大電流AC125V 10Aを簡単にWANから遠隔制御できる
 SS-LAN-RLSWは、あの福島原発立ち入り禁止地区にて電源コントロール
 に採用され実運用中です。
fukusima_gennpatu










SS-LAN-RLSW の簡単操作のために、
新しい操作ソフトをリリースしましたのでお知らせします。

従来の操作ソフトはJavaを使用したものであり、 
JavaのインストールやJavaのバージョンが 
異なると動作しないなど面倒なこともありました。 
そして操作方法もアクティブ設定とON/OFFが分離されいるなど煩雑でした。 


今回リリースしたソフトは大幅に改良してあります。 
新ソフトは、使い方も簡単でインストール手順の必要も無く、 
O/Sも2000やXPやVistaや7の32bit/64bitで実行可能です。 
該当のexeファイルをダブルクリックするだけです。  
機種をMタイプかBタイプを選んでいただき、 
IPアドレスも最初の一回だけ手入力すると、次回から覚えています。  
操作も単純明快な切断と接続だけです。プログラムは、下記にあります。

http://www.sacom.co.jp/download/driver.html#driver
の中央部 紫色の最後の所です。
SS-LAN-RLSW共通ドライバー/サンプルソフト(付属CD)
「SS-LAN-RLSW-AC10AK-M」
「SS-LAN-RLSW-AC10AK-B」


Ver3.0対応OS
「Windows-Vista」
「Windows-XP」
「Windows-2000」
「7」 いずれも32bit/64bit対応
ダウンロード
ボタンを押します


解凍すると、
 ss_lan_rlsw_accessory_v3-0

と言うフォルダが出来て、
その中に、 

Windows用テストプログラムと言うフォルダがあります。
ダブルクリックできる実行ファイルは、
下記の2種類です。
1、CSample.exe   ------ VCで作成
、同srcフォルダにソースあり
2、VBSample.exe   ----- VBで作成、同srcフォルダにソースあり
しかもソースの改造歓迎です!!

どちらも同じ画面になります。
いずれか一方をご使用ください。
新LAN-RLSW 操作プログラム














もし2台のPC上から動作させた場合は、
先に接続した方が優先です。


LANからAC電源をリレーでONは、
http://www.sacom.co.jp/product/products_detail.php?prid=ss_lan_rlsw_ac10ak_m

LANからAC電源をリレーでOFFは、
http://www.sacom.co.jp/product/products_detail.php?prid=ss_lan_rlsw_ac10ak_b

LANからDC電源でリレーをONは、
http://www.sacom.co.jp/product/products_detail.php?prid=ss_lan_rlsw_dc5ak_m

LANからDC電源でリレーをOFFは、
http://www.sacom.co.jp/product/products_detail.php?prid=ss_lan_rlsw_dc5ak_b



 
 <<こちらは、RS232C、RS485、RS422、USB変換、LAN変換、特殊変換の専門情報館です>>