2017年12月09日

多摩科学技術高校

 東京都立多摩科学技術高校を訪問した。

 前身は小金井工業高校で「科学技術高校」として生まれ変わり、8年目を迎えた特色ある都立高校の1校。

 進学指定推進校としての指定を受け、全員が理系、それもできれば国公立の理系大学の進学を目指すこととしている。昨年は39名が国公立大学に進学して、そのうち1名は東大に推薦入試で合格して注目を集めた。

 単なる進学校ではなく、高校の段階で大学の研究先取りをするのが特色とのこと。BT(バイオテクノロジー)、ET(エコテクノロジ−)、IT(インフォーメーションテクノロジー)、NT(ナノテクノロジー)の4分野について、1年では全分野で、2年からは1分野を選んで研究を進める。

 しかも、これらの専門教科については10名程度の少人数で授業が進められる。教室には最新設備が配置され、大学同様の先端研究を行うことが可能とのこと。

 校長・副校長から説明のあった同校に理念について、「答えのない課題に対して納得解を見いだす」「自ら課題を発見して他社と協働して答えを見いだす」という部分は、そのまま伸栄学習会のあるべき姿に重なるのではないかと感じた。

 授業を見学して感じたのは、とにかく生徒が活き活きしていること。理科や実験の好きな子ども、「オタク」的な子どもにはピッタリな学校と感じた。




rr3000rr at 17:57|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年12月04日

高校入試セミナー(公立高校最新情報)

入試まで残りわずか。

公立高校の最新入試情報をお知らします。
公立高校の難易度は偏差値だけでは決まりません。
入試制度や応募倍率が大きく影響します。

これらの情報をわかりやすくお伝えします。
公立高校を受験する生徒・保護者はいらして下さい。


日時:平成29年12月16日(土) 11:00〜12:20
場所:北栄教室


申込方法

電話かメールでお願いします。

 TEL:047(352)6158
  メール:shineiug@ybb.ne.jp






rr3000rr at 10:22|PermalinkComments(0)

ホリデースクール(無料授業)を開講します

苦手克服・先取り学習・英検対策……等など目的に応じた勉強ができます。

指導はすべて、プロ講師による「個別指導」。

授業

















伸栄学習会の授業を体験したい方も歓迎します。

費用はすべて無料です。


どなたも参加歓迎します!

対象:小学生・中学生・高校生



ホリデースクールの予定は?

第176回:平成29年12月2日(土)   11:00〜12:20 (北栄教室)
第177回:平成29年12月9日(土)   11:00〜12:20 (海楽教室)    


申込方法は?

電話かメールでお願いします。

 TEL:047(352)6158
  メール:shineiug@ybb.ne.jp



rr3000rr at 10:09|PermalinkComments(0)楽しい特別教室(無料講習) 

2017年12月01日

歴史から学ぶ?

 電気新聞が募集した記念論文で塾団体の理事長が優秀賞を受賞した。

 この授賞式が経団連会館で行われ、縁あって出席させていただいた。

 式典は粛々と進行したが、この中の記念公演がとても面白かった。講師は歴史学者の本村凉二東大名誉教授で、同大学の教養学部で長い間教鞭取られたとのこと。

 タイトルは「エンルギーと環境の文明史」。古代から現在に至るまでのエネルギーの活用と環境問題について長いスパンにわたって話が及んだ。

 プラトンは古代ギリシャにおける森林伐採と土壌不毛化を嘆いたが、必ずしも事実ではなかった。むしろ、19世紀の人々が、古い時代への憧れなどを背景に話を増幅した、との切り出しで始まった。

 その後、16世紀以降、ヨーロッパもアジアも燃料用木材の伐採のため森林が減少して、木材価格が7倍以上上昇。「エネルギー危機の時代」を迎えた。

 つまり、木材を石油などに置き換えれば、昔も今もエネルギー問題の本質は変わらない、ということ?

