1月29日(水)

メイは、さつきがこの時期にしていた行動を、見習っているようです。

予備校の授業が無い日も、自習室に通っているのです。

受験生として、自覚を持とうと言う意識もあると思いますが、別の狙いもあります。

1年先に、この時期の受験生の雰囲気を知るということです。

受験直前期、あるいは今のようにセンター試験終了後、主要私大、国公立大学二次が始まる前の、最もプレッシャーのかかる時期の空気感を、1年早く経験することができます。

さつきが、同じく高校2年の今ごろに私の勧めで自習室に行っていた頃、受験生の独特の切迫感を身近に感じ、
帰宅していろいろなことを話してくれたのを覚えています。

そのピリピリした空気の中に身を置いてみて、得るものがあったようです。

3月の講習をどのような取り、4月からどんな体制で勉強を進めるか。

メイには、受験生の姿を見ながら、1年後をシミュレーションするよう伝えています。



(ここから、受験ブログのリンク集がご覧になれます。)