中国ニュースブログ

中国在住の管理人が最新の中国ニュースを紹介! 中国ってこんな非常識なの?とかおもしろすぎる記事を掲載。

中国鉄道

185日目-中国高速鉄道時速500km試運転開始。天国へ行くの?

中国ブログ (2011年12月27日付ソース元J-CAST)

  40人もの死者を出した中国高速鉄道が、新たに時速500キロも出るという試験用新型列車を完成させた。

 事故の原因調査も終わっていないのに開発を進める当局に対し中国のネットでは批判の声も出ている。


 この列車、日本の新幹線「はやて」などをベースに開発した現行の「CRH380A」を更に改良したもので、車両を動かす電力をアップし、空気抵抗を減らすために先頭がとがった独特の形状をしている。中国古来の刀剣に似せたデザインと。

 2011年の7月に浙江省温州で起きた鉄道事故はまだまだ記憶に新しい。
 40人が死亡し、負傷者も多数出た。事故後の対応も車両をなぜかいったん土に埋めてしまうという不可解なものでもあった。

 この時の事故の原因調査報告もまだ出ていないが、12月26日には広東省の広州と深センを結ぶ新たな高速鉄道路線が開業。時速380キロで運行する予定だったが、当面は時速300キロだという。

 中国のネットではこんな声が聞こえる。

  「みんな狂っているのか?事故の傷はまだ良くなってないのにもう忘れてしまったのか?
まさか高速で天国へ運転するってこと?そんなに生き急いでいるの?」


  「もっと速くなるのか……、どうせまたその場で埋めて恥ずかしいことになると思う」

  「偉い人が試しに1年乗って大丈夫だったら乗ってみたい」

 また、時事通信の記事によると、中国南車が「CRH380A」の国際特許取得を米国などで進めていることも判明。

 日本の2ちゃんねるやツイッターには
「こうなることは容易に予想できたはずなのに…」
「中国なんかに技術貸与するからこうなるんだ」
といった反応が出ていた。
  

 もっともです。。。。
 
ZM-41

149日目(2)-高速鉄道事故、期限の120日後に原因の真相が明らかに

中国ブログ (2011年11月21日ヤフー)

 2011年7月に起きた高速鉄道事故の原因が明らかに・・・?

 2011年11月20日、中国浙江省温州で7月に起きた高速鉄道事故の原因について、事故調査専門家グループの王夢恕(ワン・モンシュー)副リーダーが
「管理体制の不備」と述べ、
従来の「信号設備に設計上の重大な欠陥があった」との説を覆した。


 「調査の結果、信号設備には何の問題もなかったと言って良い。最大の原因は人と管理の問題だった」 
「同じ設備は別の区間でも使っているが、故障など起こしていない。全体的な管理体制と心構えに問題があった」―。

 事故から120日。王氏は調査報告の提出期限にあたるこの日、事故原因を「管理体制の不備」と述べ、従来の「信号設備の欠陥」説を覆した。


 王氏ら専門家グループは事故車両の残骸、事故前後のやり取りが記録されているブラックボックスや無線通信設備などをすべて解析したほか、事故の再現実験も行い、原因の調査を進めてきた。王氏は「きちんとした管理がされていれば、あのような惨劇は起きなかった」とした上で、「今後は責任の所在を明らかにするため、管理体制や事故当時の担当者に対する調査が行われる」と明かした。

 事故当日の「7分間に100回以上の落雷」というのは過去最多だが、王氏は「日頃から設備の手入れをきちんと行っていれば、故障には至らなかった」と指摘、事故原因は「技術的な問題ではなく、人為的な問題」であることを強調した。事故は7月23日に発生、29日時点で死者40人、負傷者200人以上と発表されている。

 というか遅くね?
 120日後に原因が発表されるのは、しかも前に言ってたこととかなり異なるし。。。
 これからどういう風に調査が行われるのか????
gaotieshigu

68日目-中国高速鉄道開通1ヵ月で168件の故障

★中国ニュースブログ★(2011年9月2日サーチナ)

 中国で話題の高速鉄道
 7月だけで168件の故障が発生していたことが明らかになった。
  また、同23日に浙江省温州市で発生した追突脱線事故の直後にあたる同27日、温州市付近でCRH1型車両が信号トラブルで緊急停車して動かなくなるトラブルが発生していたことも明らかとなった。


 政府・鉄道部運輸局が発表したレポートによると、7月1日から同31日の1カ月間、高速鉄道全路線で168件の故障が発生した。

 そのうちメーカーの設計に原因がある故障は106件
 その大部分が中国北車グループ系メーカー製の車両、CRH380BL型に関する故障

 8月31日には四川省で、走行中の車両から突然煙があがるトラブルが発生した。
 高速鉄道車両の安全確保、信頼回復には相当な時間がかかりそう。
 

60日目-高速鉄道、事故原因の会社トップが心臓死??

★中国ニュース★

 高速鉄道の事故、原因ともいわれる信号を納入した会社の会長が心臓死??

 事故現場路線の列車制御設備を納入した「中国鉄路通信信号集団」は23日、同社の馬騁(ばてい)会長が22日、広東省深センで心臓病のため急死したと明らかにした。

 政府の事故調査チームの検査を受けていたといい、関係者は「馬氏は過剰なプレッシャーや責任を感じていた」と話している。
 ほんとうに心臓死かどうか気になるところ。
 自殺もありえるな。
 責任とって殺されたか・・・・


 同社の傘下企業が信号設備を設計しており、事故調査チームは「信号機の重大な欠陥が原因」との分析結果を公表していた。
 馬氏は「中国の高速鉄道で信号技術の第一人者」と言われ、原因究明作業などに影響が出ることも予想される。

47日目(3)-中国政府、ついに高速鉄道の全線減速決定。

★中国ニュース★
 中国鉄道部はこのほど、浙江省温州で起きた高速鉄道事故を受けて最高時速を約50キロ引き下げることを明らかにした。 温家宝首相が主宰した国務院(政府)常務会議で決定したみたい。
 以下調整される速度。
 最高時速は上海―杭州間の現行350キロが300キロへ。
 北京―上海間などの300キロは250キへ。
 200キロ区間は160キロに減速される。
 結局で当初計画から時速100キロ引き下げることになる。
 

 まあ
素直に速度を下げたことはただしい判断だと思うよ。
 いまさらと言う感もあるけどね。これで中国が鉄道を輸出することはなくなったというわけか。もう少し物事を見てから決めようね、発言しようね、中国さん。
記事検索
ギャラリー
  • CAの「ひざまずくサービス」がはじまる?
  • 事故で被害者にあやまりもせず、被害者がきれて殴りかかる。
  • 中国の宗教-全能神
  • 中国首相一族がここ数年で資産を2100億円増やしていたって・・・
  • 中国首相一族がここ数年で資産を2100億円増やしていたって・・・
  • 毒を盛られ一夜で全滅・1万5000㌔分の魚
PR
中国語サイト翻訳
アマゾン

  • ライブドアブログ