2008年04月14日

♪俺 青と赤 一生青と赤 俺 青と赤 ○○大っ嫌い

東京 2-1 ベルディ

得点:羽生(1-1)
    オ・ウンゴル(2-1)

GK:塩田
DF:徳永
   佐原
   ポスト
   藤山
   長友
MF:社員
   →大竹
   今野
   梶山
   羽生
   →金沢
FW:赤嶺
   →平山
   カボレ
   オ・ウンゴル

いや〜、燃えました。
前半はもうベルディの体を張った攻撃を耐える一方で、
耐え切れなくはないとは思うもののこっちの得点の匂いもしなかった。
まあ、目の前でフッキを抑える藤山と長友の姿を見てたわけで、
正直攻撃に関してはそう思うのは申し訳ない感じではあったのだが。
まあ、さわやかな893が今野に裏拳か何かをかました時にはさすがに殺意を抱いたがね。
スパサカ見たらあれがファールに見えないらしいしね、柱谷君には。
いや、
そう思うならいいクラブ紹介してやるよ。
それでもなんとかこのまま抑えて後半捲り狙いなんだろうと思ったら、
終了間際に嫌な位置でのFK。
さすがにちょっとずらされてあのコースに蹴られたら塩田でもしょうがない。
正直失点するんじゃないか位の雰囲気を感じてしまったからね。
まあFKからの失点だし、そんなに気にする事でもないとは思ったけど。

後半も立ち上がりはそんなに変わらなかった。
ポスト選手の絶妙なクリアにも助けられたね。
けど、
浅利を下げて大竹を投入した所から捲りスタート。
疲れの見えるロートル軍団にギアをあげてゴールを目指す東京はきつかったろうね。
羽生のゴールはほんとに素晴らしい。
3年前の梶山のアウトに引っ掛けたシュートを思い出した。
それにこれが移籍後初ゴール。
ここで決めたらヒーローとか言われてたし、
いろいろプレッシャーがあったと思うけどよく決めてくれた。
後は赤嶺そこは決めてくれみたいなシーンもあって、
正直どっちに転ぶか分からん状態だったけど、
クライマックスはロスタイム。
梶山のクロスに今野が落として長友が詰めてきたところに、
我々の待ち望んだオ・ウンゴルが足先でちょっと触って逆転ゴール!
一気に雪崩って一番前まで駆け下りた後、
試合が終わるまでの記憶は一切ない。
友人に言われるまでフッキ退場したの知らなかった。
フッキ退場?え?何の事?みたいな。
ピッチは見てた筈なんだけどね。
で、見事捲りきって劇的な逆転勝ちと。

点に絡んだ二人は新加入だし、
これでチームにホントに溶け込んでくれた感じがする。
・・・いや、長友は既に長年いるオーラを感じるけどなw
ま、羽生君はホントいい顔してるな。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=photo&d=20080413&a=20080413-00000002-maip-socc.view-000&done=/hl%3fc=jleague%26a=20080413-00000002-maip-socc

長友も非常に男らしい顔だ。
あれは男が惚れる男だね。

http://www.tokyo-np.co.jp/tochu/article/fctokyo/news/200804/CK2008041302003411.html


それとこの二人のシャーもなんだか味があったな。

http://www.jsgoal.jp/photo/00032300/00032391.html

羽生さんはやり方が分からず平山に聞きに行ったばかりか、
「早く得点してサポーターにあいさつしたかった。やり方が分からなくて申し訳ない」
・・・なんていい人なんだ。
同い年としてなんだか自分の小ささに泣けてくるぜ。
でもやり方が分からなかった分仕草が可愛かったのは秘密だw
長友は恒例のでんぐり返り5回の後にやってくれたり、
実は中の人小峯なんじゃね?w
あれだけサービス精神あるやついねえってw

もちろん彼ら以外にもフッキその他を抑えた佐原や社員に今野梶山、
前線で体を張った赤嶺やカボレ、
捲りのスイッチを入れた大竹に、
声を枯らすまで叫んだJFK、
みんなが勝つために1つになってた。
ホント、チームが1つになって掴んだ勝利といっていいよね。
もちろん、決定的なシュートを防いでくれたワシントン・ポスト選手(アメリカ)と、
ようやく覚醒したオ・ウンゴル選手にも感謝だ。
べ、別に外国人枠守ってるんだからいいでしょ!

