2016年ということで、読者のみなさま今年もよろしくお願いいたします。ついでに新著「国道者」もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて年が明けると一部の数学系の人々の間では、その年にちなんだ数字遊びが始まる。たとえば今年なら(1×2-3+4-5+6)×7×8×9 = 2016とか、1+2+3+……+62+63=2016とか。このへんにまとまっているが、いろいろなことを考える人がいるものだと感心する。

 国道趣味者としても、やはり2016年にちなんだネタを探すべきであろう、と不必要な義務感に駆られた筆者は、さっそく地図をひっくり返してみることとした。もちろん国道2016号などというものはないのだが、国道20号と16号の交点なら存在する。場所は東京都八王子市だ(ちなみに201号と6号は残念ながら九州と関東・東北なので、かすりもしない)。

 その20号と16号の交差点だが、3つある。16号はこのあたりで現道と八王子バイパスが2本並走しており、現道は20号とクランク状に重複しているため、交差点でいうと3つということになるのだ。

R20R16

 ちなみにこの「現道」というのは、既存の国道とバイパスが両方とも現役である場合、古い方の道を指す言葉だ。一般にはあまり使われない言葉だが、16号八王子バイパス入口付近で、案内看板内に「現道」の文字が確認できる(ここ)。筆者の記憶する限り、「現道」という単語が道路案内に使われているのは、この場所以外に見たことがない。果たしてここを通るドライバーには、この意味が通じているのだろうか。

 よく使われる「旧道」という言葉は、バイパスができて既存の道が国道指定を外された場合に使う。 バイパスが有料道路である場合、無料開放された日をもって既存の道が降格するケースが多い。16号八王子バイパスは2015年10月に無料開放されたが、今のところこの現道は降格せず、国道のまま健在であるようだ。

chofuku
20号と16号の重複区間。青看内だんごはあるものの、正規おにぎりは20号の標識が立てられているのみ。

 さてこの20号と16号の3つの交差点のうち、真ん中に位置する八日町交差点には、道路ファンにとってちょっと嬉しいアイテムが設置されている。「八王子市道路元標」がそれである。道路元標とは、大正時代の道路法にのっとって設けられたもので、詳しくはこちらの記事でもご覧頂きたい。すでにこの道路法は効力を失っているが、八王子では2002年に改めてこれを設置したらしい。

gempyo
交差点付近に設けられた「八王子市道路元標」。

 ただこの元標、タイルとして歩道に直接貼られているので、設置から15年もたたないのに、ご覧のようにずいぶん傷んでしまっている。日本橋の元標レプリカのように、踏まれないような展示の仕方をすればよかったのにと思ってしまう。

 とはいえ、こうして元標を復活させるのは、街と道路の関わりを考えさせるという意味で面白い試みと思う。もし自分の街に、いま元標を置くとしたらどこだろうか――などと考えてみると、なかなか面白いのではと思う2016年の初頭なのであった。