 講演の終盤は、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」について。

 この有名なビスマルクの言葉について、歴史学者の演者は、「個人は歴史から学んだことはあるかもしれないが、集団が歴史から学んだことは一度もない」、と一刀両断。

 「人間が歴史から学ぶことができたただ1つのことは、人間は歴史から何も学ばないということ。」というヘーゲルの言葉で講演が終わった。



rr3000rr at 18:27|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年11月20日

公立入試

 塾の団体が開いた研修会に出席した。

 この日のテーマは、千葉県公立入試制度と入試問題の動向についての最新情報。いずれも、学習塾にとって重要な課題。

 これまで、断片的に集めてきた情報が整理されて有意義な会だった。

 公立高校の前期選抜の2日目には、各高校が独自に設定する入試が行われる。多くの高校では面接が実施されるが、一部の高校では、「適性検査」と「自己表現」が行われる。

 恥ずかしながら、実は、これまでこの両者の違いがよくわからなかった。

 この日の説明で、その高校で学ぶ内容に即した試験が行われる場合は「適正検査」、それ以外の場合は「自己表現」というのをはじめて知った。

 つまり、例えば、体育学科が体育の試験をした場合や、芸術学科で美術の試験を行った場合は「適性検査」、普通科で百メートル走をした場合は「自己表現」になる、とのこと。

 なるほど納得。

 これまで、実際の運用では、必ずしも厳密に定義に即して運用がされてこなかったので混乱があった。しかし、県教委の指導で、この春から、定義に即して実施されることになったとのこと。 

 これも含めて、今まで2日目の試験や内申特記の扱いなどが必ずしも点数化されておらず、千葉の入試は不明朗、と言われてきた。

 来春の入試ではすべての高校で点数化されることになり、だいぶスッキリする。

 いずれにしても、案外これらの実態は生徒・保護者に正しく伝わっているとは限らない。

 12月には生徒・保護者対象のセミナーを開く予定。是非、ご出席下さい。 



rr3000rr at 21:46|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年11月11日

経営革新計画

 
このたび、経営革新計画が千葉県から承認された。

経営革新2

























 経営革新計画とは、中小企業が新事業活動に取り組み、経営の向上を図ることを目的に策定する中期計画。この計画が承認されるとさまざまな支援の対象となる。

  本年の春ごろ、経営革新の承認に向けて作業を開始、このたび承認にこぎ着けることができた。

 今回の計画の中心は、障がい児の支援の質を向上させるための新規のシステム開発。

 実は、伸栄学習会では、これまで学習塾の運営の質を高める目的で、過去に2度、この経営革新計画を取得している。従って、今回は3度目。

 ただし、障害児支援を対象としたものでははじめてだった。

 障がい児の支援を行う「放課後等デイサービス」は、制度化されてまだ歴史が浅い。従って、運営の効率化や支援の質を高めるためにやらなければならないことがたくさんある。

 今回、この経営革新に盛り込んだのはその一部。この計画を実現する中で、子どもたちにとって、よりよい放課後デイサービスになるよう努力していきたいと考えている。

 なお、経営革新の承認に当たっては、千葉県中央会の多大なるご支援をいただきました。この場をお借りして暑く感謝申し上げます。




rr3000rr at 10:41|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年10月24日

ホリデースクール(無料授業)開講します

定期試験対策、苦手克服……等など目的に応じた勉強ができます。

指導はすべて、プロ講師による「個別指導」。

授業




















伸栄学習会の授業を体験したい方も歓迎します。

費用はすべて無料です。


どなたも参加歓迎します!

対象:小学生・中学生・高校生



ホリデースクールの予定は?

第176回:平成29年11月  4日(土)   11:00〜13:00 (北栄教室)
第177回:平成29年11月11日(土)   11:00〜13:00 (海楽教室)    
第178回:平成29年11月18日(土)   11:00〜13:00 (妙典教室)    


申込方法は?

電話かメールでお願いします。

 TEL:047(352)6158
  メール:shineiug@ybb.ne.jp



rr3000rr at 16:28|PermalinkComments(0)楽しい特別教室(無料講習) 

2017年10月12日

パズル研修

 算数の指導法について研修を受けた。

 この研修会、知り合いの塾長にお願いして、伸栄学習会の伸栄学習会のスタッフに対してお願いしているもので、この日で4回目となった。

 パズル研修会と銘打っているが、実際の中身は「ペーパーレス教材」の指導法ともいうべきもの。

教材


















 毎回、図形の展開図、立方体を積み上げた立体の把握、平行四辺形の等積分解等などオリジナル教材を使った指導法を教授いただいている。

 この学習塾では、毎年、四谷大塚の小学生テストで全国一位を輩出しているとのこと。確かにこの指導なら成果が上がることを実感している。

 実際、この塾長の模擬授業を受けると頭がクラクラになる。ふだん、使っていない思考力が試されているのがよくわかる。

 空間認知能力、直感力、忍耐力などが鍛えられるのがよくわかる。

授業


















 伸栄学習会のスタッフも同様のようで、毎回、来たときと帰るときの顔色がわっているのが感じる。

 伸栄学習会でもこの手法を取り入れていく方針。まずは放課後等デイサービスの授業に反映させることにしている。



rr3000rr at 13:49|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年10月02日

ホリデースクール(無料授業)を開講します

期試験対策、苦手克服……等など目的に応じた勉強ができます。

指導はすべて、プロ講師による「個別指導」。

授業




















伸栄学習会の授業を体験したい方も歓迎します。

費用はすべて無料です。


どなたも参加歓迎します!