正直個人的にはベルディというチームには特別な感情はない。
ただそのチームに関わる、
チームの背景だとか現状を認識できない一部の勘違いした人間には嫌悪感を持ってはいる。
俺がこのカードで負けたくない理由はそれ。
そんなやつらにデカい顔されたくないだけ。
でも、そんな理由でも戦う理由には十分だし、
ここ最近類を見ないくらい集中してたな。
同点に追いついても流れが行ったり来たりで定まらない時間帯があったけど、
最後に1回くらいはこっちに流れがぐっと来ると信じてた。
多分みんなもそうだったんじゃないかな?
やっぱあそこまでいったら引き分けじゃ終われないでしょ。
そういう部分があって、そういう人がたくさんいたら流れってくるもんなんだよね。


節目というか、
大事な試合で勝った事はいい事だけど、
リーグ戦は続くわけだから

〔´・∀・〕<浮かれないでください!

という事だね。
なんてったって次はナビスコを挟んで川崎様だからね。

でも、
羽生の決めたゴールみたいなシーンをもう一度見せて、
フジテレビのスポルトのアナに

289 :U-名無しさん:2008/04/13(日) 00:41:14 ID:yfsslGlC0
本朋すごいすごいってイヤラシイなw
290 :U-名無しさん:2008/04/13(日) 00:41:14 ID:sHPv5Ep10
すんごい って完全にエロですね
292 :U-名無しさん:2008/04/13(日) 00:41:18 ID:3wOS59tR0
女子アナにすんごいと言わせるコーナーなんだなw

と言ってもらいたいもんだw

あと、
やっぱり土肥ってスポーツ選手はオリジナル東京には弱い事が証明されましたw
大体これまでのダービーの回顧録でベルディのゴールシーンしか流さないんだから。
わざわざ特集映像作って味方のキーパーのやる気を削いでどうすんだw
  
Posted by royalblue_ss1 at 23:13Comments(0)TrackBack(0)moblog

2008年03月30日

サッカーを、楽しめ

東京 3-3 京都

得点:
吉本(1-0)
赤嶺(2-1)
エースストライカー今ちゃんさん(3-3)

何とも判断し難い試合だったけど、
結果を見れば悪くはないかな。
先行しても追いつかれ、
逆転された所を追いついた訳だからね。
それにエメルソン、梶山、石川を欠いても3点取れた所は評価すべきかと。

後ろの面子については抜けてる選手がいないので、
ちょっと考えたほうがいいかもしれん。
京都のFWのチェックの早さがすごかったもんだから、
特に吉本はビビッてたかな。
せっかくのマイボールをプレゼントしたり、
ポゼッションを重視しているならなおのことやってはいけない事じゃないかな。
まあ、まだ経験も少ないわけだから仕方のない事かもしれないが。
あとは茂庭もまだシゲニワな所がね。
角田との競り合いは負けてほしくなかったな。
ただ、茂庭外すとDFラインを1から作り直さなくなるから難しいところだ。
ま、
今日の失点シーンはDF陣総じての課題なので皆で何とかしなくてはならんだろう。

逆に攻撃陣は離脱者が多い中よくやってた。
まあ、あれだけチャンスを作れるとは思ってなかったからね。
欲を言えば最後の場面でしっかり決めろと言いたいところではあるが。
チャンスが潰れる度に仰け反って腰が痛くてねw
でも、アイディア溢れる崩しも見られたし、
攻撃陣に関しては心配しなくてもいいかもしれん。

正直ね、
大竹は素晴らしいよ。
あれでプロでやってける体ができたらどうなってしまうんだろう?
後半にみせたFKなんかGKの反応が遅れてたらそれは美しいFKだったろう。
さすがは目標中村俊輔といったところか。
もちろんFK以外にも常にゴールに向かう意識の高さが見て取れるプレーを選択してるし、
願わくは順調に成長していって欲しいね。
今、世間の目は香川に向いてるから、
スターシステムに乗る事もないだろう。
てかよしんば乗せられたとしても、
大竹は性格がしっかりしてるから大丈夫かな。

