※重賞◎候補の追記あり。本文中ほどには火曜に追記した次走期待馬もいます。

先週は紫苑S&セントウルS&京成杯AHの3重賞で公開した全ての◎本命馬が見事1着!ついでに相手馬も,★爆弾ガリバルディ11人気2着,○対抗ダノンリバティ6人気3着&▲単穴カリビアンゴールド6人気2着,などなど印公開穴馬も爆走し捲り!秋競馬2週目も良い馬ばかり探してみます。⇒火曜追記★ローズSGⅡ;昨年から春にかけては毎度リスグラシューとレーヌミノルの取捨には正解を出し続けてきましたが、当日の状態でどこまで評価が上がるかは分かりませんが現時点では切る方向。今回はその2頭以外の4頭(ミヤビ回避のため3頭)に熱い視線です。その中でもこの馬は今回の条件は走る番。一応今のところは最注目しておきたいと思います。⇒
今週の早出し◎候補がこれ!!※遅くなりました。追記OK!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

まずは先週走った馬の中から次走注目のお宝特選馬を。

新たなお宝馬は毎週メールにてお伝えしています。週の前半はだいたい毎日走る馬を探しているので次の紹介馬を知りたい方はメールチェックを忘れずに。

今週1頭目の紹介はこの馬を(その他はメール内で確認できます)

9/9阪神※R※※※※※
「※着」※※※※※※※※※
━━━━━━━━━━━━
『見た目にももの凄い強い競馬でしたね。勝った馬も強い馬ですし、少頭数のハンデ戦ながらメンバーもそれなりの馬が揃ったレースで際立つ追込み。位置取りが悪くなった4角手前から直線向いた時は前も楽に見えましたしほぼ絶望的な状況に映ったのですが、まさかあそこから勝ち馬にクビ差まで迫る脚を使うとは、かなりの驚きがあった走りでした。確かに1人気でしたしパドックでも高く評価したように馬が強いことは当然誰もが知っていたことでしょうが、それでもあのレベルのパフォーマンスは簡単にできるものじゃないでしょう。この分なら上に行ってもすぐに勝ち負けレベルに思います。馬体もですが血統背景からもまだこんなところで止まって貰っても困りますからね。この先も期待して見ていきましょう。』

今週2頭目の紹介はこの馬を(その他はメール内で確認できます)

9/9阪神※R※※※※※
「※着」※※※※※※※※※
━━━━━━━━━━━━
『夏の間の3ヶ月の休養でグンと馬が成長した印象で前走の走りも強さを見せた内容。強い馬に真っ向勝負を挑む形になったのは枠順などの関係もあってですが、あの形で食い下がったのだから十分に強いです。そして今回の競馬も切れ負けしたとはいえ流れた中を早目に動き出して決して止まったわけではない2着なので勝ち馬を褒めるべき。展開と位置と脚質を考えれば勝ち馬とそう大きな力差はないと見ておけばいいでしょう。2連勝時もさすがだなと思わせてくれましたが強さで言えば圧倒的に今現在が上。成長したわけなので当たり前のことですが、春と比較すれば全然違う馬になっています。自分で動いて行ける強みもありますし、無理にトライアルなどに出なければこのクラスはすぐに勝ち切れるはずです。』

今週3頭目の紹介はこの馬を(その他はメール内で確認できます)

9/10阪神※R※※※※※
「※着」※※※※※※※※※
━━━━━━━━━━━━
『この馬に関してはパドックで馬体を見て少し誤解した偏った見方になってしまったかも知れません。こういった脚付きの馬の場合、短距離の先行馬になることが多くこの馬も逃げてこそのタイプに映ったのですが、レースでは出遅れてしまって馬群での競馬。騎手がどういった戦法を思い浮かべてたゲートを出たかまでは分かりませんが、焦ってる感じもなかったので最初から控えるつもりだった気もします。体型で脚質は大きく変わるものですが、その備わった脚質と馬の性格が一致してると基本はレースがし易くなったりするわけです。逆に差し体型なのに性格がアレだから逃げなきゃいけないとかの場合だと体型とのミスマッチで都合が悪いということ。この馬の場合、見た目では前で行き切らせた方が力を出せる体型に映ったのですが今回の出遅れからの走りを見た感じでは十分に差す脚が利く走り。古馬になって逃げて大活躍してる馬が新馬戦では差す競馬で圧勝したりと、それと同じに相手が弱い新馬レベルだったからという見方もできますが、思った以上に脚が入るフットワークでギアチェンジもスッとやってのけてますのではっきりと言えば予想外でしたね。この体型で脚を溜める競馬ができるのであればそれは大きな強みですし、強くなる可能性を秘めている馬との見方。ひとまず2歳の新馬未勝利レベルでは力が上なのは間違いないのでこの後もじっくり観察していきたいと思います。脚質云々は置いとくとして、とりあえず一つ勝つのはすぐでしょう。』

