シングルパパの中高ダブル受験奮戦記大学受験編

旧ブログタイトルは「シングルパパの2015年中高ダブル受験奮戦記」です。首都圏在住のシングルパパ。ごくふつーのサラリーマンをしながら、娘2人の2015年2月中学&高校受験応援日記として始めました。それぞれ、某私立校に進学。今後は、中高受験の振り返りと大学受験応援記を綴ります。

2016年08月

8月31日(水)

さつきとメイの夏休みは、最終日を迎えました。

今年は、宿題が終わっていないということも無いようで、まずまず平和な最終日となりそうです。

さつきは、学校の夏期講習と予備校の夏期講習をさぼらず、遅刻もせずに皆勤。これだけでも、十分に再生を果たしたと言えます。

これまでにも何度か書きましたが、昨年の夏休みに海外短期留学をさせたことで、自己管理ということに、少しは意識が働くようになりました。

また、大学受験に向けて、口先だけでなく、実際に努力をしなくては始まらないということも、英検等の準備を通じて学んだようです。

今年は、自ら家族旅行に行きたがったさつきは、ここ数年の中では最もまともな夏休みの締めくくりになりそうです。

メイは、お友達とのお出かけイベントが複数回ありました。

夏休みの序盤から、イベント、宿題、家族旅行を計画的にスケジューリングし、うまく日程を分散していました。

夏休みの最終週も、お友達とのお出かけが1回。

中学校のクラスメイト、部活動仲間、小学校時代のお友達と、構成メンバーも変えて、人脈を維持する努力をしているようです。

受験と言うと、ネガティブな側面が取り上げられがちですが、メイの段取りや計画性は、間違いなく中学受験を通じて学んだもの。

結果が伴うことが最大のポイントではありますが、中学受験は、真剣に取り組むだけで多くのことを得られるものでもあると思います。



(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月30日(火)

いよいよ9月の各種テストが近づいてきました。

四谷大塚に通う中学受験生の方で、メイと同じ模試活用パターンだった場合、以下のようなスケジュールでしょう。

9月4日(日)組分けテスト
9月11日(日)首都圏模試「第3回統一合判」
9月18日(日)四谷大塚「第3回合不合判定テスト」

いろいろなプレッシャーが、親子ともにかかる時期だと思います。

1学期に比べて、模試も毎月になり、ぼちぼち過去問対策も気になる頃なので、やることが一気に増えたような気がして、受験生本人も、知らず知らずのうちに疲れてきます。

共働き家庭やひとり親家庭の場合、目の届かない放課後、塾に行くまでの時間や、塾の無い日の過ごし方が心配になるところです。

毎日の地道な積み重ねができるかどうかで、結果は変わってくると思います。

さつきの場合は、うまくいきませんでしたが、メイの場合は、週末の四谷大塚と平日の地元塾の個別指導を組み合せたのがうまくいき、平日のサポートを地元塾に任せました。

自覚が高まっていたメイは、自らの希望で授業の無い日も個別指導塾に通い、指導を受けられなくてもブースで勉強をし、他の塾生が帰宅した後に、先生に質問をしていたようです。これは、大きな効果がありました。

2学期の学習体制をどう考えるか。

夏休みの仕上がりを見て、早急に見直すタイミング。親の勝負所です。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月29日(月)

いよいよ、8月も残り3日となりました。

社会人にとっては、上半期の折り返し地点が近づく重さを感じる時ですが、学生、特に小中高生にとっては、夏休みが終わってしまうという、何とも言えない思いがあるのではないかと思います。

自分の昔を思い出すと、小学生だった頃は、まだ良かったのですが、中高生の時は、夏休みが終わるのが嫌で仕方なかったように記憶しています。

自分が小学生の頃は、親が旅行に連れて行ってくれるわけではなく、夏休みの外出と言えば、祖父母の家に泊まりに行くくらい。

楽しみといえば、学校の水泳指導を受けるためにプールに通うことくらいでした。

何もイベントが無い自分は、いつも夏休みのプールは皆勤状態。

今思えば、ずいぶんと地味な夏休みだったな…と思います。

それだけに、中学受験もしなかった自分にとっては、夏休み明けは、また友達と学校で遊べる楽しみを待つ気持ちもありました。

一方で、中高生になってからは、学校の学業負担や部活動の負担もあり、いつの間にか「休みが大好き」になっていました。

マイペースで過ごせることの嬉しさを奪われる始業式の到来が、嫌で仕方なかったのを覚えています。

今、さつきとメイからは、ぼやきが聞こえます。

「あ~あ~。今週から学校じゃん。信じらんない!」

君たち、まあ、これだけはパパにも気持ちが良くわかるよ…。今日は、ブルーマンデー…。

「あ~あ~。今日からまた会社じゃん。信じらんねえ!」


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月28日(日)