香川を使うだけ使う、番手絶好というやつでいいよw

あとはカボレも大分調子が上がってきたみたいだな。
圧巻だったのは後半のカウンターの場面で、
ドリブルで重戦車のように駆け上がり、
パスを出した後も追いすがるDFをスピードに乗ったままパワーで弾き飛ばしてたな。
あれくらいの強引さをもっと出してやれば、
得点も量産できそうな気はする。

羽生さんもCK蹴りに行くときにスタンドを煽ってくれたし、
羽生さんいい人だな。
てか、
正直あの体格で両手で煽ると子供がただはしゃいでるだけにも見えて仕方がなかったのは内緒だw
そしてやっぱりエースストライカー今ちゃんさん。
ゴール前のチャンスは見逃さないぜ。
何気にリーグ戦3試合連続で点取ってたりするんだけど、
このペースで行くと34点か。
得点王ktkr!
今野エースストライカー説でもマジでやってみようかねw
代表戦でDFやらされてるのを見るとね、
ホント歯がゆくて仕方がない。
今野を守備専だなんて何も分かっちゃいねえぜ。

というわけで、
去年までなら確実に2-3で負けてた試合を引き分けに持ち込めるようになったと、
少しは成長した所を見られたのでまあいいかな。
守備陣だけは反省を忘れずに。
ま、今年は今のところ不安よりも期待のほうが大きいから、
試合が楽しく感じられるぜ。
久々にベロ旗最前列まで行ったけど、
俺自身最後まで集中してやれたからね。
まあ、審判がどうのこうのと言いたい人もいるかもしれないが、
そんな事を気にする隙間もないくらいだったね。
これで内容が高まり、
結果がついてきたら言う事ないな。
俺も城福さんも迷いはない、
といった所かな。
  
Posted by royalblue_ss1 at 21:32Comments(1)TrackBack(0)moblog

2008年03月28日

練習試合メモ

整理して書くのが正直しんどいので、
試合メモをそのまま公開してみます。

東京 流通経済大

流経
左から崩され塩田止めるもこぼれを
流経
シゲニワミスからPK
流経
ゴール前競り合いクリアできず
東京:カボレ
裏に抜けたカボレ倒されPK

赤嶺とシゲニワとやばいな

佐原→ブルーノ
浅利→小山(藤山左、金沢ボランチ)
大竹→森村

2本目

平山栗沢鈴木椋原荻
大竹佐原再入

東京:栗沢
ゴール前でパス繋いで

東京:大竹
ゴール前こぼれから相手ビルドアップを前目で鈴木が奪い、大竹が決める

大竹→森村
佐原→吉本
川口→下田(栗沢2列目)

東京:ブルーノ
CKから相手キーパー空振り

東京:森村
平山落とし鈴木スルーパス池上抜け出しこぼれ詰める


3本目はサイン貰いの為雑感

・吉本椋原のCB!
・平山小技で決める
・右SBとボランチとシャドーに練習生、ユースか?
  
Posted by royalblue_ss1 at 00:02Comments(0)TrackBack(0)moblog

2008年03月27日

国立霞ヶ丘競技場

470fd955.jpgKNKNYで安売りしていたので来てみた。
ありがとう、KNKNY。
つか、
バックなんてゾーン指定にしてくれればいいのに。

さて、相手は一応フル代表。
今日は結果よりも内容だな。
  
Posted by royalblue_ss1 at 19:08Comments(0)TrackBack(0)moblog

2008年03月24日

晴智優勝!

晴智おめでとぉ〜!!!
俺は信じてたぜ!

正直レース展開はよく覚えていない。
4コーナー回って直線勝負になった時に晴智の姿が見えた瞬間、
とにかく「来い、晴智!」の一心だったよ。
合志に追い上げられたけどきっちり差して、
言う事ない勝利だ。
晴智信じて、よかった〜w
しっかし、
この間のグランプリじゃ伏見伏見と言い続けて伏見が獲り、
競輪祭じゃ井上か山幸で井上が獲った。
で、今回も

>明日から静岡競輪でG1日本選手権(ダービー) が始まるという事で、
>早くもはやビシッと予想をしてみるかな。
>
>近走の出来、そして懸ける思いを勘案するに、
>ここは晴智に取ってほしい。
>

で、
晴智晴智言い続けて晴智が来た。
特に開催前から言ってた訳で、
GPの時と違って決勝に乗れない可能性もあった訳だからね。
現に地元Wエースの新田は決勝乗れてないし。
何だろう、ビッグで俺がコイツは来るっ言った奴は優勝するのか?


