9月11日(月)

ついこの間、夏期講習が終わったばかりだと思っていたのですが、早くも冬期講習のパンフレットが複数の大手予備校から届きました。

まだ申し込みは始まっていませんが、申し込み予約が始まります。

何だか、一気に季節が変わったような気がして、落ち着きません。

さつきは、ざっと目を通して、「現在通っている予備校以外の講座は取らない」ということだけ決めて、後は申し込み開始直前まで考えるようです。

個々の講座について、今はネットで評判を調べることはできますが、信憑性はわからないので、講座選びを早めに行って、学生アドバイザーの方に相談するようにアドバイスしました。

信頼できる学生アドバイザーの存在は、大手予備校の魅力の一つです。

有名大学に在学しているだけでなく、様々な学部に在籍している人が揃っていると、直接担当している人では無くても、自分の志望校かつ志望学部の入試に合わせて具体的なアドバイスが得られます。

これはとても貴重で、合う合わないはあるものの、さつきが講座選びをする時の大きな判断材料になっています。

昨年の私大全般難化の影響が、冬期講習のニーズにどう反映するのか。

希望する講座が満席で取れない可能性も十分あるわけで、直前対策としての冬期講習についても、しっかりした準備が必要なようです。


(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)












中学校受験 ブログランキングへ