1頭目a,2頭目b,3頭目c,
お宝特選馬はリンク先のランキング内紹介欄に記載してます。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ここからは先々週走った馬の中から1週遅れですが全馬ご紹介(この馬達は先週月曜から水曜にメール配信したものです。)

では、


『もう1走2走でだいたい勝つかな。第32回』


9/2小倉2R2歳未勝利
「2着」11ウォルビスベイ
『やや頭は高いものの凄く姿勢の良い走りをする馬で、印象としてはディープインパクト産駒というよりはマンハッタンカフェなどの系統を思い浮かべてしまいます。この姿勢の良過ぎる走りが悪い方に働く馬もいればきっちり推進力に変わる馬もいますが、ウォルビスの場合は追ってからの首の動きはこれから徐々に変わってきそうな印象も受けましたし、これで付くべきところに筋肉も付いて首を上手く使えるように進化すればかなり良い馬に変貌していくかも知れません。今のところはまだまだ薄っぺらいですし必要なところが足らないので上手く体を使いこなせてはいなくて物足りなさはあるものの、新馬レベルでこの走りが出来るなら将来有望。これから見ていきたい馬ですね。前走のデビュー戦がロックディスタウン組。勝ち馬ロックの手応えにこの馬に付いていけば道が開くと判断した感じで真後ろから追い掛けて最後は突き放されるという内容。相手は重賞ウイナーになりましたし上がりも恐ろしく速く結果は仕方ないものではあるのですが、それでも十分な合格点を付けられるものでした。今回の2着も勝ったシャルドネゴールドが同じくロック組の3着馬。着実に差は埋まってましたね。来年対戦する時は逆転も不可能ではないでしょう。この走りなのでこの馬の本番は広いコースに替わってから。秋は楽しみです。』

ウォルビスベイ

9/2札幌5Rメイクデビュー
「3着」10サトノテラス
『この母系なのでこの馬も大きな体に出ましたが一つ上のGⅠ馬サトノアレスの纏まった大きさよりはだいぶ大造りに出たなという印象。こういう体だとスッと動きたい時に動けないんですよね。レースでの走りを見てもやはりそこで動けなかったかと思わせる内容でしたし、体は正直です。サトノアレスが中山でも上手く走れているのですが開催後半の中山での外からの瞬発力勝負のような舞台だと力は発揮できないタイプでしょうか。緒戦だけで判断すれば早めに突き放すような競馬が理想に思えます。ただ、あくまで兄と比べればということなので同世代の未勝利レベルの馬と走るなら当然そこまで割り引く材料でもなく、今回は追っての味が出ませんでしたがすぐに良い所が出てくるはず。今は前肢も揃って出てしまってますからどうしても鋭さに欠けるところがあって伸びあぐねてしまいますが、パワーはありそうですし体がシャープになっていけば変わってくれるでしょう。今回はデビュー戦で馬っ気もきつかったですし多少は影響したとも思いますからね。素材としては1勝2勝で終わる感じではないので中山開催の早めの段階でまずは1勝して貰いましょう。』