>>そして俺はNARA一家車券対決で晴智を当てて2着を華麗に外してやるぜw
忘れちゃいけない。
これももちろん守ったぜw
いやー、そうかぁ合志来たかぁ〜。
いや、何も言うまい。
どうせ俺はNARA一家だw
だから日自振は単勝売らないんだなw


でも真面目な話、
すげえ嬉しいな。
応援した選手が勝ってくれたんだ。
金がかかってるとかそういう事は関係ない。
たとえ2着を外してても、
これに勝る喜びはない。
やはり地元の選手が優勝した時のスタンドの雰囲気は最高だ。
そういう意味じゃ、
本場に行って大正解だったよ。

ホント、今日はいいレースを見せて貰ったよ。
おめでとう、ありがとう、晴智。
  
Posted by royalblue_ss1 at 00:22Comments(0)TrackBack(0)moblog

2008年03月21日

横浜マリノスが大分に強い理由

939b6276.jpg横浜マリノス 1-0 大分トリニータ

得点:田中隼(1-0:左ロニー→中央こぼれ→ライナー)

リーグ戦連勝と、好調同士のカードとなったナビスコカップ予選D組開幕戦。
代表戦の影響で山瀬兄と中澤を欠く横浜は、
水沼、長谷川Aら若手を起用し、
若手の力で国立を目指す。
一方大分はリーグ戦の勢いそのままに、
負傷の金崎を清武に変えた以外はリーグ戦と同じメンバーで臨み、
初タイトルへ心意気を見せる。
時折強くなる風雨の中、15:00にキックオフ。

最初に主導権を握ったのは大分。
DFライン、中盤の横のラインでボールをキープし、
高松、ウェズレイのFWへ当てて攻撃を組み立てる。
しかし横浜の守備陣も集中を切らさず、
鈴木のヒヤリとするFKのみに大分の攻撃を抑える。
一方、20分前後から大島にボールを集めだした横浜は何度かチャンスを作るも、
大分の熟成された守りがこれを防ぐ。
試合が動いたのは62分。
小宮山の気の利いたパスから左サイドを巧みに抜け出したロニーのクロスから、
ゴール前でこぼれた所をオーバーラップしていた田中隼が狙い済ましてゴールに突き刺す。
その後大分が怒涛の反撃を見せるもウェズレイが退場したこともあり、
ロスタイムの西川の攻撃参加も実らず、
拮抗した緒戦は横浜がものにした。

横浜の勝因はいくつかあるが、
まずは大分に負けないフィジカルが挙げられる。
大分はキャンプでからりフィジカルを仕上げているようで、
この日の選手達の動きは結構キレていた。
大分の優位性の一つにそのフィジカルの強さがあるのだが、
横浜も負けてはいない。
代表で中澤を欠くも大島、松田、栗原に新加入のロペスと、
縦のラインにしかkりと体を張って競り負けない選手がいる。
それにこの日の田中隼、小宮山の両SBは積極的に攻撃参加し、
大分のプレスにかからない攻撃と大島に当てる攻撃とを展開し、
主導権を握れた時間帯はこの按配がとても良かった。
昨年も横浜は大分に2勝(得失点差+8)しているが、
そのあたりに大分に対して勝てる秘密があるのではないだろうか。

選手に目を向けると良かったと思えたのが田中裕。
松田がやや上がり目になることが多かった前半は栗原との2CBに近い形となったが、
サイドが専門の田中裕でもソツなくこなしていた。
横浜のDF陣も層が厚いが、
このところのリーグ戦にも出場している事から、
起用に応えるだけの力を身に着けた事は横浜にとっては大きな財産になるだろう。
また、この日の攻撃を司ったロペスも、
体を生かしたキープにブラジル人らしいテクニックを時折見せていた。
チームへのフィット感は十分ではないかもしれないが、
山瀬や大島らとコンビネーションが熟成されれば非常に怖い存在だ。
ロニーは常に相手DFから消える意識を持っているようだが、
ポジショニングにやや難があるか。
この日は坂田を超えるような怖さを感じさせたのは、
結果的にアシストになったあのシーンくらいだったか。

