。また、有意義でした。

回ってみて感じたことを、少しずつ書いてみます。

まず、第1回目の今日は、イベントの内容についてです。

似たようなタイトルのイベントであっても、それぞれに予備校の個性が出ていて、切り口が異なったのが印象的でした。

①センター試験をはじめ、大学全般の志願者動向にフォーカスしているケース

②東大、京大、早慶、医学部のみにフォーカスして、入試トレンドを解説するケース

③旧帝大、早慶上智、理科大GMARCHにフォーカスして、入試トレンドを解説するケース

④2017年の入試トレンドは総括と東大、早慶、医学部のみ触れ、現中3生から始まる新大学入試制度にフォーカスして解説したケース

⑤入試トレンドは概略のみ触れ、特定の難関大学の出題傾向にフォーカスしたケース

特徴を分けると、こんな感じでした。

実際に回ってみて、これらの個性が、そのまま彼らのマーケティングを表しているということなのだろうと思いました。

つまり、難関大学受験生を中心にしている予備校と、難関大から入学しやすい大学まで幅広い受験生を対象にしている予備校、あるいは医学部に強いなど、特徴を打ち出しているケースです。

また、出題傾向にフォーカスしているケースは、授業内容をアピールしたい狙いを感じました。

大学入試の風向きが、少し変わろうとしている今、受験生だけでこれらの情報収集をするのは少々大変です。

保護者が関与し過ぎてもいけないのですが、考える材料を集めてサポートするという意味で、個性の違う予備校を複数回り多面的に情報収集することの大切さを感じました。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)













中学校受験 ブログランキングへ

4月23日(日)

毎年、年度初めのこの時期に記事にして、お奨めしている中学受験イベントがあります。

例年、4月29日の祝日に開催される、伝統女子校9校による合同説明会「女子校アンサンブル」です。

過去、私がさつきとメイの中学受験を考えるにあたって、ずいぶんと参考にさせていただいたイベントです。

繰り返しになりますが、情報を整理すると、以下の通りです。

会場は、西早稲田にある学習院女子大学。対象は、中学受験のみ。参加校9校は、いずれも高校募集の無い中高一貫校です。

参加校の顔ぶれは、跡見学園、学習院女子、恵泉女学園、香蘭女学校、実践女子学園、東京女学館、東洋英和女学院、三輪田学園、山脇学園。

女子御三家は参加しませんが、歴史があり個性豊かな各校の説明を一度に聴くことができる上、個別相談も全校OK。更に、各校の行事紹介映像もまとめて見ることができます。

多数の学校が参加する合同説明会の場合、各校の説明は5分程度のリレー方式のケースが多いです。

ところが、この女子校アンサンブルは、各校20分程度と合同説明会にしては長いのが特徴。ある程度の感触はつかめる長さです。パンフレットも全て揃いますし、個人的にはオススメの説明会の一つです。

以前、このイベントの生かし方について質問をいただいたことがあるので、当時の自分の経験を書いておきます。

まず、しっかり生かそうと思うと、丸1日かかります。

自分は、ほぼ開場と同時に行って、各校のミニ説明会にフル参加しました。

各校の人気の差は多少はありますが、特にメイの時は、連ドラ効果で東洋英和は大人気。20分の説明会は、立ち見が出ました。また、山脇ルネサンスと称される学校改革と新校舎が話題の山脇学園も満席でした。

このイベントの特徴のもう一つが、各校の広報DVD映像がまとめて見られることです。公開行事でない体育祭や、入学式や卒業式の様子が出ていたり、生徒さんが制作したCMを流した学校もあり、各校を実際に訪れるわけではない合同説明会の限界を超える効果が得られます。

個別相談コーナーは、結構待ち時間もありますが、その気になればまとめて9校聞けるのは大きなメリットです。

本人を連れて行くのが一番ですが、親だけで行っても十分参考になります。

ネックは昼食。祝日ですが、近くにファミレスを含むいくつかの飲食店は開いていました。ただ、混み合います。

自分は、マックで済ませた年もありましたが、マックが混み合っていたため、コンビニのおにぎり3個で済ませた年もありました。

このイベントは、午後入試に関する情報収集にも役立ちます。

今は、名門である東京女学館や恵泉女学園が午後入試をやっているので、午後入試を考える意味でもいい機会になると思います。

ご興味のあるかたは「女子校アンサンブル」で、検索してみてください。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)












4月22日(土)

