シングルパパの中高ダブル受験奮戦記大学受験編

旧ブログタイトルは「シングルパパの2015年中高ダブル受験奮戦記」です。首都圏在住のシングルパパ。ごくふつーのサラリーマンをしながら、娘2人の2015年2月中学&高校受験応援日記として始めました。それぞれ、某私立校に進学。今後は、中高受験の振り返りと大学受験応援記を綴ります。

2019年07月

7月31日(水)

今週は、大学のオープンキャンパスのピークに当たる時期が到来したので、関連の記事を書いています。

大学のオープンキャンパスというと、高校生、特に2~3年生が参加するイメージがありますが、私はもっと多様な生かし方があると思っています。

我が家の場合は、2015年2月の中高ダブル受験が大変だったことで、近視眼的になってしまっていました。

一方、中高共に受験がうまくいかない結果となったさつきの再生のために、高校入学直後から次の策を練り始めました。

そこで知ったのが、大学のオープンキャンパスの充実ぶりです。

学園祭よりも受験生中心の内容なので、求めるものが伝わりやすいという面があると思います。

幅広く回り、意欲を高める意味でも、高校1年~2年での参加が有効ではないかと思います。

また、中高受験生も参加を考えてみていいのではないかと思います。

付属校を受ける方はもちろんですが、国公立大学もオープンキャンパスの機会がある場合がありますので、中学受験生と保護者が近視眼的にならないために、真の目標を意識する意味で、つまり中学受験の結果で終わりではない、それが全てではないということを意識するために、キャンパスを見て来るのもいいのではないかと思うのです。

当時の私は、そこまで調べが出来ていませんでした。

自らの反省を込めて、そう思います。

(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)













中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月30日(火)

7月も残り2日。

また1枚、カレンダーをめくる日が近づきました。

昨日書いた通り、この時期は大学のオープンキャンパスのピークです。

各校とも、前期試験が終わってお盆休みに入る前のこの時期くらいしか、実施しづらいということなのだろうと思います。

上智大学も、例年8月上旬に実施します。

今年の開催日は、去年より少し遅く、8月6日、7日、8日の3日間。

多くの学生スタッフも参加するこのイベントは、多くの情報を得られる機会です。

自分たちの経験では、上智大学のオープンキャンパスは入試相談も含めて多様なメニューが行われて、限られた時間を使ってでも足を運ぶ甲斐のある学校の一つだと思います。

ただ、参加する場合、事前予約制のメニューがあることには注意が必要です。

私たちの場合は、高校2年までに訪問を済ませました。

留学制度や奨学金など、直接聞いた方がわかりやすいこともあり、また、推薦入試やTEAP入試のことも情報収集できます。さつきが、早慶続く志望校として、MARCHと一線を引いた判断をしたのは、このイベントがきっかけだったと思います。

上智大学の受験を視野に入れておられて、まだ足を運んだことの無い方は、ぜひご検討頂いてはいかがかと思います。



(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)













中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月29日(月)

以前にも書いたことがありますが、この時期は大学のオープンキャンパスのピークです。

各校とも、前期試験が終わってお盆休みに入る前のこの時期くらいしか、実施しづらいということなのだろうと思います。

今年は、メイが何校か訪問予定。さつきは、友人と行っていましたが、メイは、お友達と連れ立って行くのではなく、単独行動のようです。

大学の個性も様々。加えて、入試会場の下見にもなります。

自分が知らない大学の場合は、一緒に説明を聞くこともありますが、この時期は平日開催が多く、ほとんどがメイの単独参加です。

高校3年になると、時間が取りづらくなるので、今年のうちにできるだけ回るよう指導しました。

最近は反発の方が多いですが、さつきもこの機会を生かしていたことを知っているためか、素直に応じてくれました。

私が受験生の頃は、このような機会は無かったと思いますが、浪人時代、夏期講習の合間に、赤門と大隈講堂を見に行き、闘志を奮い立たせたことを思い出します。

オープンキャンパスは、受験生のモチベーションアップのためにも、貴重な機会だと思います。まだ間に合うものも多いと思いますので、志望校のHPをチェックしてみてください。



(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)













中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月28日(日)

前期試験でストレスがマックス、超不機嫌なさつきと、部活動との両立に苛立つメイ、母の介護、親族のガン治療等を抱えて、仕事の負荷も増す中、これまでと違う疲れ方を感じていました。

