臭いがする化合物というのは、多くの場合適当な分子量を持った有機化合物です。しかしある種の金属、例えば鉄からは臭いを感じることがあるのも事実です。校庭の鉄棒や、鉄製の工具などを触った後の手からはなかなか抜けない独特の臭いがして、閉口した記憶をお持ちの方も多いことでしょう。

 しかしこれは考えてみれば不思議なことです。臭いを感じるということは、化合物が揮発して鼻の感覚細胞に付着して初めて起こることですが、沸点1535度の鉄がそう簡単に揮発するはずもありません。ではあれはいったい何の臭いなのでしょうか?

 このほどライプチヒ大学のGlindemannらのチームがこの謎(?)の解明に挑みました。彼らは鉄イオン(Fe2+)と人工の汗とを人間の皮膚に作用させ、発生する化合物を捕らえてガスクロマトグラフィーで分析する実験を行ったのです。結果、鉄イオンに触れた皮膚からは、炭素数7〜10の直鎖アルデヒド類、1-オクテン-3-オンなど、昆虫や動物の異臭の元になる化合物が発生していることがわかりました。
オクテノン
(におい成分のひとつ、1-オクテン-3-オン)


 また鉄鋼の種類によっては、合金の成分としてリンを含んでいるものがあります。これが溶け出して皮膚の成分と化合し、メチルホスフィン、ジメチルホスフィンといった悪臭成分ができていることもわかりました。結局「鉄の臭い」と思われていたものは鉄そのものではなく、鉄イオンと、汗の酸性(pH4.7)によって皮脂が分解してできた、これらの有機物の混じり合った臭いだったというわけです。言われてみれば臭いがするのは鉄さびを握りしめた手であって、鉄棒そのものや新しい鉄板を握った手はさほど臭いわけでもありません。なるほどと納得の行く話ではあります。

ホスフィン
(メチルホスフィンとジメチルホスフィン)

 実はこういうケースは他にもあり、例えばプールの「塩素の臭い」というのは実は塩素そのものではなく、皮膚から水中に溶け込んだ尿素が塩素と反応してできたクロラミン類の発する臭いです。またせっけんで手を洗う時のぬるぬるもせっけんそのものではなく、そのアルカリ性によって溶け出した皮膚の成分の感触なのだそうです。

 まあそれにしてもこういうことを大まじめに研究して、それが一流の学会誌に掲載されているというのもどこかユーモラスな話です。来年あたり、イグノーベル賞の候補に挙がってもよい研究なのではないでしょうか?(Angew. Chem Int. Ed., 2006, 435, 7006)