RS485, RS232C, RS422, シリアル通信変換器専門情報

RS485,RS422,RS232C,USB,LANなどシリアル変換に関する専門情報ブログ

RS485, RS232C, RS422, シリアル通信変換器専門情報 イメージ画像
RS485はローコストのシリアル通信手法である。しかしRS485の原始的な規格であるがゆえにRS485を使いこなせない場合は通信不良やノイズに弱いなど弊害を生む。RS485は元来、通信手段として堅牢かつ柔軟なものであり、ツイストペア必須、特性インピーダンス、終端抵抗の位置、シールドケーブルなどいくつかのポイントを守ることが重要である。対するEtherNet(いわゆるLAN)やUSBなどはケーブル種別や接続方法などが固定化され間違いがほとんど無い。繰り返すがRS485は2線式/4線式を問わずケーブル種別もコネクタ種別およびピンアサインさえも聞きなれない終端抵抗も全てユーザにゆだねられており延長距離1Kmを超える自由度の高い通信方式であると言えよう。

更新情報

システムサコム工業では衛生用品の販売も開始しました。最近取り扱いを始め、瞬く間にヒット商品となっているもの、、、、「シリコン製マスクインナー」!!!このマスクインナーですが、とても優秀マスクをしてると、、、・口にパカパカ張り付いて息苦しい!・お化粧が崩れ
『マスクインナー』の画像

シリアル通信を扱ってる人間あるあるですが、RS232Cの信号がちゃんと出力されているか確認したい時がありますよね?接続した状態で、ちゃんと通信されているかを見たいわけです。RS422やRS485はピンアサインが決まっていないので端子台で接続されてることが多々ありますが、R
『Dsub9ピン治具 RS232C治具 RS232Cチェッカー』の画像

今回は、めずらしく 弊社ソフトウェア (もちろん無料!) の話題ですー       タイマーくん  は、 まるで スマホのアラーム のように、まるで キッチンタイマー のように、             好きな時間や、             好きな時刻に、
『タイマーくん登場!』の画像

RS232C通信規定では、基本 1:1 での接続だけがみとめられています。ですので 1:2や1:3などはみとめられていません。ところが、システムサコムでは、1:2の分配器を販売しています。それはなぜか?多くのRS232C出力は、2分岐までなら通信できる、実験結果(サ
『RS232Cの分配器はできるのか? NPSK2-P と NPSK2-B』の画像

防水の変換器?いやいやもうあるよとかそんなの売ってるだろとか思ったりつぶやいたりするそこのみなさん!それが意外と無いんです。高価だったり手に入らないのです。よくみると防湿だったりします。しかしこれは防湿じゃないですよ。防水です。もちろん防湿OKです。防塵もO
『防水 防塵 485変換器 422変換器』の画像

5
リレーは、以外と便利で信頼性が高い部品。 リレー == オムロン そう勝手に思い込んでます。この高信頼性リレーをシリアルのRS232Cから最大8ヶ制御できる製品を今さらですが新発売しました。(意外となかったのです) SS-232C-RLSW-8PM-ADPhttp://www.sacom.co.jp/prod
『無電圧接点リレーをシリアルで制御する』の画像

ID付加機能の変換器シリーズ登場!RS485(2線式、4線式対応)へRS232C機器(RS422も対応)を付けると 『 ID が無くて困る 』 に朗報です!RS485に接続される複数の各端末を識別する為にIDコードが必要です。例えば、RS232C端末をRS485変換した場合などはIDコードが通常存

サコムのリモートI/O装置はPCもPLCも不要なのです。だからめんどうなプログラムも制御も不要!いきなり遠隔間を直結でbit単位で識別して動作します。現在、放送局が主なユーザ様です。【SS-RLSW・PHCIN-シリーズ】従来の10bit製品の機能を引き継ぎ3bitバージョンを新たに低価

ID(ユニーク個体識別番号)を付加・削除してくれる変換器です。たぶんどこにもないでしょう ('_')★ SS-IDシリーズ ★■概要:RS485に接続される複数の各端末を識別する為にIDコードが必要であるが、例えばRS232C端末をRS485変換した場合などはIDコードが通常存在しないの

リモートI/Oを使ったブロードキャスト通信を実験してみましたのでUPします。概要的には、1台のリモート入力装置をブロードキャストして複数台のリモート出力装置へ同時分配するというものです。システム構成案: 3input----PHCIN---(Lan)---+----RLSW---3output      

RS232C の 9ピン Dsubコネクタ について わりとよくある質問なのでDTE ピンアサイン とDCE ピンアサイン についてまとめます。他のサイトにも詳しい説明記事があるのでこのサイトではもういいと思っていましたが、難し過ぎるくらい書いてあったり、要点が判りにく
『RS232C の DTE や DCE とは』の画像

さて今度は、RS232Cに引き続き新緑の今USB-xxxi−COM4シリーズとして、一つのUSBポートから4ポートの2線式RS485一つのUSBポートから4ポートの4線式RS485一つのUSBポートから4ポートの4線式RS422の3種製品を一挙にリリースした。  ↑ これは4線式485i-COM4の写
『USB 4ポートRS485登場!』の画像

ほんの少し、春めいたこの2月末に待望されていた一つのUSBインタフェースから4ポートの高速RS232Cポートを持つ製品がついに登場した。これがあれば、1台で 一挙に 4ポートのRS232Cが実現できる!232の通信速度も 230Kbps超えと 高速だもちろん、1台のPCに同機複
『USB 4ポートRS232C登場!』の画像

システムサコム工業のSS-LANシリーズは、WindowsO/Sの進化に迅速対応するためにワイルドワイド展開しているLantronix社の有名ネットワークデバイスXPORTを搭載しています。ですので、WindowsO/Sの進化やデバイスメーカのバージョンUPに対応した最新のLAN関連ツール(CPR Mana
『SS-LANシリーズの最新ツール・ダウンロード方法』の画像

USBは産業機器では敬遠されていた。その理由は、     不安定、     ケーブルが抜けやすいこれがたぶん一番多いと思う。けれども、現状で、実際に感じていることは、「すでに多くの有名大企業が採用してるって事実」もうちょい過去だと、パソコンが採用されなかった
『絶縁USB HUB 14ポートの 20A だって?!』の画像

RS485やRS422、RS232Cなどのいわゆるレガシー通信規格が特に産業機器や2足歩行型ロボットなどに、  その手軽さと  物理的な低価格と  開発時間の短さによる低コストなどを主な理由にまだまだ、現役で活用され続けている。 しかしそこには、すこし誤解があるように思う
『通信エラー発生!!』の画像

RS485 4線式が増えている理由とは 最近というか数年前から4線式のRS485の問い合わせが増加してる。 その理由とは・・・
『USBで4線式のRS485通信がしたい』の画像

     Windows8        ・       ・       ・    かっこよすぎて?      困るモノ     Windows8チャーム? 変な用語がまた飛び出したセキュリティが強化され困る人もいるだろうUSB機器のインストールができないよーできるだけ詳細
『Windows8 普通にUSB485をインストールしたかった』の画像

GPS受信機は車では当たり前、船舶でも当たり前の時代。今回は、船舶用でシェアの高いJRC製GPS受信機JLR-4340をLAN(Ethernet 10/100base-T)へ接続してみた。このGPS受信機はキノコのような形をしており、このまま船外のポールなど固定してGPS衛星の電波を受けるようになって
『GPS(船舶用JRC:JLR-4340)をLAN、RS232Cへ接続してみた』の画像

↑このページのトップヘ