以前から何度か書いているけれど、国道には重複区間というものがあり、見た目には1本の道が、2本以上の国道あるいは県道に指定されていることがある。いわば道路の世界における二重国籍である。

 そうした区間には、国道または県道の標識が2つ並べで設置されているところがある。愛好者はこれを称して「だんご標識」と呼ぶ。おにぎり2つのもの、3つのもの、県道とのミックスのものなどいろいろなタイプが存在し、これもマニアの収集の対象となったりする。

R19+361
 だんご標識の例

  重複区間なら必ずだんご標識があるかというとそうでもなく、一番若い番号の標識だけが表示されていることもよくある。このへんは県によって違うようで、たとえば福島や栃木などはだんご標識の整備に熱心であるが、茨城や千葉は基本的に若い番号だけだ。

 また、重複区間でなく、国道同士の交差点付近に、矢印標識つきのだんごが設置されるケースもある。これを「ねぎまタイプ」と呼ぶ人もいる。

R36&230
交差点にあるねぎまタイプ。しかも大きい番号が上に表示された下克上タイプでもある。

  こうしただんご標識は、以前マニア間で全国版のリストを作っていた。こういうことになるとヒートアップするのはマニアの常である。しかし最近はどこに行ったか見当たらないようだ。こういうのはどんどん変わっていくので、ここらで新たに作りなおすのもいいだろう。というわけで言い出しっぺが作れということになり、筆者がひな形を作ってみた。こちらである。

  凡例のところに書いた通り、正規のおにぎり(専門用語でいえば118-A)とヘキサのみを対象にする。そとばとか、青看内の2連・3連は取り扱わない。また、重複区間のものと、交差点タイプとを記載する欄を用意した。

 どこまでをだんごと見るか、という問題もある。歩道橋などに横並びに設置されているものもあるので、これもカウントすることにする。下のもののように微妙なものもあるが、まあこれもOKということにしよう。

1+171

 もちろんリストはまだ全く不完全だ。編集はだれでも可能ということにしてあるので、リストにないものがあったらご記入いただければ幸いである。特に県道を含むだんごは穴だらけなので、ご協力を願う次第であります。

 こうして見ると、いろいろ疑問も出てくる。まず、4連以上のだんごはないのか?4本以上の国道が重複している区間は存在するが、だんご標識は残念ながらなさそうだ。新潟や高知の8起終点にあれば壮観なのだろうが。また、県によってだんご整備度は大きく異なると書いたが、全くだんごのない県はあるのだろうか?たとえば茨城には、国交省管理区間の国道4号+125号にだんごがあり、おそらくこれが唯一だ。

 そういえば、1~2桁国道+県道というだんごも見た記憶がない。1~2桁国道のほとんどの区間は国交省管理だから、県道の標識は共存し得ないのかもしれない。さてどこかにあるだろうか。