一方大分は前半見違えるような繋ぎの攻撃を見せるなど、
昨年をベースにしたアドバンテージを感じさせるサッカーを見せていたが、
シュート数5が示すとおり最後のもう一踏ん張りを横浜守備陣に止められた。
鈴木のFKなど得点を感じさせるシーンもあったが、
金崎の代わりにトップ下を務めた清武はなかなかボールに触れず沈黙。
やはりチャンスの数が少なくてはこの日の横浜から得点を奪うのは難しかっただろう。

なお、
74分には松田との1対1からウェズレイがシミュレーションを取られ結果的に退場となったが、
ほぼ真横から見ていた自分の席からは松田のタックルは正当なタックルで、
横から見ていた副審のアドバイスにより判定がウェズレイのファールとなったのは妥当と思われる。
松田のタックルはボールに触れたか触れなかったかの微妙なタックルに見えたが、
仮に触れなかったとしてもウェズレイの倒れ方、
というより飛ばされ方が倒されたにしては不自然だったためだ。
倒されたのはペナルティエリアのすぐ外側だったが、
倒れたウェズレイはかなり内側に倒れていた。
ウェズレイのドリブルのスピードから考えると、
ちょっと怪しいように思われても仕方がなかったか。
この日の主審は松尾氏でやや判定に偏りがあったが、
それは両チームにいえること(横浜のロペスもなかなかファールを取ってもらえなかった)である。
むしろ判定を頑として変えない審判よりは、
重要な場面で副審の助言を聞き入れ、
(少なくとも縦位置で見ていた主審より、横位置の副審のほうが見やすかったのは確かだ)
自分の誤りを訂正する勇気を持っている所は評価してもいいと思う。

この件にも関わるが試合後のシャムスカ監督は怒り心頭で、
確かに試合中から判定の度に苛立っていたのだが、
この試合もそうだが大分がカードを貰う事が多いのはこのあたりに原因があるだろう。
シャムスカ監督のタイプからすればメンタルを大事にするタイプだから、
選手と気持ちを共有したいと思うのだろうしそれは間違ってはいないのだが、
選手はエキサイトするし、もちろんサポーターもエキサイトするような状態で、
誰がその激情をコントロールするのだろう?
大分のベンチは試合中かなり審判に抗議する姿が目立っていたが、
誰かは冷静な人間がいなければ歯止めが利かなくなる。
苛立つ気持ちも分からないではないが、
もっと冷静な視点を持ってもいいのではないだろうか。
例えば、
自軍に不利な判定があった時にすぐマスコミを含めた周囲に不快を漏らす阪神岡田監督と、
審判を同じ試合を作る仲間と認めて判定に理解を示す中日落合監督と、
どちらが今結果を残しているかを考えたら興味深いと思うがいかがだろうか。

冷たい雨の降る試合、
ゲームを制したのは冷静なファイトに徹した横浜マリノスだった。
もしかしたらではあるが、
今年のマリノスは納得できる成績を手にする事ができるんじゃないかと期待できそうな感じがする。

横浜Fマリノス
  
Posted by royalblue_ss1 at 22:04Comments(1)TrackBack(0)moblog

2008年03月16日

かいまく

0401462f.jpg
2e9e0a83.jpg
e912dc46.jpg
いい天気だし、
国立のこんないい席に座らせてくれる横河さんありがとう。
  
Posted by royalblue_ss1 at 13:02Comments(1)TrackBack(0)moblog

2008年03月09日

期待しちゃカボレ♪

東京 1-1 神戸

得点:エースストライカー今野

悪くない。
勝てない試合ではなかったから正直神戸に引き分けた結果自体はかなり悔しいが、
今後に十分期待できる内容じゃないかな。
代表やら移籍の遅れやらで、
全員で練習したのは2週間位しかないけど、
城福サッカーの浸透度合いは十分伝わってきた。
去年の適当サッカーに比べたらかなりサッカーしてるよw

基本繋いで動いて崩すサッカーだからとにかくプレスの神戸には分が悪いのだが、
最初ロングボールでいなしてプレス疲れを誘ったらパスで翻弄した前半を見てたら、
ホント頭使うようになったなーと軽く感動しちまったよ。

