最近忙してくて、Autocadでの図面作成になっています。archicadって慣れるまで、スピードを求められないんですよね。

でも一度自社のフォーマットを確立してしまえば、同じような物件であれば3Dを制作すると基本図くらいまではすぐに図面化出来てしまいます。

特に、チェーン店系の設計に携わっている人には良いかもしれません。

というのも、図面の枚数がほぼ同じで、必要な図面リストも同じで、各図面の形式をそのまま使うだけなので、展開方向の指定や文字の調整などだけで、図面が完成してしまいます。言っている意味が伝わっていますか?

立体を作成すれば、線を描く必要がほぼなくなるってことですね。ただし、2Dで線を追加したりして図面としての表現を調整する必要はあります。でも今までのように初めから線を描く必要がないので、慣れれば時間短縮になるはずです。

ただし、一品生産の設計の場合は、時間と戦ってはいけません。時間との戦いよりもむしろ整合性や納まりの確認、立体じゃないとわからない不具合の発見など気を配るところは沢山あります。