サトノテラス

9/2札幌8R3歳上500万下
「3着」16グレンマクナス
『レース全体の流れは遅いのですが、開催後半にありがちな先に動いたもの負け的なレースで特に札幌のような特殊形状で小回りの最終週ではよく見るアレですね。4角を引っ張り切りで来ておきながら後ろにいた馬の格好の目標になっての3着。この形になっては正直何をどうしようがここまでが精一杯でしょう。要はこの内容を次走以降で活かせるかなので、まず道中早目に動いた馬が出たことで下がりつつも馬のやる気スイッチが入ったことが4角先頭の要因。騎手の指示ではなく自らギアを上げてしまったことが今回のような競馬では致命的。むしろ騎手が動かそうとしても全然反応せずにやっと動き出してくれたぐらいでちょうど良いという展開なので、今回のグレンの競馬は単純に勝てる競馬ではないですね。そんななか先抜けから2頭に先着されはしたものの3着残しは結構良い評価。通常開催なら一気にゴールまで走っていても不思議なかったと思います。意図しない格好で早目進出からの押し切りができるレベルということなので馬は強いですよね。戦績を積んでどんどん良くなっていってる途中ですが馬は以前に比べてワンランク上になった印象も受けますし、トモの緩さなんかは残ってますがそこはまだ3歳馬。これから走れる身体に変わってもいきます。血統からも先々には更に期待するとして現段階でも500万クラスなら常に勝ち負けのレベルとの見方で良いでしょう。』

グレンマクナス2

9/2札幌12R日高特別
「2着」16レッドローゼス
『先々上手く成長してくれれば重賞で勝ち負けしてきそうな馬だなとも思っているので期待しながら今回の走りを見ていましたが、良い内容で休み明け緒戦としては大合格点と言えるでしょうか。一見しただけで走るなと分かるぐらいに馬の雰囲気も良かったですね。体重の変動は大きくはないもののボリュームを増した印象もあって肉付きもかなり良い感じに成長していたように思います。そんな今回のレースですが、最後の最後で切れ負けした格好で2着。これは上のグレンマクナスの時にも説明したのとほぼ同じ現象でかなり近いものになります。もちろん勝ったトリコロールブルーもこれから昇っていく有望3歳馬なのでかなり強い内容に思いますが、この1着2着にそう差は感じませんし、上でも言った通りに先に動く方が

不利な馬場。正に負けて強しという内容でしょうか。1着2着馬ともに古馬になってから更にというタイプなので来年の成長が楽しみです。もちろんこの秋も良い競馬を見せてくれるでよしょう。一先ずこのレッドローゼスはトライアルレースに出て来てもマークは必要なレベル。トライアルともなれば相手も相当な馬が多数出てくるので扱いは慎重にしなければなりませんが、2200mぐらいまでなら一発あって不思議なしだと思います。普通に自己条件への出走なら当たり前に勝てるレベル。これはもうどこに出て来てもという見方で大丈夫でしょう。まずは動向を気にしておきましょう。』

レッドローゼス

9/3新潟1R2歳未勝利
「3着」10ダンシングチコ
『騎手が馬上でガタガタ上下するぐらいに馬は終始行く気満々で一歩間違えば一気に掛かって行ってしまいそうなほど。デビュー時もレース内容が目立っていた馬で評判になっていたジナンボーの2着に来てましたが、休み明けの今回も内容良くこれだけ行きたがっても終いまでしっかりとした脚。ダイワメジャー産駒なので淡白な馬体に出てしまうと単なる一本調子の短距離馬になってしまうことも多いのですが、この馬は良い意味でダイワメジャーらしさが薄くやや長めまで走れて末脚も使えるような馬体に出ています。それでいながらボリュームもあってはっきりと言えばかなり良い馬。勝ち上がるのに時間は掛からないでしょうし、この先の活躍も期待できそうな馬ですね。次はかなり良さそうに思います。』

ダンシングチコ

9/3新潟5Rメイクデビュー
「2着」14キングスヴァリュー
『パドックでの印象では少しクタッとしているところもあってまだ芯が入ってない感じが強くそれが走りにどう影響するのかに注目していましたが、いざ走らせてみると抜群の動き。パドックでのやや頼りない印象をバッサリ切り捨てさせるような力強さとしなやかさはスタートしてすぐに勝つのはこの馬だなと確信に近いレベルで思わせるほどでした。なので直線で追い負けての2着の内容には少々不満もあったのですが、この辺りが緒戦向きで動けた馬とこれからグンと良くなる発展途上の馬の違いだったかなと思います。ここを使って当たり前に大きな上積みが見込めるでしょうし次はもっと切れる脚が使えそう。この分ならかなり面白い馬に成長してくれそうにも思います。次走だけじゃなく先々まで期待してみましょう。』