8月26日付で、たまえママ様のブログ「ワーキングマザー・初中学受験(2016)を体験した日記」に配信された 『「受験勉強せず口論に」小6刺殺事件』というタイトルの記事を拝読しました。

痛ましい事件。ニュースもブログの記事にも沈痛な気持ちで接しました。

そんな中、たまえママ様のブログにあった「理学博士・佐治晴夫さんの子育てに関するエッセイ」に書かれているという『「愛して、信じて、待つ」こと。それが愛の条件なのです』というフレーズが、強く響きました。

恥ずかしながら、自分はこのエッセイを知りませんでした。

中学受験・高校受験で思うような結果を残せなかった長女さつきとは、数々のバトルもあり、自分自身も子育てには悩んできました。今も尚、その悩みは尽きません。

このシンプルなフレ-ズは、そんな自分に反省をもたらしました。

①愛する②信じる③待つの3要素の内、自分は①と③が中心で②が無かったのかな?と思ったのです。

いろいろと裏切られたり、問題を起こされたこともあって、さつきに対しては、どうしても「信じる」という点が不足していたように思いました。

こういうことは、本人にも伝わるでしょう。

職場でもそうです。相性のいい上司に「任され感」を感じる時と、やたらチェックを受ける「不信感」を感じる時があると思うのです。

親子関係と言うのは、距離が近いだけに難しいですが、愛することはできても、待つことに耐えられなかったり、信じきれなかったり…。

さつきとメイの大学受験に向けて、心がけるべきポイントだと思いました。


(ご参考」たまえママさまのブログ)
ワーキングマザー・初中学受験(2016)を体験した日記 「受験勉強せず口論に」小6刺殺事件

http://wmchugakujuken.blog.fc2.com/blog-entry-350.html

(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月27日(土)

都立高校の入試は、平成29年入試も2月24日。

中学受験に続き、高校受験もあと半年を切りました。

来月からの模試(W模擬やVもぎ)は、模試結果が併願優遇の事前相談で使われるかもしれないので、これまで以上に重要なテストになります。

中学受験と異なり、事前相談と言う、やや不透明な制度がある高校入試は、トップ校以外は保護者の駆け引きが結果を左右することすらあり得ます。

理想を言えば、現在中学2年生の方が、学校説明会に行くことをお勧めします。

現中3で、来春の高校入試を戦う予定の方は、2学期が勝負所なのは言うまでもありませんが、内申点が決まる中間テスト、期末テストだけでなく9月の模試成績からが既に本番に関わる入試資料になるわけです。

このあたりの情報を、しっかり持って夏休みを終われるかどうか。

親の世代とは様変わりした入試、また中学受験とも一味違う高校受験を、早期に理解することが大切だと思います。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










このエントリーをはてなブックマークに追加

8月26日(金)

8月も、残りわずかとなりました。

半年後には、2017年中高受験生の多くは、既に結果が出ていて、2018年受験生に主役を譲る時期…。

夏休みの終わりは、受験生を抱えていない年でも、何故か受験シーズンを意識してしまいます。

順調にメニューをこなし、学校訪問等のスケジュールも予定通りこなせた方がある一方で、積み残しが多く、志望校選定についても焦点が絞り切れぬまま、2学期を迎える方もいらっしゃることでしょう。

我が家の二人は、程度の違いこそあれ、さつきもメイも追う立場で2学期を迎えました。

結果の違いを生んだ要因を一つ挙げるとすれば、自己分析をできていたかどうかの違いはあったと思います。

伸びない成績に、親子ともに苛立ちを感じ、現状を捉えきれぬまま2学期を迎えたさつき。中学受験も高校受験も同じ展開でした。

一方、得意科目と苦手科目、もっと言えば、科目ごとの苦手ジャンルを自ら把握しようとし、塾の先生としっかりコミュニケーションを取りながら、少しづつ前に進もうとする努力を絶やさなかったメイ。

言わば、自らの傷口をしっかりと見て、「治療法」を聞いて「治す努力」をしたメイは、後半戦で駆け上がりました。

終わった時間は戻ってきません。

変えられるのは、「今から先」だけです。

目指すゴールに辿り着くためにも、「傷口を見る勇気」を持つべき時だと思います。

まだ、時間はあります。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月25日(木)