後はスタミナをつけていく事、
連携を深めていく事、
そして最後のフィニッシュの部分の詰めをしっかりしていけば、
これは面白い事になりそうだ。
正直不安要素が結構あって我慢が続くのかな、と思っていたが、
引き分けでこれくらい手応えがあったのだから、
比較的楽な組み合わせが続く今のうちに、
勝って自信をつけたい所だね。
城福さんのサッカーは間違っちゃいない。
俺も端から迷ってなんかいないぜ城福さん。


しっかしエメルソン、羽生のふたりはプリキュア…、
ん?何だこの予測変換w
この二人の運動量は凄いね。
羽生が城福さんに口説かれた理由がよく分かった。
エメルソンにしても、
リーグ戦でこれだけやれるのを見て安心した。
久しぶりの当たり外国人だ。
セットプレーのサインプレーもできるようになったし、
周りもよく見えているよ。
それから大竹、
こいつもビックリした。
まだ短時間の出場ながら、
仕掛けるハートの強さは流石だね。
キックも正確で、
梶山にもう少しだったあのクロスの質は良かったな。
もっと強い相手に同じようにできたら、
大竹には期待を禁じ得ない。

そしてカボレカボーレそうカボーレ、
これは当たりなんてもんじゃない。
あれで100%じゃないんだ。
高さがあった上で、
DFを置き去りにするスピード、
複数にマークされてもこじ開けるパワー、
スルリと抜けるテクニック全てがある。
かつてやはり韓国で得点王だっけ、大活躍したマグノアウベスという素晴らしいFWがいて、
何度もプレーを見たことあるが、
比じゃない。
マグノアウベスのスピード、
浦和のワシントンのパワーは備えているんじゃないか?
二人のマーカーからスルリと抜けて、
体勢を崩しながらもシュートを打つ所まで行ける意識の高さも魅力。
前田さんは環境に慣れたらエムボマ級の活躍はするだろうと言っていたが、
少なくとも25点宣言は全くのホラではないかもしれん。
この日だってもしキーパーが当たっていた榎達じゃなかったら点取れたんじゃないかな。
これでwktkしないのは、
ゴールが欲しい場面でペナルティエリアの中でフリーでしかもキーパーまで目の前にいないのにアウトサイドでシュートしようと思うようなものじゃないか!
いや、
もしくは彼女なしの状態で防音対策万全の密室でバスタオル一枚で「……いいよ」と言ってくれてる好みの据え膳を食べないようなものじゃないか!
ああ、「フルメタルパニック!(注:ライトノベルですw)」の最新巻の影響受けまくりじゃないか、俺。

とりあえず、
カボレに関しては相当期待して良さそうだね。

まあ、
緊急事態で使うのがベターな藤山にレギュラーで使う事については一考の余地ははあるが、
これはブルーノさんがキャンプ中に怪我した事を考えればまだそういう事態だという事なのかな。
いずれにしろ期待はできるがまだまだ課題はあるわけだから、
今ちゃんさんの言う通り浮かれないで下さい、って所かな。
試合に勝ったわけでもないしね。
つか、
鈴木さんが出てりゃ勝てたのにな〜。
ブーイングなんかしてやらないがね、
イッチローと言う準備はしていたのだが。

それから創設10周年のホーム開幕で山本高広。
織田裕二じゃなくて山本高広。
ようやく東京のファンサービスの何たるかをフロントは思い出したようだw
この点についても期待できそうだ。

という事で、
引き分けた事にかんしてはかなり悔しいけれど、
楽しんで帰れたからね、羽生さん。


  
Posted by royalblue_ss1 at 10:11Comments(1)TrackBack(0)moblog

2008年03月08日

久しぶりの我が家

aa12ff82.jpg
540aaac6.jpg
うーむ、
久しぶりだねぇ。

そういや、
ゴールネットがあおあかになったんだね。
埼スタのネットをパクって青く塗(ry
  
Posted by royalblue_ss1 at 12:22Comments(0)TrackBack(0)moblog

2008年02月24日

今日も好調

d1fe3782.jpg1発目からビシっといきましたよ、NARA単を。
最終ホームまで、
よし取った、
と思ったよ。
僕は言ったよ。
「梶山よく頑張ったありがとう」
でも頑張ったの辺りで、
佐々木龍也が競りやがったね。

まあいいけどさ、

やっぱ俺もNARA一家だな〜ァ。
  
Posted by royalblue_ss1 at 14:15Comments(0)TrackBack(0)moblog