ゴールデンウィークということで、彼女なり仲間なり家族なりとお出かけになっている方も多いと思う。しかし出先となれば、国道マニアたるものはできる限り多くの国道をめぐってみたいと考えるものだ。というわけで、一定時間だけ自由時間をもらい、その間に国道狩りに出るというシチュエーションを考えてみよう。そこで、なるべくたくさんの国道をめぐるためには、行き先をどこにすべきであろうか。まあいろいろ本末転倒であるが、そこらは突っ込まないでいただきたい。

  移動手段は何でもいいが、さすがにヘリで移動とかいうのはなしにして、徒歩・車・電車などで回るということにしよう。「国道をめぐる」という条件は、重複区間でなく単独区間を、自分の足あるいは車のタイヤで踏むことを指すことにする。たとえば、新潟本町交差点に立っただけでは8本の国道を踏んだとは認められず、一番番号の若い7号と116号だけがカウントされる。

niigata
新潟本町交差点(赤色のマーク)付近の国道

 さてそうなると、どこをスタートしてどうめぐれば、一番たくさんの国道を踏めるだろうか。ひとまず制限時間を1時間とうことで考えてみよう。上記の新潟市内は国道密集地帯ではあるものの、単独区間が遠い道が多いため、ここをスタートに選ぶのはあまり得策ではなさそうだ。

 東京・日本橋を出発するケースを考えてみると、日本橋起点の1・4・6・14・15・17・20号に加え、246号・254号くらいまでどうにか踏めるのではないだろうか。とすると9路線ということになる。渋滞をうまく回避できれば、130号や122号などにも到達できるかもしれないが。



 大阪だとどうだろう。筆者はあまり大阪を走り慣れていないので、渋滞状況などはあまりよくわからないが、梅田新道付近の1・2・25・176・423号に加え、26・43・172・308・479号の10路線くらいまで回れるだろうか。このへん、詳しい方のご意見をいただきたい。



  もし制限時間がもっと長く、24時間であったりするとどうだろう。この場合、混み合う都会の道をこせこせ駆け回るよりも、渋滞の少ない国道4号あたりを一気に北上しながら、交差する国道を順に狩って行くのが得策かもしれない。あるいは東名高速を使い、主要都市のインターで降りては国道を狩るという作戦もありそうだ。さてどういう戦略がベストだろうか。

  制限時間3時間くらいの場合が、一番考え甲斐があるかもしれない。国道の本数が多い東京・大阪がやはり有利かとも思うが、あるいは充実した高速道路網を生かしつつ、名古屋~岐阜付近を回る作戦もありかもしれない。いろんなファクターがからむので、実践してみると意外な穴場が見つかる可能性もある。

 「国道を踏んだ証拠として、おにぎり標識を撮ってくる」ということにすると、 さらにゲーム性は上がるかもしれない。大阪など標識設置率が低いので、おにぎりが見つからずドツボにハマるといったケースもありそうだ。

 しょうもないことであるが、こういうことは真剣に考え、試してみるほどに楽しい。というわけで、みなさまも自分のまわりの街で、ぜひチャレンジしてみていただきたいと思う次第である。