さつきとメイの夏休みも、いよいよ終わりが近づきました。

今回は、次女メイの様子です。

この夏は、家族旅行の他には、学校の講習と部活動が中心でした。

塾には通っていないので、メイは学校の勉強だけで過ごしています。

部活動は、合宿も含めて、ほぼフル参加。

タテ社会で鍛えられる効果を、黙って見守っているところです。

以前にも書きましたが、高2生を筆頭に中1生までが活動する部活動で得る経験は貴重です。

この夏も、そんな経験をたくさん積んできました。

夏休みの宿題を、休みに入った直後から前倒しで処理してきたメイは、余裕を持った夏休みの後半を迎えています。

中学受験を通じて得られた自己管理能力が、こういう場面では発揮されているのを感じます。

夏休みの間、ところどころに、お友達との「お出かけ」計画が織り込まれていて、ショッピングや遊園地に出かけていきます。

最終週にも計画があるようですが、メイは、遊びと学校生活のバランスを取った夏休みを過ごしてきたように見えます。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月24日(水)

さつきとメイの夏休みも、いよいよ終わりが近づきました。

まずは、長女さつきの様子から。

この夏は、家族旅行の他には、学校の講習と予備校の講習を優先。部活動は、最低限の参加にとどまりました。

部活動が、熱を入れるほどには充実していないのは気になるところなのですが、中学の時のように、部屋に籠ってスマホ、ネット三昧というわけではないので、あまり突っ込まずに様子を見ています。

講習には、遅刻せずに通っているので、毎回開始時間に遅れていた中学時代とは、参加する態度も大きく変わってきました。

いくつかの大学のオープンキャンパスにも行き、大学受験の具体的なイメージを作りつつあるようです。

宿題が終わっているのかどうかは心配ですが、今のところは、例年に見られる騒ぎも起きていないので、ある程度計画的に消化しているのかな?と思っています。

次の英検も、日程が見えてきました。大学受験制度が変わっているので、その研究成果も発揮しつつ、高2後半のスタートに備える1週間となりそうです。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月23日(火)

台風11号と9号。特に関東地方に影響が大きかったのは後者でしたが、今回の学校の対応は、スムーズでした。

さつきとメイの通う学校は、どちらも当日朝までに臨時休校を決定。

お弁当はいずれにしても用意するわけですが、部活動や講習が全て中止となり登校禁止となったので、判断を迷わずに済みました。

これから受験する方は、こういう時に学校のHPを見ると、参考になります。

多くの場合、HPのトップ画面に「お知らせ」を出すので、台風や大雨、大雪などの時に見ると、学校の対応の仕方がわかると思います。

以前に、さつきが通っていた地元の公立中学では、「各家庭の判断で、危険と思われた場合は欠席扱いしない」という示達がなされて、判断に迷ったことがありました。

慎重すぎて休みばかりというのも困りますが、当日未明までに一斉通信されるような仕組みで運営している学校は、特に共働きやひとり親家庭にはありがたいと思います。

(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月22日(月)

この週末、ある記事を見て、ハッとしたことがありました。

うつ病についての記事だったのですが、よく知られる症状の他に、早朝に目が覚めてしまうのも、その兆候の一つだということが書いてありました。

思い出したのは、2014年の夏休み過ぎ。特に、11月以降です。

さつきとメイの2015年中高ダブル受験に向けて、佳境に入りつつある時期で、ひとり親家庭で介護問題も抱えていた自分は、疲れ切っていました。

このブログを始めた年でもあるわけですが、何かを書いて発信することで、自分の平静を保ち、客観的に自分を振り返るきっかけにしていました。

それがあったので、深刻な事態を招かなかったのかもしれませんが、年末での早期退職を申し渡された後は、精神的な状態は最悪でした。

疲れているので、うたた寝も多く、とにかく気を緩めると、すぐに寝てしまいます。

そのため、自分では気づいていなかったのですが、明け方の4時台に目が覚めることがよくありました。

不安や苛立ち、特に、成績不振を極める長女さつきの状況が、自分を苦しめていました。

実は、当時書かなかった健康上のアクシデントも含めて、よく耐えられたなぁと思っていたのですが、今思うと、精神的に限界を超えるのと、紙一重の状況だったのかもしれません。

ブログの読者の方の中に、親身に励ましてくださったり、応援メッセージを下さる方があり、随分と助けられたことを思い出します。

夏休みも終わりが見えて来ましたが、2017年受験生にとって本当にキツイのはここから先。

親子ともに追い込まれ過ぎないよう、広い意味で「孤立しない」ことが大切なのだと思います。



(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