若い頃、仕事から疲れ切って帰宅して、スーツのままベッドに倒れこんで寝てしまったりしましたが、最近、似たようなことが起こっていました。

すると、体に異変が。

いつもの頭痛だけでなく歯が痛みだし、段々と痛みがひどくなったのではいしゃ、かかりつけの歯医者さんに急患で診てもらいました。

てっきり、しばらくメンテしていなかった歯が悪くなったのだと思ったのですが、レントゲン検査の結果は、歯には異常なし。

歯茎が腫れて出血しているので、それが要因かもしれませんが、先生も首をひねっていました。

歯医者さんには、家庭の事情は伝わっていなかったのですが、先生から丁寧に問診を受けたので、正直に答えました。

すると、大変に驚き、そしてこう言われました。

「眠れてますか?寝ているつもりでいて、眠れていないっていうことはないですか?歯茎の炎症があることは確かですが、歯には痛みの原因となるような原因が無いんです。もしかすると、神経痛かもしれません。様子をみましょう。近日中に、もう一度診察します。」

最優先で、次回予約を入れて頂くことができました。

歯が痛いのに、原因が歯ではない…。

自分の体に何が起こっているのか、心配になりました。



(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)











中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月27日(土)

少し前、メイの学校の部活動の保護者会があり参加してきました。

自宅では、最近はさつきと同じように暴言を吐いたり、態度が悪いことも多いのですが、この日は、私が知らないメイの一面を知ることとなりました。

茶話会もあったので、同学年の他の保護者の方とお話をしていると、メイが部活動全体のリーダーシップを発揮して、同期をまとめている様子が伝わってきました。

元々、授業参観では手を上げないタイプ。

人に後ろに隠れがちだったメイが、本当にリーダーとして活動していることを知り、不思議な気がしました。

考えてみれば、今の中高一貫校に入って4年4ヶ月目。

少しずつ成長してきたのだということを、知る機会となりました。

引退まで、もう半年ちょっと。

自分の思うように、部活ライフを仕上げて欲しいと思いました。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月26日(金)

メイは、夏休み入りしましたが、これまでと違うのはマイペースとはいかないこと。

中学校時代の3年間は受験も無く、至ってノンビリ。昨年は、海外体験を控えていて気忙しさはあったものの、気楽な様子でした。

今年も、メイらしくノンビリいきたいところですが、部活動を仕切る立場上、少々体調が悪くても練習に出ざるを得ず、かつ先頭に立って指示や調整をしなくてはなりません。

加えて、学校の宿題もありますし、夏期講習も昨年よりは増えました。

また、夏休みの体験学習的なイベントにも参加します。

忙しい日々に暑さが加わり、会話には苛立ちが隠せませんが、受験一色になるまでもう半年しかない時期となったことを、暗に感じているのかもしれません。

メイのいいところは、大まかなスケジュール感は持っていて、前倒しで対応を始めること。

既に宿題は片づけ始めていて、後半の部活動の夏合宿に備えているようです。

8月の後半に慌てることのないように願いたいものです。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月25日(木)

メイが高校2年になってから受けた第2戦目の模試結果が判明しました。

学校受験なので、いつ受けたのかも忘れていましたが、全体としては、第1戦同様に持ち直し感あり。

志望校判定はEばかりですが、結果としては、科目のよってバラつきが大きいものになりました。

苦手科目のマイナス幅が縮まり、得意科目が伸び、努力を怠っている科目が撃沈という、日頃のメイの様子とマッチする結果で、

「なるほどな…」

と妙に納得感がありました。

この後は、夏休み後。

高校2年生にとっては、夏休みのメインテーマの一つが部活動なので、夏休みで大きく伸びるということは期待していませんが、下げ止まりから持ち直しの流れをキープして欲しいものだと思います。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月24日(水)

首都圏は、まだ梅雨明けせず。海の日を10日近く過ぎても、夏休みという感じがしません。

今年は、記録的に日照時間が短いようで、「梅雨バテ」などという言葉もニュースで耳にしました。

仕事も受験もストレスとの戦いという面があり、日常的な気分転換が大切ではあるわけですが、この天候のせいか今年は妙に疲れを感じます。

だからというわけでもないのですが、夏休みの一人旅は、青空を期待して、人の少ない海山を回るつもりで計画しました。

例年、年に一度の気分転換ですが、今年は例年以上に旅情をかきたてられます。

都会の青空は、ビル街で見上げることが多いですが、どうも毎日が灰色のような感じがしていて、気分的に晴れやかさを感じられないことが、モヤモヤの原因なのだろうと思っています。

暑さも増してくる時期で、講習会も始まっています。

今年の首都圏の受験生は、知らず知らずのうちにため込んだ梅雨バテをうまく解消しながら戦わないといけないのでしょう。

メイのご機嫌が「曇天模様」なのも、そんな背景からくるのかもしれません。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月23日(火)

