さとうです。本日はもう一発。

 最近Chemistry Reference Resolverというツールが紹介されてかなり流行しております。要するに検索窓に「Nature Mater.10, 158, 2011」などと貼り付けてリターンキーを押せば、一発でその論文にたどり着くという便利サービスです。
 が、「でも対応してないジャーナルも結構あるなあ」などと思っていたあなたに朗報。さらに便利なサイトを教えていただきました。その名もArticle Locator for Chemistry。基本的な使い方は同じですが、有機化学に限らず非常に多くのジャーナルに対応しています。

「JavaScriptを使って完全にクライアントサイドで動くので、HTML + JavaSctiptのファイル一式をダウンロードしてローカルフォルダ内で動かすこともできます」そうです。まあ筆者なんぞこのへんの仕組みはさっぱりわかってませんので、こういうものを作れる人はただ尊敬するばかりですが。

しかしまあ、筆者はあのくそ重たいケミカルアブストラクトを必死に引いて調べ物をした経験を持つ最後の世代でありますので、世の中ずいぶん変わったものだなあとしみじみ思ってしまいます。こういうものを知ってると知らないとでは、ずいぶんと効率に差がついてしまうことでしょう。せいぜいご活用いただき、研究生活に役立てていただければ幸いです。