対象:小学生・中学生・高校生



ホリデースクールの予定は?

第174回:平成29年10月14日(土)   11:00〜12:20 (北栄教室)
第175回:平成29年10月28日(土)   11:00〜12:20 (海楽教室)    


申込方法は?

電話かメールでお願いします。

 TEL:047(352)6158
  メール:shineiug@ybb.ne.jp



rr3000rr at 10:37|PermalinkComments(0)楽しい特別教室(無料講習) 

2017年09月19日

補習授業

 中学生の補習授業を行った。

 この授業は浦安市から協力要請を受けて受けて行うもので、塾生以外の授業を行うのは久しぶり。

 今日から来年2月まで市内の中学生12名に数学の補習を行う予定。

 原則として個別指導で進めるように依頼があったが、初日のこの日、参加者の話を聞くと、9月下旬に行われる定期試験に自信がないとのこと。

 それならばと、当初の予定を変更して、一斉授業で二次方程式を指導した。

 台本も何も作っていなかったが、二次方程式の基礎の基礎からスタートして、何とか計算問題を一通り終えることができた。

 はじめて会う生徒ばかりで、理解度などは何もわからず手探りで進めたが、何とか計算方法をマスターさせることができたのではないかと思う。

 次回は二次方程式の計算の続きと文章題をやることを約束した。

 塾の授業とは異なり、学校の授業の延長で行うため勝手が違う。ただ、子どもたちの反応は基本的に変わらない。

 やはり、授業は面白い。



rr3000rr at 21:40|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年09月15日

新たな歴史を

 今日は猫実教室の授業最終日。

 昭和55年(1980年)から37年間にわたってお世話になった大金ビルともお別れ。

 この大金ビル、先日、ある方から、恐らく浦安市内で最も歴史のある鉄筋のビル、と聞かされた。

 伸栄学習会も同様に、恐らく浦安市内で最も歴史のある学習塾。

 猫実を去るのはとても心残り………

 ここ数日、引っ越しの準備のために片付けに忙殺されている。書棚などから昔の教材がたくさんで出てくる。

 いずれも授業のために準備した手作りのもの。当時の生徒の顔も浮かんできて懐かしい思い出に浸った。

 残しておきたいものもたくさんある。でも、キリがない。思い切って、そのほとんど全てを処分した。

 明日は引っ越しのために臨時休業とさせていただき、月曜日(9月18日)から海楽教室に引っ越し。

 新たな歴史を築けたらと思う。



rr3000rr at 19:42|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年08月31日

夏の終わり

 夏期講習が今日で一段落、子どもたちも明日から新学期が始まる。

 今日の気温は驚くほど低い。夏の終わりを実感。

 例年、夏は慌ただしく時間が過ぎるが、今年は一段と慌ただしかった。

 就労移行支援事業の立ち上げ、塾の教室移転、それに補助金をいただいて進めている塾の新しい指導システムの開発が重なった。

 就労移行支援の立ち上げにあたっては、これまで多くの事業所や支援学校などを訪問させていただき、いろいろなご指導をいただいてきた。

 1つ1つが新しい経験のため、いろいろな発見や学びがあった。その意味では、今年は人生でもっとも「充実」した夏かもしれない。

 明日から5日まで塾の授業は休み。

  ただ、放課後等デイサービスはいつも通り授業を行う。塾のスタッフも残務整理や引っ越し業務などで,休みを取る時間はほとんどないよう。

 さぁ、秋に向けて再始動しなければ。



rr3000rr at 18:41|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年08月26日

猫実教室を移転します

 9月に猫実教室を移転することが決まりました。

  この猫実は伸栄学習会発祥の地です。昭和55年(1980年)秋に開業以来、ずっとこの大金ビルで生徒を触れあってきました。

 とても残念でたまりません。

 もともとは先代のビルのオーナーと不思議なご縁で知り合い、そのご厚意でビルの一室をお借りしたのがはじまりでした。この方からは、浦安の歴史などについても多くを教えていただきました。