先週、昔の部下からアポイント依頼があり、面談する機会がありました。

彼は、数年前の私のように子会社出向を命じられたそうで、その着任挨拶でした。

ほぼ8年ぶり。

以前に比べて髪が減り、しわが増えていましたが、昔と変わらぬ落ち着いた様子で登場しました。

(元部下)
「いやいや、お久しぶりです。」

(シングルパパ)
「オレの方からは、きれいごとは言わないよ。どんな心境?」

(元部下)
「まあ、自分の場合は、もうこれまでっていうことがわかって、かえって気持ちが楽になりました。子会社も楽ではないですけど。」

(シングルパパ)
「でも、行先としては、恵まれてる方じゃないの?オレが初めに行ったところと比べてもさ、少なくとも平和でしょう?」

(元部下)
「そうかもしれませんね。まだ、良くわかっていないですけど。そう言えば、お子さんの受験って、一段落されたんでしたっけ?」

(シングルパパ)
「ああ、上は大学2年だから、あと少しだけど、下は高校2年だからね。まだまだ大変だよ。」

(元部下)
「そうですか。まあ、まだまだお父さんは大変っていうことでしょうけど…。ウチは、二人ともヤマ場は超えたんで、気楽なもんです。」

(シングルパパ)
「そうか。それはそれで、寂しい面もあるんじゃないの?」

(元部下)
「いや、気楽になりました。最も、ウチは二人とも想定外の進路になりましたから、数年前は大変でしたね。」

(シングルパパ)
「あれ?お二人とも、大学付属校じゃなかったっけ?」

(元部下)
「それが、上がまさかの美大行きで。結局、付属の意味なしでした。下も同じです。結局、内部進学はせず、医学部受験して浪人して、やっと地方都市の国公立大学医学部に受かって落ち着きました。」

(シングルパパ)
「そうか。結構、ドラマティックだったんだね。」

(元部下)
「それが、もう一つおまけがありまして。」

(シングルパパ)
「何?」

(元部下)
「先日、離婚しました。これで、家族4人はバラバラに。まさに、一家離散です…(笑)。」

(シングルパパ)
「ええっ?知らなかった。大変だったね。」

(元部下)
「子どもが一段落して、私も出向になって、途端に離婚です。でも、気楽でいいですよ。」

(シングルパパ)
「まあ、前向きに捉えるべきかもしれないけどな…。」

(元部下)
「シングルパパさんは、再婚しないんですか?」

(シングルパパ)
「オレ、介護とかさ、いろいろ抱えてるだろ?お金も厳しくなったし、自分の人生は手詰まりだよ。世間ではさ、熟年の再婚の話も聞くけど、自分は、そういう話は考えることすらない。現実味が無いよね。」

(元部下)
「ダメですよ。婚活した方がいいですって。ちなみに私、もう始めてます。結構、楽しいですよ。いろいろ出会いがあって。」

(シングルパパ)
「ええっ?切り替え早いね?でもさ、経済的に、楽じゃないだろ?」

(元部下)
「お金なんて関係ないですよ。自分は、再婚してやり直します。だって、まだ人生ありますよ。自分が楽しまないと。」

どちらかと言うと、堅物系の元部下の突然の話に驚きましたが、結局、仕事の話はほとんど無し。離婚経験者に、話を聞いて欲しかったのかな?と思いました。

(シングルパパ)
「そうか。さすがだな。もう再スタートか。でもさ、寂しいオジサン狙いのヤバイ相手につかまらないように気を付けろよ…(笑)。」

そう言って、会話をしめました。

いろいろ悩んだであろう元部下が、幸せな晩年を迎えられることを祈って、応接室を送り出しました。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月22日(月)

夏休み期間になりました。

メイは、部活動に参加しながら、空きスケジュールを縫うように予備校の夏期講習に参加しています。

個別指導ではないので、スケジュールは予備校の日程に合わせることになり、日によっては、

「朝から部活、午後は自習室、夕方から夏期講習。」

というような、1日中外出しているような状況にもなります。

自分の受験生時代は、夏期講習で夜のコマというのは無かったように思いますが、今は現役生を取り込むため、部活との両立がしやすい夜間日程もあり、帰宅時間は平常授業と同じような感じになります。

自分自身も含めて、体調管理が難しい季節になりました。

大学受験生の雰囲気を色濃くし始めたメイは、高校3年生や浪人生の空気も感じながら、これまでと違う気持ちで講習に臨んでいるようです。

さつきが、2年にわたってベースキャンプにした予備校。

メイの中で、少しずつその存在が重きを増していることを、傍で見ていて感じるようになりました。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)










中学校受験 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