さてこの間書いた通り、ぼちぼちと道路標識全種コンプリートを目指してみております。といっても、最近はあまり出歩けていないので、ペースはまるきり上がっていませんが。

 で、ネットでいろいろと情報を集めてみると、やはり道路標識は種類ごとに設置数に大きな差があることがわかります。たとえば、「自転車及び歩行者専用」(325の3)を除けば、自転車関連の標識は基本的にレアものが多いようです。たとえば一番基本的な「自転車専用」(325の2)でも、こちらのサイトでは5段階中☆3の評価です。まあ実際、河原の自転車道などでも歩行者が通れるところが多いですから、「自転車専用」の道はそうありません。

325-3325-2
「自転車及び歩行者専用」(325の3)と「自転車専用」(325の2)

 さらなるレア物標識としては、「自転車一方通行」があります。そんなもん聞いたことないぞという方が多いと思います。筆者もそうでした。これは2011年ごろから導入された標識らしいですが、いまだ設置例はごくわずかのようです。

 そのレア標識が、神奈川県相模原市と川崎市にあるということで、ちょいと行ってきました。相模原市の標識は、中央区中央1丁目から5丁目という、まさに街のど真ん中感溢れる場所に設置されたとのこと。駅を降りてしばらく南下し、国道16号を越えたあたりになります。
 
 その16号沿いの歩道には、先ほどややレアだと言ったばかりの「自転車専用」標識が怒涛の如く立ち並んでいます。自転車の街を全力でアピールしているかのようで、早くも期待感が高まります。

sagamihara1
 (※これはズームで撮ったので、圧縮効果によってやたらに並んでるように見えるだけで、実際にはこんなにアホな密度で標識が立ってるわけではありません)

 と、胸の高鳴りを抑えつつ現場に到着。桜並木をバックに、それは静かに佇んでいました。「自転車一方通行」(326の2-A)であります。普通の一方通行標識は青地に白矢印のシンプルなものですが、その矢印が短くなり、後ろに自転車のイラストが入っています。

ittsuu
オオゥ!

 ようやく出会えたレア物件、ありがたく拝むべきでありましょうが、変な人と思われそうなのでやめておきました。4月にやってきたのも、桜を撮っているような顔で撮影すれば、変な人と思われなくて済むかと思ったからであったり。我ながら芸が細かいというか、気が小さいというかです。

ittsuu2
歩道の様子。

 道幅は十分あり、自転車もかなり多く走っています。この区間に、上下合わせて十数枚の標識が設置されていて、道路の反対側には走行方向に合わせて鏡像の標識が立てられています。きっちり仕事してますね。ちなみにこの標識の設置は2012年5月のことだそうで、静岡市葵区につづいて全国2例目であったとのこと。


 さてもう一ヶ所の川崎市の自転車一方通行はどうか。こちらは川崎駅付近、県道9号及び川崎市道に立てられています。設置は2012年11月とのこと。「自転車専用道路」との併設で、ご覧のとおり縦型の標識(326の2-B)です。相模原は全て横型、川崎は全て縦型とくっきり分かれました。

kawasaki2
自転車一方通行(326の2-A)

 下の写真でわかる通り、こちらは車道を削って自転車レーンが作られたようです。間違っても車が入ってこないようしっかりガードされている他、路面を青くペイントし、わかりやすくするなど工夫が凝らされています。

kawasaki1

 ここは、JRの高架をくぐる形の道で、急な下り坂の上にカーブがきつく、スピードが出過ぎて自転車同士の衝突死亡事故も起きていたとのことです。車道を削ってまで対策が打たれたのは、こういう背景があってのことでしょう。

kawasaki3
ガード下をくぐる自転車レーン。

 一方通行の出口には、進入禁止の標識及び蛍光色のプレート、「逆走禁止」の看板を林立させ、逆走防止に必死になっている感じです。

kawasaki4

 ただ、これだけやってさえ、やはり逆走している自転車もいました。反対側の店に入るためには大きく回り道をしなければならないので、正直言って面倒だということでしょう。ここで自転車交通の法規についてあれこれ論じる気はありませんが、定着のためには課題が多そうです。 

 というわけで制定から5年を経過した今も自転車一方通行レーンの普及は進んでおらず、今のところ標識の設置例は静岡・相模原・川崎の3ヶ所のみであるようです(他にもご存知でしたらご教示を)。 大きな状況の変化がない限り、「自転車一方通行」はまだしばらくは激レア標識の地位を保ちそうです。