 できることなら離れたくない、というのが本当の気持ちです。

 ただ、如何せん、ビルの老朽化が進んでしまいました。水回り、その他、いろいろな面で支障が出てきました。

 先代からは、そもそも、このビルを建てたのは、浦安市内に打ち合わせする会議室がなかった、というのが理由だったとお聞きしていました。

 大金ビルが竣工後、浦安市庁舎が建てられ会議室も用意され、ビルを作った当初の目的は達成された、ともお聞きしたことがあります。

 その浦安市庁舎も当時のビルがなくなり、新しいビルに生まれ変わりました。大金ビルが古くなったのもやむを得ないのかもしれません。

 9月からは近くの海楽に引っ越しします。

 消防署のすぐ前です。

 生徒の皆さんには、しばらくご不便をおかけするかもしれませんがお許し下さい。



rr3000rr at 17:13|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年08月24日

就労移行支援事業を始めます

 伸栄学習会では障がい児のための支援(放課後等デイサービス)に引き続き、障がい者のための就職支援(就労移行支援)来る9月1日から始めることにしました。

 就労移行支援とは就職を希望している18歳以上の障がい者を対象に、就職に必要な技能や知識を指導・支援するものです。

 伸栄学習会ではこれまで1000名以上の求職者に対して職業訓練を行いましたが、対象を障がい者に広げて行うのがこの就労支援事業です。

 場所は南行徳のイオンの正面です。教室が2階のために、一部の身体障がい者にはご利用いただくのが困難ですが、精神・発達・知的・難病の障がい者にご利用いただけたらと考えております。

 ご関心をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。



rr3000rr at 20:17|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年08月17日

「高校入試セミナー」開催のお知らせ

中3生の保護者対象の「高校入試セミナー」を開催します。


 公立中学では、10月から11月にかけて中3生対象の三者面談が行われます。


 この三者面談は、お子様の高校進学に大きな意味を持ちます。


 これまでの三者面談が、先生と保護者・生徒との「相談」の場であったのに対して、この三者面談は進路について「決定」の場となります。


 そしてこのことは、案外、保護者の方に知られていません。


 三者面談に先だっては「準備」が必要になります。準備なしで臨めば、お子さまの進路決定に「不利」となる場合もあります。

 このセミナーでは、この三者面談の意味合い、どんな点に配慮したらよいか、何を準備したらよいかなどについてご説明します。


1.日時 9月30日(土)11:00〜12:20
2.場所 伸栄学習会 北栄教室   
3.対象 中3生の保護者
4.費用 無料


お申込は、電話かメールでお気軽に!

       電話:047(352)6158
       メール:shineiug@ybb.ne.jp



rr3000rr at 16:11|PermalinkComments(0)楽しい特別教室(無料講習) 

2017年07月10日

センター試験はなくならない

 大学入試が2020年から抜本的に変わると言われて久しいが、この実態についてセンター入試の責任ある立場にいた方を招いて勉強会を開催した。

 話はそもそも試験とは何か、センター入試の知られざる実態、高校教育と大学教育の違いなど多岐にわたった。

 ただ、やはり中心になったのは、さる5月16日に発表された「センター入試」に代わる「大学入学共通テスト(仮称)」についてだった。

 この日の結論は、センター試験の名称は代わる、一部、記述式問題は導入される。ただし、試験の実態は何も変わらない、というものだった。

 今、マスコミ報道を表面的に見ると、2020年から大学入試は記述式問題が導入され、記憶力だけでは対応できなくなる。

 思考力・創造力などを駆使しないと解けない問題が中心になる。だから、小中段階から 勉強のやり方を変えなければならない………というニュアンスの記事を目にすることが多い。