キングスヴァリュー

9/3新潟6Rメイクデビュー
「2着」14ソングオブファイア
『新潟ダート1200mで緩めの流れに持っていかれたことで最内からポンと出たセイウンスパイに逃げ切りを許してますが、2着3着馬はそれぞれ強かった印象ですね。まず2着ソングオブファイアは、だいぶ前が勝った馬体だけに先々まで期待するにはトモ脚にも力強さが欲しいところはありますが、後肢も良く跳ねますし、胸が深いというのも走る馬には重要なもの。加えて背中のラインも結構良いものを持っていました。バランスがまだ悪いので足りてない面を補いつつ馬体が良い方向に成長してくれれば面白い馬に化けるかも知れません。現時点でも追って味のあるところも見せていますしスピードも十分。未勝利レベルならコースは不問なのでダートの短いところなら次のレースを勝つ目は結構高そうに思います。』

ソングオブファイア

9/3新潟6Rメイクデビュー
「3着」5ハウナニ
『上のソングオブファイアと同じレースでの3着がハウナニ。ユキチャンの仔の白毛なので話題になってましたね。父もバンバン走る新馬を出しているロードカナロア。カナロアはここまで芝でのデビュー馬が多く母系がダート血統のこの馬がどんな走りをするのかには注目してましたが、頭が高めで捌きもどちらかと言えばダート向きの走り。この馬を見た印象では父カナロアはやはりキングカメハメハ同様に母系の良さを引き出して自身のポテンシャルを上乗せするようなハイレベルな兼用種牡馬になっていくのかも知れないですね。このハウナニですが前2頭にはやや離されたとはいえ抜群のアクションを見せての3着。正直かなり惹かれる走りです。強くなりそうですね。』

ハウナニ

9/3新潟10R飯豊特別
「2着」6タケショウベスト
『混戦で良い馬が多かった中で他に目立つ馬が数頭いたのでパドックでは挙げませんでしたがこの馬も前走同様に走る良い雰囲気。福島の500万を勝っての昇級でこのメンバーなのでどの程度通用するのかと注目はしてましたが、外の方が伸びる馬場を勝ち馬と一緒に最内からうまく掬っての2着。昇級のこのメンバーでも堅実な走りを見せてくれています。4月の福島から休みを入れて馬体は増加傾向ですし今回のプラス分もまったく緩さはなくまだまだ増える感触。3歳秋に入る今は成長真っ只中なのでしょう。もっとボリュームが出れば成長に連れてもっと強くなっていきそうですね。ハンデもそう開いたものではなかったですしここで好走できたならばこのクラスなら上位の力。限定戦も選択できますし次も有望です。』

タケショウベスト

9/3札幌9R3歳上500万下
「3着」1ピックミータッチ
『セン馬になっているように前々からムラな面がかなりある馬なのですが、その面が去勢してもそう大きな変化はない感じですね。これだけ良い馬体をしていますし競走能力も高いものを持っているので勿体無い気はしますが、こればかりは性格の問題なので仕方なし。今回も1番枠だったというのが本気で走れなかった要因の一つのような気もします。これだけ外回しでどうにかなる札幌最終週だったのでどうせなら最後方からのぶん回しでもよかった気はしますが直線思うように弾けずの3着まで。ただやはり全力で走ってる感じではないですしまだ見せてない力が残っている印象。広いコースで外目の枠でも引ければ500万ではさすがに力が違います。東京まで待っても良いですしこのクラスは時間の問題でしょう。』

ピックミータッチ

以上!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

※メルマガご登録は↓からできますので、もし興味がありましたらよろしくお願い致します。一切の無駄配信は誓って行いません。アフィリエイト記事なし、無駄な勧誘なし、とにかく走る馬だけ教えます。

☆☆今後もどんどん良い馬教えましょう!

  無料メルマガはここからご登録ください☆☆


重賞注目馬,お宝特選馬などなどこちらで随時更新しています。