昨年末に113番元素ニホニウムの名称が決定したことなどもあり、元素に関連する本の出版が相次いでいます。大きな書店ではこうした本がまとめて並べられ、ちょっとした元素本フェア状態になっていたりします。

 実は筆者自身も最近、2冊ばかりの元素本に関わっておりますので、ここでご紹介しましょう。1冊目は「元素周期表パーフェクトガイド〜 元素でできたこの世界が手に取るようにわかる」(誠文堂新光社)で、筆者は付録ポスターと一部の章を担当しております。元が「子供の科学」編集部の企画ですので、カラーページも多く、読みやすい仕上がりになっています。それでいて元素の生成過程の最新学説や、ニホニウムの生みの親である森田浩介博士のインタビューなど、本格的な記事も満載です。子供さんなどと一緒に読むのに最適の本と思いますので、ぜひご覧ください。



 もう一冊は、「元素をめぐる美と驚き──アステカの黄金からゴッホの絵具まで」(ヒュー・オールダシー=ウィリアムズ著、早川書房)です。2012年にハードカバーとして発売された本が、上下2冊に分けて文庫化され、筆者は解説文を書いております。

 こちらは先ほどの本よりハードですが、元素の現物を収集するのがライフワークという、筋金入りの元素オタクである著書が書き下ろしているだけあり、驚くようなエピソード満載の本です。こういう本を見ると、やはりあちらの科学書は層が厚く、なかなか太刀打ちできないなという気分にさせられます。授業で学生さんに話すネタの宝庫として、活躍すること請け合いの本です。

 

 ということで、書店で見かけたら、手にとっていただければ幸いです。