 ただし、この4〜5年、伸栄学習会がこの問題について勉強してきた限りでは、実態は全く違うという結論に至っており、この日の勉強会もこれを裏付ける形になった。

 もちろん、今の試験制度が好ましいとは考えていない。ただ、だからといって、現実の試験制度が変わるかどうか(変えられるかどうか)は別物。

 むしろ、子どもたちにとっては、現実とは異なる机上の理想論を振りかざされる方がよほど迷惑ではないかと思う。  

 善し悪しは別にして、センター試験はなくならない。この事実をベースに、子どもたちには地に足のついた指導をしっかりやっていきたいと改めて考えた。



rr3000rr at 21:32|PermalinkComments(0)塾長日記 

2017年06月30日

理科の計算問題(無料)講座

理科の計算問題は多くの中3生が苦手にしています。
しかし、コツを知ればカンタンに解けるものばかりです。

公式ではなく理屈でわかる計算問題の克服をわかりやすく解説します。

テーマは「仕事量の計算」「湿度の計算」です。



日 時:7月8日(土) 12:30〜13:50
場 所:伸栄学習会 北栄教室
費 用:無料


申し込みは電話かメールでお願いします。
 
 電 話:047(352)6158
 メール:shineiug@ybb.ne.jp
 



rr3000rr at 17:41|PermalinkComments(0)楽しい特別教室(無料講習) 

ホリデースクール(無料授業)を開講します

苦手克服・先取り学習・夏の計画作り……等など目的に応じた受講ができます。

指導はすべて、プロ講師による「個別指導」。

授業




















伸栄学習会の授業を体験したい方も歓迎します。

費用はすべて無料です。


どなたも参加歓迎します!

対象:小学生・中学生・高校生



ホリデースクールの予定は?

第172回:平成29年7月15日(土)  13:00〜15:00 (猫実教室)


申込方法は?

電話かメールでお願いします。

 TEL:047(352)6158
  メール:shineiug@ybb.ne.jp



rr3000rr at 17:31|PermalinkComments(0)楽しい特別教室(無料講習) 

2017年06月26日

教育の原点

 何人かの塾長から、これまでの教育実践の報告や子どもの教育に対する思いなどの発表があり、ふだん、ともすると忘れがちな教育の原点について考え直す機会になった。

 ある塾長は、万葉集や漢詩など古典を指導を行っているとのことで、漢詩なら中国語、インドの詩ならヒンディー語の朗読を聞かせてリズムなどを味合わせているとのことだった。

 この塾長の人脈は広く、数多くの外国人の知り合いがいるため、多くの原語の朗読を集められるのであるが、言語にまでこだわって指導を進めている塾は少ないのではないと思う。

 これ以外にも、「問いを立てる教育」「パズルを使ったペーパーレスの算数指導」などさまざまな紹介があった。

 改めて、一口に「塾」といっても、その内容は多岐にわたっていることを痛感した。

 塾は学校の成績を上げるところ、入試のテクニックを教えるところ、というのが一般の評価ではないかと思う。

 しかし、そうではない塾もたくさんある。伸栄学習会は「生涯喜びを持って学び続ける人間を育てる」ことを目的に、しっかりした教育を行っていかねばと改めて考えた。



rr3000rr at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾長日記 

2017年06月14日

定期考査

 東京学館浦安中高の塾対象説明会に出た。

 東京学館浦安は浦安市内にある私立学校。生徒人数も多く、毎年、何人かの塾生が進学している。

 同校の説明会に出たのは久しぶり。この時期に説明会が開かれるが、このところ他の用事と重なってなかなか出席できなかった。

 この説明会、非常によいことに、説明会に先立って授業見学をすることができる。授業の様子を見ると,学校の特色などが浮き彫りにされてとても勉強になる。

 ところで、本日の説明会、中学生の定期考査期間に当たっていて、何と試験中の子どもの様子を見ることができた。

 実は、定期考査の様子を見る機会は滅多にない。多くの学校では(ほぼすべての学校では)、学校見学会の日程は定期考査を避けて設定される。

 長年、塾をやる中、いろいろな学校で授業見学をさせていただいたが、定期考査を見せていただいた記憶はほとんどない。

 そんなこともあり、定期試験中の子どもの様子を見て、ある種の興奮が沸き起こった。

 塾にとって,子どもの成績を伸ばすのことは大切な命題の1つ。成績は多くの場合、テストの結果で決まる。だから、塾の授業は定期考査を常に意識して行っている。その光景を目の当たりにしたというのが興奮した理由のその1。

 もう1つは、年甲斐もなく、自分自身の中学時代を思い起こしてしまったこと。私自身も,大昔、定期試験を受けて育った。かつての自分を、答案に取り組んでいる子どもたちの様子に重ねて合わせて、懐かしい思いにかられたのがその2。

 東京学館浦安が意図したものとはズレがあるかもしれないが、いい説明会だった強く感じた。



rr3000rr at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)塾長日記 
Profile
Archives
記事検索