先日、さつきが通う予備校の新学期が開講し、さつきは新たな週間スケジュールで登校が始まりました。

予備校の方は、高校2年生までと様相がかなり違ってきたそうです。

高2クラスの時は、どの科目もそれほど多い人数ではなかったようですが、高3クラスになると人数が増えて教室も大型になったりして、雰囲気の違いに少し驚きがあったようです。

「やっぱり、高校3年になると違うんだね…。」

初回講義に参加したさつきは、こんな感想を漏らしました。

「これまで居なかった、都立、県立勢らしき人とか、かなり自由な校風の人が混じってきた。」

こんな話を聞くと、受験イヤーを迎えて4月から新たなスタートを切った高校生が多くいることを実感します。

さつきは、漠然とした不安に襲われたようです。

「最近、ちょっと成績が上がって来たけど、やっぱりこれからはみんなが走り始めるから、ここから先は大変なんだろうな…。」

強気と弱気が交錯する、不安定な心理は受験生だけではありませんが、自分もかつてそんな不安にさいなまれていたことを思い出しました。



(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)













中学校受験 ブログランキングへ

4月21日(金)

さつきの大学受験の話を連日書いていて、話題としてはやや時間が経過してしまいましたが、この春休みに、次女メイがお友達を自宅に招待しました。

今通う、某私立中学のお友達です。

これまで、お招きいただくことはあったものの父子家庭の我が家に招くことがなかったのですが、メイから相談されたので、年末並みに大掃除をしてお迎えしました。

遠慮なく騒げるよう、さつきが春期講習で日中不在となる日に設定しました。

ランチタイムから夕方までという時間設定。

こちらがお招きいただいた時も、いわゆる「お持たせ」は用意していましたが、今回はお客様たちから受け取る立場。

駅まで迎えに行ったメイは、ちょっと恥ずかしそうにお友達を連れて帰宅。まず、皆さんと玄関で軽く挨拶をかわしました。

おそらく、ママが出迎えするのではなく、パパが出迎えるのは初めてだったのでしょう。

ひとり親家庭ということをおそらくは聞いているのか、初めは皆さん、かなり緊張気味…。

自宅に上がってリビングに入ったところで、微笑ましいやり取りがありました。

皆さん、おそらくはそれぞれのお母様から躾けられてきたのであろう学習効果を発揮。

「お持たせ」を持参用の紙袋から出して両手に持ち、次々に

「あの、これ、母からです…。」

と、緊張した表情の皆さんから「お持たせ」をいただきました。

メイは、逆の立場の時、一人だけ「父からです…。」と言っているのかな?とその姿が脳裏をかすめつつ、

「ご丁寧にありがとうございます。たいしたお構いは出来ませんが、ゆっくりしてくださいね。」

と応じて、あとはメイに任せました。

緊張していたのは始めのやり取りだけ。

パパがキッチンに引っ込んだところから、徐々に10代前半の元気が弾け始めます。

用意した食事をメイが手伝って並べたところで、メインのピザを受け取りにパパは外出したのですが、帰宅してピザを出す時には、既に「エンジン全開」で大はしゃぎでした。

私立の場合、交友関係は地理的に広範囲になるので、来ていただいたお嬢さんの中には、結構な遠方からのお客さまもありました。

帰宅時間に注意しつつ、無事にお客さま対応を終えました。我が家なんかに来ていただいてありがたい限り。

傍から見ていると、とにかく楽しそうです。

普段の様子がうかがえる、貴重な機会になりました。

(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)













中学校受験 ブログランキングへ

4月20日(木)

長女さつきが、高2で受けた模試結果が出そろったところで、高3のスタートに当たり、本人に現在位置を確認させるための整理をしました。

高2から受験勉強のスタートを切り、1学期に英検2級を取得。後半戦から2017年受験生の緊張感を利用して受験シーズンを意識させ、最初のスパートをさせたことが成功。

一定のレベルまでは成績アップを果たしました。

但し、トップ集団の手前で伸び悩み、年末年始は一進一退。

高2最後の模試で、トップ集団との距離を少し縮めたという感じです。

ただ、内容を見ると、まだ先頭集団に追いつくには距離があります。

マーク系模試、センター系模試あるいはセンター試験問題では、ある程度の感触を得られるようになったのですが、記述系模試、難関大名をタイトルに冠した模試では、今一歩の成績です。

これは、基礎は出来つつあるものの、難易度の高い問題では、まだまだ差があるということを示すデータであるものと思われます。

こうした客観的なデータを自覚させ、今後の作戦を考えるようにアドバイスしました。

果たして、本人はこの事実をどのように消化して、どんな対応をするのか。

しばらく様子を見るつもりです。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)













中学校受験 ブログランキングへ

このページのトップヘ